システムクリエート株式会社

Blog ブログ
With/AfterコロナのICT戦略

 
昨今のコロナの影響で、
私たちのお客様にも2通りの動きが出てきていると感じています。
一つは
「コロナがどうなるか分からないから動かず現状維持」
を決め込むお客様、そして、もう一つが
「コロナだからこそWithコロナ、Afterコロナを見据えて今から動き出そう」
という2種類のお客様がいらっしゃいます。
 

直近の例で言いますと
 
・「10年前に構築した基幹システム(VB.NET)を刷新し、2023年10月からのインボイス制度に対応した次世代基幹システムにリプレイスしたい。」(食品卸関連企業様)
・「Accessで構築した業務システムが古くなり、サーバ機導入と共にマイグレーションから始め、将来は機能の統廃合と拡張、タブレット等のマルチデバイスでの業務システムと現場(工場/営業)との連携を実現したい」(陶器・セラミック製造販売企業様)
・「現在、業務システム(Access)で運用しているが、インターネットやSNS、WEBサイトと連携できる次世代に対応できる業務システムを構築したい」(不動産関連企業様)
 
などのご要望をお受けしています。
上記のお客様は、コロナ禍で様々なネガティブな影響を受けながらも
過去と現状を冷静に捉え、将来に向けての決断をされた企業様だと思います。
 
 

コロナはよいきっかけ!?

数年前から、新たな技術の存在や有用性ついて
また、今後の社会や経済状況がどうなっていくか
何となく理解はしていて、何か手打ちをしなくては
と思ってはいたものの
いざ、動くとなると「もう少し先でいいか・・」と
経営層も管理層も現場も考えていたのではないでしょうか。
人は、基本的に変化を嫌うものなので
しかたがないとは思いますが、
現在のコロナ…

もっと読む

COBOLはもう古い?だけど、COBOLはなくならない・・

COBOLはもう古い?だけど、COBOLはなくならない・・

 
「COBOL」での開発をずいぶんしなくなったと思い、
現在でも使用されているのかとちょっと調べてみました。
 

2019年に入って情報処理推進機構(IPA)が基本情報技術者試験の出題を
見直すと発表したそうです。
2020年春の試験からCOBOLに関する問題を廃止し、
かわりに、AI(人口知能)などの開発に向く言語として人気の高まっている
「Python」を出題するとの事。
 
COBOLは基幹システムなどで広く使われてきたプログラミング言語ですが、
若手技術者が積極的に学ぶべき技術とみなされなくなってきたようです。
 
 

COBOLとは
COBOLとは、「COmmon Business Oriented Language」の略であり、
高級プログラミング言語の一つです。
ビジネス系システム開発において、よく使用される開発言語です。
 
COBOLがよく利用される理由は、
・大量のデータ処理が可能
・金額計算に向いている
・プログラムの可読性に優れている
・運用が安定している

などがあげられます。
誕生してから50年以上も経っている古い言語ですが、
現在でも
「銀行オンラインシステム」
「ホテルや座席の予約システム」
「企業の基幹業務システム」
などにおいて、
様々な国や企業でCOBOLが使われています。
 
 

COBOLがなくならない理由
COBOLがなくならない理由を何点か上げている方の意見を、
抜粋してご紹介すると以下の4点です。
 
①現行の大規模案件が多数稼働しており、保守案件が多い
②現行からのリプレース案件も多い
③言語自体は拡張され、「オブジェクト指向」にも対応してい…

もっと読む

『クラウドを使ったVPNの渋滞対策』 多人数のテレワーク環境を快適にする方法

『クラウドを使ったVPNの渋滞対策』 多人数のテレワーク環境を快適にする方法

 
VPNを使ったテレワーク環境
今回のコロナ禍で皆様の中でもテレワークの導入を検討されたり、
既存の環境を使って実施されたりしたところもあるのではないでしょうか?
VPN接続は通信が暗号化されていることと、
端末と事務所が直接繋がることでセキュリティ上の安心感があり、
テレワークの導入に向いていると思います。
当社も新ネットワークを構築したところで、
その環境を使ってテレワークを導入しました。
ただ、当初は同時に数人の外部接続を想定した環境でしたので
大勢の社員が同時に長時間接続し続けることは想定外の事態でした。
 
 

VPN接続の懸念事項
テレワークでVPN接続を利用するといくつかの問題点が存在しますが、
その中で特にわかりにくい問題がルータ機器負荷の増大です。
VPN接続数が増えてくると、データの暗号化及び復号化を行うルータ機器に負荷がかかります。
ルータのCPU負荷が高くなると、
ネットワークのデータ転送量が少なくてもネットワークが遅くなってしまいます。
ただ、この現象が発生した場合、
ネットワークの負荷が大きくなったこととの見分けがつかないことが最大の問題点と言えます。
 
 

クラウドを使ったネットワーク負荷対処方法
ルータ機器負荷の増大に対処する一般的な方法として、
接続台数にあった性能の高いルータを導入することとなります。
しかし最大数の用意をするとなるとすごく高機能なルータになるか、
複数の光回線と高機能ルータを用意することになります。
このような対処を行う場合には費用も高価になり、導入が難しくなると思われます。
そこで、今回ご提案する方法はクラウドベンダーと事務所をVPNで繋いでおいて、
各社員からのVPN接続をクラウドの機能を使って接…

もっと読む

2025年に向けて!「マイグレーション」から始めてみませんか?

2025年に向けて!「マイグレーション」から始めてみませんか?

 
以前、当ブログでもお伝えしました
「2025年の崖!?「デジタルトランスフォーメーション」って何?」
の反響なのか、最近、「既存システムのマイグレーション」のお問合せを
多数頂くようになりました。
 
 

「マイグレーション」とは
「移動、移住、移転」を意味する英語の「migration」が語源で
IT分野では、ソフトウェアやハードウェア、システム、データ、開発言語等を
別のプラットフォームに移行したり、
新しいシステムに切り替えたりすることを意味します。

私たちのお客様事例の主なものとしては、
「VB6」から「VB.Net」への移行や「AccessやFileMakerのバージョンアップ」等が
昨年あたりから増えてきています。
 
実際のご相談内容はというと、
・「Accessのバージョンが古く(Access2000)、今後の保守・メンテを考えバージョンアップしたい。また、既存システムの使い勝手の悪い部分を一緒に改修してほしい。」(航空機等部品商社様)
・「VB6で開発したシステムを、VB.Netに焼き直したい。マイグレーションが完了したら
 追加機能の開発を引き続きやってほしい。働き方改革ということで、
 ペーパレス化、クラウド化等により様々なコストカットや業務フローの見直しに関する
 提案もしてほしい。また、基幹業務用のサーバも刷新したい。」(エアコン取付工事関連企業様)
・「当初は内製システムから、パッケージやカスタマイズ・ソフトの導入を考えたのですが
 やはり、スクラッチでのシステムの方が、使いやすく、微調整もしやすいので
 現行システムのマイグレーションから着手し、その後、機能の追加や拡張などをしていきたい。
 同時に、内製開発の様々なリスクも避けたい。」(二輪パ…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)