システムクリエート株式会社

品質 = ひと

システムの品質を決めるのは、
それを設計・構築する「人」。
だから私たちは、働きやすい職場環境を整え、
講習会や勉強会への参加を促す事で、
スタッフのモチベーションアップや
スキルアップに努めています。
お客様の利益アップを念頭に置いた
提案ができる頼もしいスタッフたち、
それこそが、システムクリエートの武器であり、
財産なのです。

Blog

2021.10.14New!
ハンディターミナルを利用した業務システム』を投稿しました。
2021.09.30
「作業報告書タブレットシステム」をMicrosoft Accessで実現!②』を投稿しました。
2021.09.15
販売管理システムと工作機器の連携』を投稿しました。

歴史と実績があるシステムクリエートだからこそできる、
お客様の要望を満たすワンストップ対応

システムクリエートは1980年の創業より、基幹業務システム開発一筋で、多くの企業様のご要望にお応えしてまいりました。
そのため、業務システム開発の知識、経験が豊富な開発者(エンジニア)が多数在籍しております。
近年、旧開発言語に対応できる会社が減っている分野においても豊富な実績でご満足頂ける対応が可能です。

だからこそ、業務システムにおいて、提案から保守サポートまで、ワンストップで対応ができるのです。

  • オーダーメイドの開発からパッケージのカスタマイズまで幅広く対応できます!
  • COBOL、Visual Basicなど、最近は対応できる会社が減っている分野においても、豊富な実績があります。
  • ハードウェアの調達からインフラ構築まで、ITに関わる分野はなんでもお任せください!

他社で断られた案件も、まずは一度ご相談ください。お手伝いできることがあるかもしれません。

ネットワーク構築からシステム開発まで、
お客様の”戦略経営を実現させるIT”を
ご提供・サポート致します。

システム開発やアフターフォローはもちろん、LAN線1本の工事からPC1台の納品、日々のサポート、クラッシュしたハードディスク内のデータ補修、最後はPCの産業廃棄物処理まですべて承っている、愛知、大阪を中心としたエリアにおいては珍しい会社です。

「システムクリエートの幸せは、お客様の幸せから!」をモットーに、経営から切り離せない「システム」という立場から、お客様の事業拡大のご支援をいたします。

Softwareソフトウェア

業務用ソフトウェアの開発を行います。企画から開発・運用、そして導入後のサポートまで、一貫してお任せ下さい。

Tabletタブレット

お客様の用途や環境、課題に合わせて、iPadやiPhoneからデータを入力・共有できる業務システムを開発いたします。

Hardwareハードウェア

法人のお客さま向けにハードウェア機器の販売を行っています。またご使用のハードウェアの消耗品の販売も承ります。

Networkネットワーク

お客様の業務や職場環境に応じた最適なネットワークを設計・構築します。運用後の監視やセキュリティ対策も万全です。

Clinicコンピュータクリニック

パソコンに関するトラブルに対応します。データ消失や動作不良などを起こしたパソコンの障害診断→復旧を行います。

Supportサポート

一括窓口でお客様をトータルにフォロー。システムのご提案・導入・アフターサポートを強力に支援します。

User Caseユーザー事例

ハンディターミナルを利用した業務システム

  今年に入って、ハンディターミナルを利用した 業務システムの開発依頼が数多くございました。 そこで、今回はハンディターミナルを利用した業務システムについて紹介します。     ハンディターミナルとは ハンディターミナルは、直訳すれば『携帯端末』で、 携帯性に優れたデータ収集用の端末のことを指します。 ハンディターミナルの利点は、 データをリアルタイムに収集・処理が出来ることです。 この利点を活かし、在庫管理や入出荷検品、納品、集荷といった 各プロセスで常に新規のデータが発生し続ける物流業界で多く利用されています。 また、入出荷業務やピッキング業務が日常的な物流業界だけでなく、 製造業界でも生産管理やトレーサビリティ、業務の省力化や効率化などに利用され また、小売業界でも在庫管理や商品管理などで広く利用されています。       ハンディターミナルを利用した管理について ハンディターミナルを利用した一般的な管理方法は、 商品やロケーション(棚・列・段)にバーコードや2次元コードを付与しバーコードを読み取り 数量などの情報を入力して登録します。 すべての商品とロケーションの登録ができれば、 あとは入出庫や移動の際にバーコードを読み取るだけで正確な現物管理が行えます。 また、入出庫・棚卸などのデータは、 リアルタイムで確認できるので適切な管理が可能です。       文字認識による現品票と商品の照合も可能に 物流の現場では、入庫時の現品票にバーコードがなく シリアルNo.やロットNo.のみが記載されている場合もあります。 通常、バーコードがない場合は、目視検品になりますが 似た文字列を誤認識する恐れがあり、 その後の管理…

