Blog ブログ

「作業報告書タブレットシステム」をMicrosoft Accessで実現!②

「作業報告書タブレットシステム」をMicrosoft Accessで実現!②

 

今回の記事は、以前、当ブログでご紹介しました
工事現場での「作業報告書タブレットシステム」をMicrosoft Accessで実現!?
の続編になります。

 

名古屋にある設備工事の企業様より、
基幹システムの再構築のご依頼を頂いたなかに
工事現場の働き方改革」、「ペーパーレス化」ということで
タブレットを利活用したシステムの構築のご依頼を頂きました。

今回のシステム開発では「Microsoft Access」で実装しました。

 

 

Microsoft Accessを選択した理由

スクラッチ開発なので、お客様のご要望に細やかに対応できる。

②Accessなので、クラウドのようなランニングコストがかからない

③Accessも、FileMakerや4Dのように「データベースとレイアウトが一体型」なので
 開発効率が比較的よく工数低減がねらえる。

④お客様先の情報システム室(MicroSoft技術者)と協業が可能

⑤現状、既に現場ではWindowsのノートPCが支給されていたり、
 基幹システム(VB.Net、SQL-Server)とのデータ連携も
 同じテクノロジー(MicroSoft)どうしなので親和性が高い

等です。

 

実際の開発手法は、「アジャイル型」を採用したので
工数が低減でき、想定よりも早くリリースすることができました。

 

また、実装機能や品質、使いやすさの点においても
プロトタイプ版を作成し、それをたたき台ソフトとして
評価、フィードバックを頂き、ブラッシュアップしていきましたので、
要望や仕様の齟齬が殆どなく、
イメージ通り以上のもので、とても使いやすい」と評価を頂けました。

 

 

 

実装した便利機能

今回の「作業報告書システム」は
モバイルデバイスとしてMicrosft Surfaceでの
運用を前提として開発されています。

 

①基幹システムのマスタや受付データと通信し、
 同期をとってタブレット上に一覧表示する。

②「受付情報一覧」上で、様々な条件による検索
 データの参照作成等が可能。

③作業内容の情報入力の際、入力の手間を減らす
 機能や工夫が施されている。

④「手書きサイン」の入力が可能。

⑤作業報告書等の添付書類をPDFファイルにし、
 ボタン一つでお客様や事務所にメールで送付可能。

⑥現場のデバイスと基幹システムは定期的な通信
 同期され、データの連携がなされる。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

昨今、便利なクラウド型のシステムやサービスが多い中、
昔から利用されているAccessで、ここまで利便性の高いシステム
短期間で、リーズナブルに構築できたことに驚いています。

 

言葉の説明だけでは、伝わりづらいと思いますので
Accessでのタブレットシステムに興味をもたれましたら、
是非、お問合せ下さい。

デモをご用意してお待ちしています。

 

【関連ブログ記事】

With/AfterコロナのICT戦略

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

お問合わせは下記のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させていただきます。

 

==================

 

「WEBサイト構築」「システム/ソフト開発」
「業務改善・内製化支援」「FileMaker/4Dによるアジャイル開発」等に関する
お問合わせは、以下のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させて頂きます。

 

高速開発ツール「FileMaker」「4D」で開発コストを削減!!

 

ExcelやAccessでお困りのシステム担当者様を支援します!

 

当社では主に、東海圏(愛知、岐阜、三重、静岡)と、
関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)の
中小企業様、零細企業様、個人事業主様、起業家様の
ITやシステム化、業務効率化に関する支援をさせて頂いています。

 

東海圏と関西圏の中小企業、零細企業、個人事業主、起業家を支援します!

 

関東圏のお客様は、以下「東京オフィス」にお電話か、
以下の「お問合わせフォーム」よりお願いします。

 

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)