システムクリエート株式会社

品質 = ひと

システムの品質を決めるのは、
それを設計・構築する「人」。
だから私たちは、働きやすい職場環境を整え、
講習会や勉強会への参加を促す事で、
スタッフのモチベーションアップや
スキルアップに努めています。
お客様の利益アップを念頭に置いた
提案ができる頼もしいスタッフたち、
それこそが、システムクリエートの武器であり、
財産なのです。

Blog

2021.02.24New!
ActiveReportsのCanGrowに注意しよう』を投稿しました。
2021.02.09
新たな働き方に対する向き合い方』を投稿しました。
2021.01.14
クラウドサービス「Microsoft Azure」とは?』を投稿しました。

歴史と実績があるシステムクリエートだからこそできる、
お客様の要望を満たすワンストップ対応

システムクリエートは1980年の創業より、基幹業務システム開発一筋で、多くの企業様のご要望にお応えしてまいりました。
そのため、業務システム開発の知識、経験が豊富な開発者(エンジニア)が多数在籍しております。
近年、旧開発言語に対応できる会社が減っている分野においても豊富な実績でご満足頂ける対応が可能です。

だからこそ、業務システムにおいて、提案から保守サポートまで、ワンストップで対応ができるのです。

  • オーダーメイドの開発からパッケージのカスタマイズまで幅広く対応できます!
  • COBOL、Visual Basicなど、最近は対応できる会社が減っている分野においても、豊富な実績があります。
  • ハードウェアの調達からインフラ構築まで、ITに関わる分野はなんでもお任せください!

他社で断られた案件も、まずは一度ご相談ください。お手伝いできることがあるかもしれません。

ネットワーク構築からシステム開発まで、
お客様の”戦略経営を実現させるIT”を
ご提供・サポート致します。

システム開発やアフターフォローはもちろん、LAN線1本の工事からPC1台の納品、日々のサポート、クラッシュしたハードディスク内のデータ補修、最後はPCの産業廃棄物処理まですべて承っている、愛知、大阪を中心としたエリアにおいては珍しい会社です。

「システムクリエートの幸せは、お客様の幸せから!」をモットーに、経営から切り離せない「システム」という立場から、お客様の事業拡大のご支援をいたします。

Softwareソフトウェア

業務用ソフトウェアの開発を行います。企画から開発・運用、そして導入後のサポートまで、一貫してお任せ下さい。

Tabletタブレット

お客様の用途や環境、課題に合わせて、iPadやiPhoneからデータを入力・共有できる業務システムを開発いたします。

Hardwareハードウェア

法人のお客さま向けにハードウェア機器の販売を行っています。またご使用のハードウェアの消耗品の販売も承ります。

Networkネットワーク

お客様の業務や職場環境に応じた最適なネットワークを設計・構築します。運用後の監視やセキュリティ対策も万全です。

Clinicコンピュータクリニック

パソコンに関するトラブルに対応します。データ消失や動作不良などを起こしたパソコンの障害診断→復旧を行います。

Supportサポート

一括窓口でお客様をトータルにフォロー。システムのご提案・導入・アフターサポートを強力に支援します。

User Caseユーザー事例

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

  以前、当ブログ記事でも紹介しました 「データベースの中にExcel!?4Dの新機能が地味にスゴい!」 の関連記事となります。   名古屋の某金属加工業様からのご相談 ご相談頂きました企業様は、金属加工を生業とされており 特に、 ・製缶溶接 ・板金溶接 ・ロウ付け ・機械加工 ・塗装 に関しまして、高い技術力をお持ちの企業様です。   少数精鋭の技術者、小規模ながらも設備も充実しており、 溶接機、汎用旋盤、ボール盤、ラジアルボール盤、汎用フライス盤、 シャーリング、ブレーキプレス、セットプレス、コーナーシャー、 五点切り、ハンドソー、塗装設備 等を駆使して、製品を作成していきます。   製品の一例をご紹介しますと、 ・大型架台 ・飲食店向け回転鍋 ・汚水処理用大型タンク ・スライド機構付き製品棚 ・アルミ枠再生機 ・塩カリ散布機 ・銅製棚受け(ロウ付け品) 等があり、楽天に自社店舗を出店し受注も開始しました。     既存システムのお悩み 当初は、「販売管理パッケージソフト」と「Excel」を使用し 業務を管理していたのですが、 二重入力、二重管理などの無駄をなくしたいという課題や さらなる業務の効率化を目指し 「データベースソフトでのシステムの一元化」を希望されていました。 また、予算と納期も限られていたこともあったので 効率よく開発でき、尚且つリーズナブルなデータベース・ソフトの 「4D」でのスクラッチ・システムをアジャイルで開発する提案をしました。 主な機能としては、 ・見積処理 ・受注処理 ・指示書発行処理 ・請求処理 ・図面管理+タブレット で、4Dのデータベースサーバに5台のパソコンがクライア…