「作業報告書タブレットシステム」をMicrosoft Accessで実現!②

  今回の記事は、以前、当ブログでご紹介しました 「工事現場での「作業報告書タブレットシステム」をMicrosoft Accessで実現!?」 の続編になります。   名古屋にある設備工事の企業様より、 基幹システムの再構築のご依頼を頂いたなかに 「工事現場の働き方改革」、「ペーパーレス化」ということで タブレットを利活用したシステムの構築のご依頼を頂きました。 今回のシステム開発では「Microsoft Access」で実装しました。     Microsoft Accessを選択した理由 ①スクラッチ開発なので、お客様のご要望に細やかに対応できる。 ②Accessなので、クラウドのようなランニングコストがかからない。 ③Accessも、FileMakerや4Dのように「データベースとレイアウトが一体型」なので  開発効率が比較的よく、工数低減がねらえる。 ④お客様先の情報システム室(MicroSoft技術者)と協業が可能。 ⑤現状、既に現場ではWindowsのノートPCが支給されていたり、  基幹システム(VB.Net、SQL-Server)とのデータ連携も  同じテクノロジー(MicroSoft)どうしなので親和性が高い。 等です。   実際の開発手法は、「アジャイル型」を採用したので 工数が低減でき、想定よりも早くリリースすることができました。   また、実装機能や品質、使いやすさの点においても プロトタイプ版を作成し、それをたたき台ソフトとして 評価、フィードバックを頂き、ブラッシュアップしていきましたので、 要望や仕様の齟齬が殆どなく、 「イメージ通り以上のもので、とても使いやすい」と評価を頂けました。   &nb…

販売管理システムと工作機器の連携

  工作機器とのデータ連携 弊社は販売管理システム等の 事務処理システムの開発を主としていますが、 お客様から受注した製品の加工サイズを 鋼材切断機へ連携したいとの要望が以前からありました。   今回、FA(Factory Automation)を得意とする会社と協力し 販売管理システムから鋼材切断機へ連携するシステムを開発しました。   鋼材切断機にはコントロールパネルがあり、 通常はこのパネルから目的の切断サイズ等を入力して 加工を開始すると必要な本数を切断してくれます。   従来は、販売管理システムからは発行される指図書を読み 鋼材切断機に手動入力を行っていました。 この段階で入力ミスも発生し、 間違ったサイズに切断してしまうこともありました。     2段階に分けての開発 第一段階で、指図書データを各鋼材切断機に振り分けるシステムを開発し、 鋼材切断機の脇にノートPCを配布しました。 画面には指図書の一覧が表示されます。 PCを操作し加工開始、加工終了の処理を行います。 これで生産の進捗管理が可能になりました。   第二段階で、指示書の切断サイズを鋼材切断機へ転送するシステムの開発です。 ここでFAの得意な会社に鋼材切断機と連携する装置を ラズベリーパイ(RaspberryPi)で開発して頂きました。   ノートPCで作業開始指示した指図書データはラズベリーパイへ転送され、 小型の液晶画面に表示されます。 この画面からの微調整も可能です。 ここから鋼材切断機へデータが転送され、加工が開始されます。   切断サイズをパネルから入力することが無くなり 入力ミスに悩むことが無くなりました。…

