システムクリエート株式会社

Blog ブログ
Roundでは丸く収まらないという話

 

数字を丸める・・

と言えば端数を「切捨て」「切上げ」「四捨五入」と
皆さんすぐに考えつくかと思います。
(業界によっては「五捨六入」なんてのもありますが・・・)

「切捨て」や「切上げ」はまあ、使用するツールや言語に
それぞれ対応する命令や関数が用意されているので特に問題もないと思います。

「え!?「四捨五入」なんかRound関数使えばいいじゃない?」

・・・と不勉強な私も少し前まではそう思っていました。

 

そのお客様では『有効数字3桁で丸めてください』と
印字サンプルをいただきました。

有効数字云々は置いておくとして、
サンプルで頂いた数字をEXCELに入力して
Round関数で検算してみたところ数字の合わないものが見つかりました。

単純な数値を例にすると・・・

 



計算結果
EXCEL
サンプル


1.5
2
2


2.5
3
2


3.5
4
4


4.5
5
4


5.5
6
6



 
といった状態になります。
(ちなみに2.51はどちらも3になります)

 

今回使用した販売パッケージでは

数値の丸めにパッケージで用意された関数を使用する事になっており
直接Round命令を記述しているわけではないのですが、
これまでも多数のお客様に導入していただき、何の問題も出ておりません。

丸めたい桁の次の桁を見て5未満なら切捨て
5以上なら切上げてくれますのでEXCELと同じ結果を返してきますし、
一般人が「四捨五入」と聞けばこちらをイメージする人の方が多いと思います。

開発自体はVB.net+Oracleなので
VB.n…

もっと読む

システム入力の自動化による業務の効率化

システム入力の自動化による業務の効率化

 

過去に業務のシステム化を行った企業様の多くは、
業務の効率が上がることに対し満足されている方が
いる一方、データ入力の手間に悩まさせられている方も
いるのではないでしょうか。

以前の手書きに比べれば良くなったからと、
その状況を仕方ないものとして諦めている方も
多いのではないでしょうか。

しかし、そこで我慢していては業務のさらなる効率化
を図ることは出来ないのです。
過去の記事で話題にしておりました労働人口減少の現状や
業務自動化による効率化など、これらを意識しなければ
業務を効率化するどころか逆にどんどんと不便になっていくことでしょう。

『労働人口減少対策の特効薬!今年こそシステム化を真剣に考える。』
『「働き方改革」で期待される”RPA”による業務自動化』

 

今回の記事では、弊社の行ったある事例を紹介したいと思います。

 

データ入力の手間を削減

印刷業務を行っている企業様で、システムから出力した伝票の内容を、
別のシステムへとデータ入力を行っていたのです。

システム化当初は、入力件数も少なくそれほど問題に
なっていなかったのですが、年々入力件数が増え、
このデータ入力に多くの時間を割いてしまっているのでどうにか
改善できないかとのご相談がありました。

内容を確認すると、システム同士でデータの受け渡しが出来ていれば、
入力の手間を全て取り除くことが出来たのですが、
データ入力のタイミングでどうしても人の目で判断して入力しなければ
ならない項目があり、完全なデータの受け渡しが出来ないため、
伝票からシステムへの手入力を行わざるを得ない状況とのことでした。

そこで、弊社は人の目が必要な項目以外の入力をデータによる受け渡しで
自動…

もっと読む

人手不足も解消!?キャシュレス化のメリット・デメリット

人手不足も解消!?キャシュレス化のメリット・デメリット

 

日本のキャシュレス化の現状

諸外国と比較してキャシュレス化が遅れているのが現状のようです。
日本のキャッシュレス化比率は約20%。
アメリカは46%、中国は60%となっており、
日本はキャシュレス化後進国といえるでしょう。
日本政府は2020年の東京オリンピックまでに、
キャッシュレス比率を2倍の40%を目指す方針を打ち立てています。

過去からの推移を見ると、
2008年から2016年でキャシュレス比率は約2倍になっています。

その理由として考えられるのは、

・オンラインショッピングが普及し、クレジットカードを使う人が増えた。
・携帯電話の普及で、支払いにクレジットカードを使う人が増えた。
・SuicaやEdyなどの電子マネーを使う人が増えた。

などが考えられます。

日本では現金決済がまだまだ一般的であり、
クレジットカードやモバイル決済を進めようにも、
消費者も事業者も未だに積極的ではありません。

しかし、日本国内は慢性的な人手不足に陥っており、
社会としてキャッシュレス化やシステム化を進めて生産性を高めなくてなりません。

 
キャッシュレス化のメリット

・現金を持つ必要がない。
・ポイント還元が期待できる。
・社会的信用が示せる。
・利用履歴が確認しやすい。
・現金管理コストの削減。

 

キャッシュレス化のデメリット

・お金を使いすぎてしまう。
・割り勘や別払いができない場合がある。
・使用できる店舗が限られている場合がある。
・決済手数料がかかる。
・現金が手元に残らない。

その他にも、

・諸外国はビックデータの収集と活用にビジネスモデルを返還しているが、日本は依然として手数料ビジネスをしている。
・表立…

もっと読む

AIって何?今更聞けないAI技術

AIって何?今更聞けないAI技術

 

近頃、AI技術の発展により機械産業に大きな技術改新が起きています。
最近ニュースで目にするものとしましては、自動車で自動運転による公道を使った試運転の事例や将棋・囲碁・チェスなどの競技において人間と機械が勝負を行い、機械が人間に勝ったという事例があります。
AIというものを耳にする中で、「AIはAIでしょ?」といった、曖昧なもので完結してしまっているとも思いますので是非、これを機に少しでも知っていただければと思います。

 

AIとは(artificial intelligence [人工知能] )

人間の知的能力をコンピュータ上で実現する様々な技術・ソフトウェア・コンピューターシステム。応用例は自然言語処理(機械翻訳・かな漢字変換・構文解析等)、専門家の推論・判断を模倣するエキスパートシステム、画像データを解析して特定のパターンを検出・抽出したりする画像認識等がある。(Wikipedia参考)

上記では難しい言葉がならんでいますが、ざっくり簡単な表現に置き換えると人間の脳を模倣したものの事を指します。
人工知能というと「ターミネータ」や「アイ,ロボット」の様な映画が思い浮かぶと思われますが、映画にでてくるようなロボットや機械などをまとめて表現することばとは別物であり、自ら考えたり指令をだす部分のことをAI(人工知能)と呼びます。

 

AIの種類と機能について

AIには以下のように大きく分けて2種類のAIが存在します。

 
・弱い人工知能
弱い人工知能とは、機能を限定した特化型人工知能(※AGI)のことを指します。
ニュースで最近目にするような将棋や囲碁などで活躍しているAIはこれに分類されます。「何をする」という判断基準をAIに与えてあげることでそれに関する情報を収…

もっと読む

12345...1020...

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)