FileMakerで「信者管理システム」を再構築

  最近、立て続けに2件「宗教法人」様からのお問合せがありました。 そのうちの一つが、今回ご紹介する寺院様になります。   寺院のシステム化 名古屋にある某寺院様より、 「現在、FileMakerとExcelで信者様やイベントの管理をしているが 年々データが膨れ上がり、処理が煩雑になってきている。 また、手作業や紙媒体もまだまだ多いので、さらにシステム化を推進したい。」 とのお問合せを頂きました。   「お寺」と「システム」・・・何となくイメージがしずらかったので 早速、SEと同行し、現場の状況確認とご要望の詳細をお伺いしました。   現地でFileMakerのファイルを確認すると、 FileMakerは使ってはいるものの、 その使い方に問題があることが分かりました。   つまり、FileMakerをデータベースとして利活用できておらず Excelのような使い方をしていたため、 ファイルの2重管理やデータの2重入力 そして、データが毎年イベント毎に膨れ上がる ということが発生していたと分かりました。     ファイル統合とFileMakerのデータベース化 これらの状況を踏まえて、 FileMakerの2つのファイルを1つに統合し、 「信者様管理」と「イベント管理」が1つのFileMakerファイルで 管理できるようテーブル・リレーションを作り直し レイアウトを作成・調整することで より使いやすいシステムを再構築しました。   その際も、お客様と連携をとりながら詳細なデータの精査を行い、 電話とリモートでお客様と画面を共有しながら 会話ベースで要望の確認や対応を素早く行いました。     Excelシ…

最近インターネット回線が遅いけどどうしたら・・・!

  当社では、有り難い事に ホームページを閲覧頂き、問合せを沢山頂いておりますが その中で最近多く問合せ頂いている問題が 「最近インターネット回線が凄く遅いんだけど・・・」や 「社内インフラ環境を改善したいんだけど何処に聞いたらいいかわからない」 などです。   インターネット回線が遅くなる原因は様々ですが、 現在はテレワークなどで全体的に回線が 込み合っている事が多くなっています。   解決策は、 ・インターネット回線を複線にする ・周りの環境に左右されにくい回線に入れ替える など、方法は色々ございます。   但し、社内のインフラに問題があって遅くなっている場合もあるので、 私共ではなるべく訪問して現場を拝見し、 現状の回線契約等のヒアリングを行った上で 一番効果の出る方法をご提案申し上げております。   現在はコロナ禍で訪問出来ない場合もあるのですが、 やはり効果を考えると一度現場には 伺うことが好ましいと思います。   また、先日お問合せ頂いた例では 「回線会社からインターネット回線を提案頂き申し込む事にしたが 申込書の内容が難しすぎて、何を記入したら良いか分からない」 と言うケースもございました。 確かに「ネットワークの申込書って難しい書き方してるもんなぁ・・・」って私も思いました。   回線や社内ネットワークでお困りのお客様は多いと思いますが、 お困りのお客様、是非一度弊社にご相談ください。     今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。   お問合わせは下記のフォームよりお願いします。 担当者がお返…