Recruit採用情報

Blogブログ MORE

ハンディターミナルを利用した業務システム

  今年に入って、ハンディターミナルを利用した 業務システムの開発依頼が数多くございました。 そこで、今回はハンディターミナルを利用した業務システムについて紹介します。     ハンディターミナルとは ハンディターミナルは、直訳すれば『携帯端末』で、 携帯性に優れたデータ収集用の端末のことを指します。 ハンディターミナルの利点は、 データをリアルタイムに収集・処理が出来ることです。 この利点を活かし、在庫管理や入出荷検品、納品、集荷といった 各プロセスで常に新規のデータが発生し続ける物流業界で多く利用されています。 また、入出荷業務やピッキング業務が日常的な物流業界だけでなく、 製造業界でも生産管理やトレーサビリティ、業務の省力化や効率化などに利用され また、小売業界でも在庫管理や商品管理などで広く利用されています。       ハンディターミナルを利用した管理について ハンディターミナルを利用した一般的な管理方法は、 商品やロケーション(棚・列・段)にバーコードや2次元コードを付与しバーコードを読み取り 数量などの情報を入力して登録します。 すべての商品とロケーションの登録ができれば、 あとは入出庫や移動の際にバーコードを読み取るだけで正確な現物管理が行えます。 また、入出庫・棚卸などのデータは、 リアルタイムで確認できるので適切な管理が可能です。       文字認識による現品票と商品の照合も可能に 物流の現場では、入庫時の現品票にバーコードがなく シリアルNo.やロットNo.のみが記載されている場合もあります。 通常、バーコードがない場合は、目視検品になりますが 似た文字列を誤認識する恐れがあり、 その後の管理…

「作業報告書タブレットシステム」をMicrosoft Accessで実現!②

  今回の記事は、以前、当ブログでご紹介しました 「工事現場での「作業報告書タブレットシステム」をMicrosoft Accessで実現!?」 の続編になります。   名古屋にある設備工事の企業様より、 基幹システムの再構築のご依頼を頂いたなかに 「工事現場の働き方改革」、「ペーパーレス化」ということで タブレットを利活用したシステムの構築のご依頼を頂きました。 今回のシステム開発では「Microsoft Access」で実装しました。     Microsoft Accessを選択した理由 ①スクラッチ開発なので、お客様のご要望に細やかに対応できる。 ②Accessなので、クラウドのようなランニングコストがかからない。 ③Accessも、FileMakerや4Dのように「データベースとレイアウトが一体型」なので  開発効率が比較的よく、工数低減がねらえる。 ④お客様先の情報システム室(MicroSoft技術者)と協業が可能。 ⑤現状、既に現場ではWindowsのノートPCが支給されていたり、  基幹システム(VB.Net、SQL-Server)とのデータ連携も  同じテクノロジー(MicroSoft)どうしなので親和性が高い。 等です。   実際の開発手法は、「アジャイル型」を採用したので 工数が低減でき、想定よりも早くリリースすることができました。   また、実装機能や品質、使いやすさの点においても プロトタイプ版を作成し、それをたたき台ソフトとして 評価、フィードバックを頂き、ブラッシュアップしていきましたので、 要望や仕様の齟齬が殆どなく、 「イメージ通り以上のもので、とても使いやすい」と評価を頂けました。   &nb…

販売管理システムと工作機器の連携

  工作機器とのデータ連携 弊社は販売管理システム等の 事務処理システムの開発を主としていますが、 お客様から受注した製品の加工サイズを 鋼材切断機へ連携したいとの要望が以前からありました。   今回、FA(Factory Automation)を得意とする会社と協力し 販売管理システムから鋼材切断機へ連携するシステムを開発しました。   鋼材切断機にはコントロールパネルがあり、 通常はこのパネルから目的の切断サイズ等を入力して 加工を開始すると必要な本数を切断してくれます。   従来は、販売管理システムからは発行される指図書を読み 鋼材切断機に手動入力を行っていました。 この段階で入力ミスも発生し、 間違ったサイズに切断してしまうこともありました。     2段階に分けての開発 第一段階で、指図書データを各鋼材切断機に振り分けるシステムを開発し、 鋼材切断機の脇にノートPCを配布しました。 画面には指図書の一覧が表示されます。 PCを操作し加工開始、加工終了の処理を行います。 これで生産の進捗管理が可能になりました。   第二段階で、指示書の切断サイズを鋼材切断機へ転送するシステムの開発です。 ここでFAの得意な会社に鋼材切断機と連携する装置を ラズベリーパイ(RaspberryPi)で開発して頂きました。   ノートPCで作業開始指示した指図書データはラズベリーパイへ転送され、 小型の液晶画面に表示されます。 この画面からの微調整も可能です。 ここから鋼材切断機へデータが転送され、加工が開始されます。   切断サイズをパネルから入力することが無くなり 入力ミスに悩むことが無くなりました。…

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)