システムクリエート株式会社

Blog プログラミング

「ListCreator」でラクラク帳票作成できる!?

「ListCreator」でラクラク帳票作成できる!?

 

いまさら”COBOL”ということではないのですが、
VB.NETでの開発で帳票は「ListCreator」を使用しています。

 
「List Creator」とは・・

”List Creatorは帳票を簡単に作成し、
Webアプリケーションやサーバアプリケーションなどの
様々な運用形態の帳票システムを
効率よく開発するための「帳票開発支援ソフトウェア」です。

List Creatorを使用すると
既存の紙の帳票やMicrosoft Excelなどで作成した帳票を取り込んだり、
ウィザードを使用したりして、
罫線や網がけなどを駆使した表現力の高い帳票を簡単に作成できます。

また、帳票出力のための各種インタフェースが用意されているため、
少ないコーディングで帳票出力システムを構築でき、
容易にメンテナンスを行うことができます。
関連ソフトウェア製品と連携すると、
帳票を様々なメディアに出力することができます。”

 
実際に使ってみて・・

使い始めなので、バリバリに使用できる分けではない為
HELPを良く使用します。

HELPを検索しているとCOBOLで使用する
「COMPUTE」や「MOVE」文が見つかりました。
「COMPUTE」文はCOBOLとは少し違う使用方法でしたが、
「MOVE」文はまさにCOBOLと同じ使用方法でした。

COBOLのユーザがなくなったわけではないので
サポートすることはありますが、
プログラム開発はほどんどありません。

ListCreatorを使用してCOBOLと同じ命令文があるとは思いませんでした。
実際に使用するまでには至っていませんが、
知識として覚えておくことになります。

ListCreatorを使用す…

もっと読む

Roundでは丸く収まらないという話

 

数字を丸める・・

と言えば端数を「切捨て」「切上げ」「四捨五入」と
皆さんすぐに考えつくかと思います。
(業界によっては「五捨六入」なんてのもありますが・・・)

「切捨て」や「切上げ」はまあ、使用するツールや言語に
それぞれ対応する命令や関数が用意されているので特に問題もないと思います。

「え!?「四捨五入」なんかRound関数使えばいいじゃない?」

・・・と不勉強な私も少し前まではそう思っていました。

 

そのお客様では『有効数字3桁で丸めてください』と
印字サンプルをいただきました。

有効数字云々は置いておくとして、
サンプルで頂いた数字をEXCELに入力して
Round関数で検算してみたところ数字の合わないものが見つかりました。

単純な数値を例にすると・・・

 



計算結果
EXCEL
サンプル


1.5
2
2


2.5
3
2


3.5
4
4


4.5
5
4


5.5
6
6



 
といった状態になります。
(ちなみに2.51はどちらも3になります)

 

今回使用した販売パッケージでは

数値の丸めにパッケージで用意された関数を使用する事になっており
直接Round命令を記述しているわけではないのですが、
これまでも多数のお客様に導入していただき、何の問題も出ておりません。

丸めたい桁の次の桁を見て5未満なら切捨て
5以上なら切上げてくれますのでEXCELと同じ結果を返してきますし、
一般人が「四捨五入」と聞けばこちらをイメージする人の方が多いと思います。

開発自体はVB.net+Oracleなので
VB.n…

もっと読む

AIって何?今更聞けないAI技術

AIって何?今更聞けないAI技術

 

近頃、AI技術の発展により機械産業に大きな技術改新が起きています。
最近ニュースで目にするものとしましては、自動車で自動運転による公道を使った試運転の事例や将棋・囲碁・チェスなどの競技において人間と機械が勝負を行い、機械が人間に勝ったという事例があります。
AIというものを耳にする中で、「AIはAIでしょ?」といった、曖昧なもので完結してしまっているとも思いますので是非、これを機に少しでも知っていただければと思います。

 

AIとは(artificial intelligence [人工知能] )

人間の知的能力をコンピュータ上で実現する様々な技術・ソフトウェア・コンピューターシステム。応用例は自然言語処理(機械翻訳・かな漢字変換・構文解析等)、専門家の推論・判断を模倣するエキスパートシステム、画像データを解析して特定のパターンを検出・抽出したりする画像認識等がある。(Wikipedia参考)

上記では難しい言葉がならんでいますが、ざっくり簡単な表現に置き換えると人間の脳を模倣したものの事を指します。
人工知能というと「ターミネータ」や「アイ,ロボット」の様な映画が思い浮かぶと思われますが、映画にでてくるようなロボットや機械などをまとめて表現することばとは別物であり、自ら考えたり指令をだす部分のことをAI(人工知能)と呼びます。

 

AIの種類と機能について

AIには以下のように大きく分けて2種類のAIが存在します。

 
・弱い人工知能
弱い人工知能とは、機能を限定した特化型人工知能(※AGI)のことを指します。
ニュースで最近目にするような将棋や囲碁などで活躍しているAIはこれに分類されます。「何をする」という判断基準をAIに与えてあげることでそれに関する情報を収…

もっと読む

FileMaker既存基幹システムのカスタマイズ事例①

大型車両整備企業様

 
お客様の課題と要望

弊社のWEBサイトからお問合わせ頂き、
以下の様なお悩みをかかえていらっしゃいました。

「当初は個人の開発者の方にFileMakerで基幹システムを構築してもらったが
改善したい部分が出てきたので、FileMakerの開発会社様2社に相談をしたが、
対応やコストに対して満足いくものではなく、別のシステム会社を探していた・・」

 
早速、訪問し現場を確認しながらヒアリングしてみると・・

 
・「既存のFileMaker基幹システムをカスタマイズして使いやすくしてほしい。」

・「二拠点間(オフィスと工場側事務所)のシステムの共有をしたい。」

・「開発費用をできる限り抑えたい。」

という要望があることが分かりました。

 

私たちからの提案

・現状のシステムをカスタマイズし開発費用を低減する。

当初は一からの作り直しを提案したのですが、
工数が想定以上にかかることがボトルネックとなることや
現在のUIや動きが気に入っているということでしたので、
既存システムの改修を提案しました。

・二拠点間の共有には「リモートデスクトップアクセス」を利活用することで
少し手間はかかるが、そこは運用でカバーし月々の費用を削減する。

本来であれば、VPNを組むか、それと同等のサービスを利用するのでしょうが
お客様の「コストを抑えたい・・」という要望を最優先に考え、
代替案として提案しました。

 

また、既存のファイルメーカーのファイルを解析してみると
別の大きな問題があることが分かりました。

・プログラムとデータが一つのファイルに入っており、
プログラムのメンテナンスが非常にやりづ…

もっと読む

12

NEW ARTICLE新着記事

「MESH」でIoTを気軽に体感してみては?

「MESH」でIoTを気軽に体感してみては?

「ListCreator」でラクラク帳票作成できる!?

「ListCreator」でラクラク帳票作成できる!?

技術の進歩によって生まれる仕事、なくなる仕事

技術の進歩によって生まれる仕事、なくなる仕事

リハビリデイサービス特化型「セミオーダー・パッケージ」で あなたの日常業務をもっとラクにしませんか?

リハビリデイサービス特化型「セミオーダー・パッケージ」で あなたの日常業務をもっとラクにしませんか?

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)