システムクリエート株式会社

Blog ブログ

「VR(バーチャルリアリティ)会議」のメリットとは

「VR(バーチャルリアリティ)会議」のメリットとは

 
現在リモートワークにおいては、
主に「チャット」や「ビデオ通話」といったツールが利用されています。
例として、
「Microsoft Teams」「skype」「Zoom」「Google Meet」
などが挙げられます。

これらのツールでは、実際に顔を合わしているような、
「同じ空間にいる」という感覚が共有しづらい現状があります。
そこで今、VRを使ったコミュニケーション、VR会議が注目を浴びています。
 

VR(バーチャルリアリティ)といえば、
ゲームで使用するものというイメージがありました。
ですが、VRはスポーツ分野や医療など様々な業界で利用されています。
VRをビジネスに応用したものの一つが「VR会議」です。
 
株式会社Lightblue Technologyが2020年4月に行った
リモートワークに関する調査では、
「Web会議の方が対面会議よりも気をつかう」と回答した割合は53%、
「Web会議のほうが疲れる」と回答した割合は55%にも上りました。

「空気が読みづらい」
「発言や質問がしにくい」
「言いたいことがなかなか伝わらない」

非言語コミュニケーションが分かりづらいなどといったデメリットを
Web会議に感じている人も多いようです。

「VR会議」では、相手がまるで目の前にいるかのように話すことができるため、
Web会議よりもより対面式に近い形での会議が実施できると考えられています。
 
 
VR会議のメリット
VR会議には、WEB会議ではできなかったことや
バーチャル空間だからこそできる機能もあります。

①アバター利用により発言がしやすくなる 
VRでは、自分の代わりにバーチャル空間で行動するキャラクター「アバター」…

もっと読む

古いネットワーク機器にご注意

古いネットワーク機器にご注意

 
 
事務所でインターネットや社内ネットワークシステムを利用する際に、
ルーター、スイッチングハブは必須ですが、
これらネットワーク機器はネットワークを利用する場所や端末が増える際に
増設して対応するため、年々パソコンが増えてきている事務所では
かなりの数のネットワーク機器が配置されていることが多くあります。
 

これらのネットワーク機器はパソコンやサーバーの様に
定期的な交換を行わない場合も多いため、
中にはいつ導入したかわからないネットワーク機器もあると思います。
 

普段は見えない場所に設置されるこれら機器は
不調や故障がない限り機器の更新を行わないため、
10年以上前の機器が現在も利用されているというケースも拝見します。
 

これら古いルーターやハブは動作に問題がないように思えても
ネットワークに影響を与える場合がありますので、今回は例を紹介します。
 
 
 

古い規格の速度にネットワーク全体が影響を受ける
ハブやルーターが古く、100BASE規格の機器の場合、
この機器に接続する端末は、すべて通信速度100Mbps以下での通信しかできなくなります。
 
機器の接続場所、配線によってはより広範囲に影響を与える場合もあります。
 

上記機器が普及した時代、
インターネットは100Mbpsのサービスが多かったので問題ありませんでしたが
現在は1Gbps、それ以上のネットサービスが主流となり
ほとんどのネットワーク機器は1000Base(通信速度1Gbps)に対応しているため
上記機器がボトルネックとなり、
社内ネットワーク・インターネットの速度が遅くなっている場合があります。
&nb…

もっと読む

新しい介護ビジネスの可能性とFileMaker

新しい介護ビジネスの可能性とFileMaker

 
今回は、以前に投稿したブログ記事をご覧になり、
お問合せくださいましたお客様事例の紹介になります。
 

ファイルメーカーによる内製化支援「リハビリデイサービス」

ファイルメーカーによる内製化支援「リハビリデイサービス」②

ファイルメーカー内製化支援「リハビリデイサービス」その③

 

今回のお客様は、
滋賀県のとある福祉・介護関連の企業様で
ユニークなビジネスモデルをお持ちのお客様です。
 

私たちとしても
「社会貢献度の高いお仕事」にシステム開発を通して携われることは
とても有意義なことだと感じています。
 
 
 
ユニークな介護関連ビジネスモデル
今回、お問合せ頂いたお客様は
「脱・介護!快護生活、始めましょう!」
という「介護」から「快護」へをスローガンに
介護をする人にも、介護をされる人にも
より快適になってもらうための商品やサービスを提供されています。
 

これまで私たちの関わった福祉関連の企業様ですと
「リハビリデイサービス」や「障がい者グループホーム」「居宅介護支援」
くらいなのですが、このお客様は
利用者様の自宅の内、外での福祉・介護サービスを包括的に捉え
より便利で快適なサービスを利用様とそのご家族の方々に
積極的に提案・提供されています。
 

そのサービス内容はと言いますと、
 

・福祉用具販売・レンタル
・住宅改修・リフォーム
・居宅介護支援事業、リハビリデイサービス
・薬や衛生材料販売
 

等、福祉・介護ビジネスを
より「多角的」に捉えたものになっています。
 
 
 

もっと読む

自作PCは簡単!

自作PCは簡単!

 
自作PCと聞くとすごく難しいと思う方は多いと思います。
実際、私もそう思っていました。
しかし、皆様が思っているほど難しくありません。
 

自作PCの魅力とは
・量販店で購入するより安価で作れる
・自分の理想のスペックのPCが作れる
・カスタマイズが簡単
・PCについて知識を深めることができる
・作ること自体楽しい
 

やはり一番の魅力は、自分の理想のPCが作れることです。
大容量のHDDを載せたり、LEDでカラフルに光らせたり、
逆に機能を抑えたシンプルなPCにしたり・・。
 
用途に合わせたものを作ることが可能です。

さらに、PCゲームをやりたいがスペックが足りない・・・
こんなとき、普通ならPCの買い替えをしなければいけませんが、
自作PCならいくつかのパーツを入れ替えるだけで
スペックを上げることが可能です。
 

また、PCを作ることはまったくの無知ではできません。
パーツの名称や、自分が実現したい機能はどのパーツが関わっているのか等
PCを作るにあたり、多くの知識が自然と身につきます。
 

そして、なんといっても自分で物を作る楽しさ、
完成した時の達成感、実際に稼働したときの感動は
自分で作らなければ体験できないことです。
 
時間を費やして作れば、自然と愛着も湧いてきます。
 
 

もちろんデメリットも・・・
各PCのパーツに保証はあっても、
組み立てたPCには保証がないので自分で対処しなければなりません。
PCパーツの組み合わせを間違えると、うまく稼働しないこともあります。
互換性には十分気を付けないといけません。
 
 

まとめ
パソコン…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)