Recruit採用情報

Blogブログ MORE

ActiveReportsのCanGrowに注意しよう

  当社では、帳票作成ツールでGrapeCityのActiveReportsを使用しています。 過去にストックフォームの罫線入り用紙に印字したときに、 用紙の下の方にいくにつれて徐々に文字の位置がずれることがありました。   調査したところ、セクションのCanGrowプロパティがTrueだったため、 セクションの高さが自動調整されていたことが分かりました。 (※CanGrowプロパティは、TextBoxコントロールやセクションで設定できます。)   セクションのCanGrowは、初期値がTrueですので、 CanGrow = Trueのままになっていることがままありますが、 罫線入りの帳票を作成するときには、扱いが難しい設定です。   罫線を引く帳票は殆どの場合均等に線を引きますが、 CanGrowがTrueだと、セクションの高さが自動調整により微妙に高くなるときがあります。   例えば、セクションのCanGrowがTrue、 かつ、セクション内にセクションの高さと同じ高さのTextBoxを配置したとき、 TextBoxのCanGrow設定に関わらず、 セクションのCanGrowの自動調整によってセクションの高さが変わります。   DetailのCanGrowプロパティをTrue・Falseで帳票を比較してみます。 (※Detailに配置するTextBoxは、セクションと同じ高さで、CanGrow = Falseとします。)       画像のように、セクションの高さが積み重なった帳票下部では、 印字位置のずれが著しいです。 実際に印刷をして比べてみましたが、 明細全体の高さを比べると3mm程の違いがありました。…

新たな働き方に対する向き合い方

  2019年に『働き方改革』が導入されてからというもの、 多くの企業が新しい業務形態の導入や 業務のやり方に対する見直しを迫られるようになりました。 そして『働き方改革』の取り組みの一つとして推し進められているのが、 皆さんもご存知の『テレワーク』でした。   当初、『テレワーク』の導入には多くの企業が及び腰であり、 実施している企業は少数でしたが、 2020年に新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、 多くの企業が『テレワーク』の導入を意識しなければならない事態へと 状況が変化していきました。   そして『テレワーク』の導入を検討した企業は、 下記のような問題に直面したことでしょう。   ・社員の勤務状況の管理の難しさ ・直接顔を合わせないことでのコミュニケーション不足 ・自宅での作業によるセキュリティの問題   これらの問題に直面した結果、 『テレワーク』の導入に挫折してしまっている方も いるのではないでしょうか?   『テレワーク』の導入方法に正解があるわけではありませんが、 直面する問題を解決した暁には、様々なメリットがあります。   ①経費削減   従業員の交通費や出張費などの移動コストを削減出来、日本各地に支店を持つ企業   などは大きなコスト削減につながるでしょう。   また、移動時間が無くなることで時間の有効活用もできるようになります。 ②人材の確保   『テレワーク』が出来るかどうかというのは、昨今求職者が企業へ求める条件の   一つとして挙がってきているとのこと。   つまり『テレワーク』の導入は多くの求職者の目に留まりやすくなると同時に   優秀な人材の確保の機会が増えることにも繋がります。 ③…

クラウドサービス「Microsoft Azure」とは?

  通信技術の進歩にともない、 システム開発・運営コストの削減やリスク管理を目的に、 クラウドサービスを導入するケースが年々増えてきています。 そんなクラウドサービスの中でも、 マイクロソフト社がリリースする 「Microsoft Azure(マイクロソフトアジュール)」 について解説します。     クラウドサービスとは Microsoft Azureの前に、 クラウドサービスについて説明します。 クラウドサービスとは、 「インターネット経由で利用するサービス」を指す言葉です。 システムやデータの管理をインターネット上で行うのが特徴で、 利用の際はPCやスマートフォンにインストールをする必要がありません。 端末とインターネット環境があれば、どこからでもサービスを利用できます。   一般的に、クラウドサービスは 「システムの導入が手軽」 「メンテナンス不要」 等のメリットがありますが、その反面 「機能のカスタマイズがしにくい」 というデメリットもあったりします。 以下で、Microsoft Azureについて 概要や機能そして、メリットやデメリットについて お話しします。       Microsoft Azureとは ”Microsoft Azureとは、マイクロソフトが提供するクラウドサービスの1つです。 2010年にリリースされた当初は「Windows Azure」という名称が使われていました。 2014年に「Microsoft Azure」に改名されました。 このMicrosoft Azureの特徴を一言で表すなら、 「システム開発や運用に役立つ機能を備えたクラウドサーバー」です。” …

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)