システムクリエート株式会社

Blog ブログ

「テレワーク」を導入するとき、気をつけるべきこと

「テレワーク」を導入するとき、気をつけるべきこと

 
一向に収まる気配のない新型コロナウイルスの影響で
現在いたるところでテレワークを導入する企業が増加してきました。
 

一口にテレワークと言っても、
資料を持ち帰るだけで作業できる仕事だったり、
会社へのネットワーク接続が必要不可欠であったり、
複数人での会話が必要だったりなど多様な環境への対応が求められています。
 

状況に合ったテレワークを実施するにあたってのポイントをご紹介いたします。
 
 
目的をはっきりさせよう
「生産性の向上」
「残業時間の削減」
「従業員のワークライフバランスの改善」
「コストの削減」など、
 
テレワークにはさまざまな効果がありますが、
自社に「どういう目的でテレワークを導入」しようと考えたか、
実現させたい理想のビジョンをハッキリとさせましょう。
 

よくある失敗は、「なんとなく良さそう」と
さまざまなツールを導入することから始めてしまったパターンです。
 

現場の状況を無視し、
ビジョンもなくやみくもにツールを導入してしまうと、
せっかくのテレワーク制度が機能しないどころか、
むしろ足かせになってしまいます。
 

ツールの導入は、
「何をしたいか」を起点にして考えていきましょう。
 
 
基本方針を作ろう
「なんのために」
「どの部署/誰が」
「どのぐらいの頻度で」
「どのような内容について」
「どのぐらいの経費をかけて」

テレワーク導入の基本方針(テレワーク・ポリシー)を明確化していきます。
 

現状の把握をせずにテレワーク制度を設計したことで、
 
『そもそもテレワーク自体が現場には必要が…

もっと読む

考え直そう!セキュリティ概念

考え直そう!セキュリティ概念

 
かわりつつある世の中
昨今、働き方改革に始まり
今ではコロナウイルス感染症によるテレワークという
場所を問わず社内の資産へアクセスできる環境が社会へと浸透してきました。
 
弊社のお客様でも在宅勤務にかかわらず、
営業活動の一環として外出先で社内資産へアクセスし
打合せ等に活用したいという声が高まってきており、
そういったニーズに対してクラウドサービスやインターネットVPNによる
社内資産へのアクセスをご提案し、導入していただいております。

しかし、便利な世の中になればなるほど脅かされるものがあります。
そうです!「セキュリティ」です。
 

働き方改革の考え方や、
テレワークという考え方が浸透する前の世の中であれば
「社内」と「社外」という境界線は今よりはっきりとしており、
ネットワーク管理者及び、一般社員の意識としても
「社内」のセキュリティを充実させることで資産を守れるものとしてきました。
ですが、コロナウイルス感染症により
ここ1~2年で社外から社内への資産へアクセスする機会が
2倍にも3倍にもなっております。
 
 
 
信用・信頼してはいけないセキュリティ!~ゼロトラスト概念~
ゼロトラストとは、
トラスト(信用・信頼)とゼロ(何もない)という直訳をもとに
「なにも信用・信頼してはいけない」という意味であり、
それを前提に対策を講じるセキュリティ対策のことを言います。
前述した様に、テレワークやクラウドサービスの需要の高まりに相まって
「社内」と「社外」の境界線が曖昧になってきているため
生まれてきた考え方と思われます。
 

なぜ「ゼロトラスト」が注目されているのか以下のような点が挙げられます。
・サイバー攻撃…

もっと読む

ユーザーフレンドリーなインターフェースの大切さ

ユーザーフレンドリーなインターフェースの大切さ

 
日常生活の中でインターネットを利用していると、
様々な「入力フォーム」に遭遇することが少なくない。
しかし、その中にはどのように入力すべきか
判断に迷うケースがあったりします。
 
例えば、以下のような場合
ユーザが戸惑ってしまったり、手間や時間が
かかってしまったりするでしょう。
 
①マイナンバーカード申請フォーム
・「電子証明書 不要」というチェックボックスがあり、
自分は必要だったためチェックを入れなかった。
しかし、入力内容最終確認画面で「電子証明書 不要」と表示されていた。
その左側に表示されていた四角形が行頭の記号ではなく、
「チェック未入力状態の」チェックボックスだった。
 
②通販サイトの会員登録フォーム
・「氏名」の入力欄が2つに分かれていない場合、
 苗字と名前の間にスペースを入れるべきかそうでないかわからない。
・「電話番号」にハイフンはつけるべきかそうでないか。
・必須項目を示す表記が小さかったり、
 文字色が他の見出しと同じ黒だったりして目立たず、見落としてしまう。
 
 
上記の改善案として考えらることとしては、
 
・「○○を希望する」チェックボックスにチェックを付けなかったとき、
 入力内容最終確認の画面では「○○を希望しない」というように
 選択した内容が判別しやすいような表現に変える。
・入力項目の付近にサンプルの値か、
 「ハイフン不要」というような但し書きを表示させる。
・入力欄ごとに、入力形式に応じたキーボードやIMEへ自動的に切り替える。
 (スマートフォンやタブレットからの閲覧時、
  ハイフンなしの数字入力ならテンキーにするなど)
・必須項目を示す記号などは大きくし、なおかつ赤など目…

もっと読む

仕分けの効率化

仕分けの効率化

 
昨年から続いている新型コロナウイルスの影響で
密を防ぐために同時稼働作業員数を減らしたり、
巣籠需要から物量が増加したり等
物流の見直しが必要となっております。
 

仕分け作業で自動仕分けにするのは難しいけど
システム化して作業を効率化したい、
色々な方法があり自社に合った方法がどれか分からない等の
お困りごとがあると思います。
 

そこで重要になってくるのが仕分けレイアウトです。
 

仕分けレイアウト次第で生産性に大きな影響が発生し
使えるシステムも変わってきます。
一部になりますが、
以下に状況にあった仕分け方法の例をご紹介いたします。
 
 

シャッターアソートシステム

・要求精度が高い
・仕分けミスを減らして業務効率を改善
・作業者に分かりやすい仕分け方法を探している
・ある程度広い作業スペースを確保できる
 
このような場合はシャッターアソートシステムで解決できます。
作業方法がとても簡単で、商品のバーコードをスキャンし
シャッターの開いている棚に表示されている指示数分商品を投入し
ボタンを押すとシャッターが閉まり作業完了です。
 
仕分け作業で文字を読む必要がなく
シャッターの開いている所に投入するため
視覚的に非常に分かり易く間違えづらいのが特徴です。
 
 

ハンディターミナル仕分け

 ・作業スペースをあまり確保出来ない
 ・商品サイズが大きく移動が難しい
 ・仕分け以外でもシステムを利用したい
 

このような場合はハンディターミナル仕分けで解決できます。
無線でシステムと直接繋ぐことが出来るため
場所を選ばず仕分け作業ができ、液晶画面に店舗…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)