システムクリエート株式会社

Blog ハードウェア

Raspberry Piを活用したハードウェア開発

Raspberry Piを活用したハードウェア開発

 

ウェアラブル端末のようにスマートフォンやノートパソコンより小型でボタン操作などではなくセンサーで感知した情報を元に動作するIT機器が注目されています。ただ、一からウェアラブル端末などを設計しようとすると多くのコストがかかります。そこで各種センサーやネットワーク接続に対応したコアモジュールとしてRaspberry Piをご紹介します。

 

Raspberry Pi3(ラズベリーパイ3)の特徴

Raspberry Pi3は、ラズベリーパイの中で最も性能の良いマイコン(マイクロコンピュータ)で、去年発売されたRaspberry Pi3 Model B+ は熱設計が向上され産業領域で使いやすくなりました。
また、大きさ85mm x 56 mm、重量45グラムで映像出力はHDMIなどを備え、パソコンで使用されている一般的な接続機能をほとんど同じで、有線・無線の両方のネットワークに対応して、USBのポートも4つ持っているので、周辺機器としてUSB機器を接続することもできますし、カメラやマイクの入力用インターフェースも持っています。
この小ささで様々な機器と接続でき、構造がシンプルなことがラズベリーパイの長所で、IoT分野での活躍が期待されます。各種センサーやカメラ、オーディオ機器を制御するうえで、大きなPCの使用や新たなハードウェアを開発せずとも、ラズベリーパイをコアモジュールとすることでプロトタイプの作成や実装を行えます。

 

Raspberry Piの開発経緯

ラズベリーパイは元々プログラムを子供たちに教えるための教育用コンピュータとして開発されました。色々なセンサーを取り付けたりして、簡単なロボットなどを作ってみたりするための基盤として、日本国内でも子供、大人かかわらずプログラミング教室の教材として利…

もっと読む

最近遅くなったパソコン、リフォームしてみませんか?

最近遅くなったパソコン、リフォームしてみませんか?

 

導入後、数年が経って

「最近このパソコン遅いなぁ・・・」

と思うことはございませんか?

 
私共のお客様でも
「最近起動やプログラムの実行が遅いんだけど・・・」
など相談を頂きます。

「遅いのでメモリ増設お願いできる?」などと依頼を頂くこともありますが、 依頼を安易に受けないようにしています。

なぜなら、遅い原因をしっかり把握しないと
費用をかけても無駄になってしまうからです。


遅くなっている一番多い原因は
「ハードディスクがアップデートなどで肥大化」した状況になったり
「ディスクに傷がついている」ことです。

遅くなった場合でも、
データを退避してWindowsなどのOSを再インストールし、
データを戻せばある程度、速度は元に戻ります。

 
しかし、再インストール後のアップデート、データの復元など
大変な時間と手間が掛かってしまいます。
(ハードディスクに傷がついてる時は、再インストールしてもスピードも回復せず さらに不安定になります。)


そこで私共で実施しているのは、

「ハードディスクからSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)」

という高速なドライブにハードディスクの中身を完全コピーを実施して、
使い勝手はそのままに高速化を図るといったご提案をしています。


SSDのメリット

データの読み書きが高速なので、
パソコンの起動、アプリケーションの起動が劇的に早くなります。

そして振動にも強いのでノートパソコンにも最適です。

最近のパソコンでは購入時からSSDを搭載しているモデルも増えていますが、 古いパソコンで搭載しているものはごく僅かです。


SSDへの換装を実施する際は、現状のパソコンのスペックを確認…

もっと読む

なぜ、私たちが「ワンストップ対応」にこだわるのか

なぜ、私たちが「ワンストップ対応」にこだわるのか

 

水道工事業務システムの再構築

先日、新業務システムを再構築中のお客様の会社に訪問し、
新システム用のサーバ及びPCをセットアップする作業を行ってきました。

私たちの「ワンストップ対応」のサービスの中にはソフトウエアの開発だけでなく
ハードウエアの調達、サーバ機器・PCのセットアップ、
ネットワーク構築、現地調整等があります。

現在、進捗中のお客様(水道工事業者様)のプロジェクトが
ちょうどシステムの「並行テスト」のフェーズに入りました。

「並行テスト」とは、
プログラムの開発及びプログラム単体でのテスト、
当社内の開発環境での結合テストを終えたのち
お客様先の現地環境で、既存の業務(システム)と並行しながらテストを実施し、
動作・出力等の確認や問題個所の修正、調整等を行っていきます。

 
並行テストを行う場合、
現地にシステムが正常に動作する環境を構築します。
具体的には、以下のようなことを実施します。

・ハードウエアの選定・発注
・当社に搬入し、サーバやPC設定及びインストール
・社内で動作確認し、お客様先へ搬出
・現地での環境構築作業及び調整/修正
・サーバ、PC、プリンタ等の設定
・社内システム用ネットワークの構築
・新システムのインストール
・新システムに関する操作説明
・現地でのトラブルシューティング

 

お客様先での作業時は”徹底した準備”が必要不可欠

今回の並行テストの環境構築には、
営業兼インフラ技術者、システムエンジニア、開発プログラマ、作業支援スタッフ
の4人のメンバーで、2日かけて現地での作業を行いました。

現地集合後、システムエンジニアから
当日の「作業予定表」がメンバーに配布され、
細かく手順が書かれてい…

もっと読む

私たちのシステム開発の変遷ついて

弊社は平成29年7月20日が、第38期の決算日です。
会社創立から38年目になります。

弊社システム開発の変遷

38年前の創立当初は、

●富士通系オフィスコンピュータのシステム開発が業務の中心でした。
(当時は、COBOLという言語で開発していました。)

その後、

●販売、給与、会計パッケージソフトの開発

●NEC系オフィスコンピュータのシステム開発

も手がけました。

 



 

その後、パーソナルコンピュータの台頭により、

●オフィスコンピュータシステムをクライアント・サーバ型のシステムへの乗せかえ
(開発言語もCOBOLからVB:Visual Basicへかわっていきました。)

●内田洋行社製パッケージソフト「スーパーカクテル」

●富士通社製パッケージソフト「FM MAX」

の導入により基幹系ソフトを進化させて参りました。

スクラッチ(オーダーメイドの手組み)開発から、
パッケージソフトを活用してのカスタマイズ開発が主流となり
システム開発の価格も抑えることが出来るようになりました。

 
また、会計・給与ソフトは

●OBC社製「奉行シリーズ」

●PCA社製「DXシリーズ」

●富士通社製「GLOVIA きららシリーズ」

の導入支援や、

内田洋行社製の高齢者介護施設向けソフト、障がい者福祉施設向けソフト

●「絆シリーズ」

のサポートも行っています。

 



 

最近では、タブレット(Windows タブレットやiPad)開発(VB、FileMaker)や
クラウドベースのアプリケーションやツールの導入支援、
ネットワーク構築などのサービスも加わり

もっと読む

12

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)