システムクリエート株式会社

Blog ブログ

AIって何?今更聞けないAI技術

AIって何?今更聞けないAI技術

 

近頃、AI技術の発展により機械産業に大きな技術改新が起きています。
最近ニュースで目にするものとしましては、自動車で自動運転による公道を使った試運転の事例や将棋・囲碁・チェスなどの競技において人間と機械が勝負を行い、機械が人間に勝ったという事例があります。
AIというものを耳にする中で、「AIはAIでしょ?」といった、曖昧なもので完結してしまっているとも思いますので是非、これを機に少しでも知っていただければと思います。

 

AIとは(artificial intelligence [人工知能] )

人間の知的能力をコンピュータ上で実現する様々な技術・ソフトウェア・コンピューターシステム。応用例は自然言語処理(機械翻訳・かな漢字変換・構文解析等)、専門家の推論・判断を模倣するエキスパートシステム、画像データを解析して特定のパターンを検出・抽出したりする画像認識等がある。(Wikipedia参考)

上記では難しい言葉がならんでいますが、ざっくり簡単な表現に置き換えると人間の脳を模倣したものの事を指します。
人工知能というと「ターミネータ」や「アイ,ロボット」の様な映画が思い浮かぶと思われますが、映画にでてくるようなロボットや機械などをまとめて表現することばとは別物であり、自ら考えたり指令をだす部分のことをAI(人工知能)と呼びます。

 

AIの種類と機能について

AIには以下のように大きく分けて2種類のAIが存在します。

 
・弱い人工知能
弱い人工知能とは、機能を限定した特化型人工知能(※AGI)のことを指します。
ニュースで最近目にするような将棋や囲碁などで活躍しているAIはこれに分類されます。「何をする」という判断基準をAIに与えてあげることでそれに関する情報を収…

もっと読む

WEBサイトで新規顧客を獲得できる!?

WEBサイトで新規顧客を獲得できる!?

 

WEBサイト”リニューアル”の効果

私たちは2017年1月より弊社WEBサイトをリニューアルし、
現在まで運営をしています。

WEBサイトリニューアルの目的は、
「ITに課題を持つお客様を直接支援し、ベネフィットを提供するため」です。
2018年の8月でリニューアルからちょうど20カ月になります。

 

お問合わせ数が想像以上に!

2018年8月時点で、
お問合わせ頂いた総数が190件。

その内、プッシュ(営業)等が124件、
プル(引き合い)が66件になりました。
既に受注した物件が9件、
現在商談中の案件が14件になります。

新規見込み顧客様からのお問合わせに関していえば、
1カ月に平均、3~4社の新規様から引き合いを
頂いていることになります。
(もし私が1カ月間BtoBのシステム開発の”飛び込み営業”しても、
1件も新規様からの引き合いは取れないと思います・・)

これらの数字は、私たちが当初見込んでいた
予想をはるかに上回るものでした。

 
WEBサイト活用のメリット

①新規顧客様の開拓
マーケティングや営業に関しては、
今までとは全く違ったアプローチや展開が可能です。
WEBサイトを上手に使いこなせば、
24時間、1年365日、世界中に対し
私たちの商品やサービスを宣伝してくれる
優秀な営業マンを得たのと同じです。

②既存顧客様の深耕
例えば、ブログを更新したりニュースや新着情報がある場合は
メールにURLを添付し案内したりしています。
それによって既存のお客様のフォローや、訪問のきっかけづくりもできます。

③ビジネス・パートナー様との接点
お互いを補完しあえるビジネス・パートナー様と出会い、
案件のシェアや…

もっと読む

大型モニタで業務を「見える化」してみませんか?

大型モニタで業務を「見える化」してみませんか?

 

大型モニタの活用

私たちがサポートしているお客様からご要望で、

「docomoに『docoですcar』と言うシステムがあり、
自動車の走行位置をWeb画面上の地図に表示してくれるサービスがあるので
表示用のパソコンを手配してほしい。」

という依頼がありました。
配送トラックが、今どこを走っているかを地図上に表示するのが目的です。

 
手配するパソコンの条件は、

「壁にモニタを掛ける」
「離れた位置からでも見えるサイズ」
「モニタは2箇所に設置する」

 
WindowsPCで2台のモニタに表示することは可能です。
普段手配しているモニタは23インチ程のサイズなので、
それでは2、3m離れると表示されている地図は見えません。

そこでお客様と相談して選んだのが、”65インチ”の大型モニタです。
大きいです!
5mぐらい離れた位置からでも
地図上に表示されるトラックの位置の判断がつきます。

 
注意点として・・

設置テストで問題になったのはPCとモニタの距離でした。

1台目のモニタはほぼ隣に設置しますから問題ありませんが、
2台目のモニタはHDMIケーブルで25mぐらい先になり
映像がきれいに映らない現象が出ました。

23インチのモニタでテストすると大丈夫でした。

この問題の原因は、
ケーブルが長すぎて信号が減衰してしまい
65インチのモニタでは耐えられなかったようです。

本格的な映像機器を使用すれば遠距離でも可能でしょうが、
通常のPCとモニタのみでは無理があったようです。
最終的には、HDMIケーブルを短く2本に分け、
間に増幅器代わりに分配器を入れることで解決しました。

 
まとめ

いか…

もっと読む

堂々巡り!?・・でも最適なご提案を致します!

堂々巡り!?・・でも最適なご提案を致します!

 

何処の業界、いつの時代にも流行り、廃れはありますが、
システムの世界も堂々巡りをしております。

 
1990年代

私が新人だった約30年前の1990年代は、
この業界には「○○○計算センター」と名の付く会社名が沢山存在しました。

この計算センターなる社名の会社には
”パンチャー”という職種の女性社員がほとんどで、
日々契約している会社様の手書伝票をデータとして
入力するという作業を生業としていました。

また、同時期には”アウトソーシング”というキーワードが流行りで、
システムサポート会社に設置されているコンピュータ(スパコンや汎用機)を
契約で使用して、お客様先にはオンライン端末を設置し、業務を行っていました。

表現を変えると、
このころはコンピュータが高額だったため
1台の大型コンピュータを何社かのお客様で
時間割単価で使用していたといったところでしょうか。

このころのホストコンピュータは数千万円~数億円といった感じでした。

 

2000年代

時代が進み2000年代、
コンピュータの価格も低価格になってくると
今度はコンピュータを自社で購入し独占したいとの心理が働き、
情報システム室なんて部署が流行りました。

設置するためのコンピュータ室も作られ、
ホストコンピュータが高温になるのを防ぐために
エアコンが365日稼働している状態です。

 
2000年代後半

2000年代の後半になってくると、
沢山のお客様で社員一人にパソコン一台環境が実現された感覚です。

このころは、ホストコンピュータ又はPCサーバが
数百万円~数千万円といった感じです。

 
ここ4、5年はいわゆるクラウド!
多少表現が強…

もっと読む

12345...1020...

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)