Blog ブログ

2025年に向けて!「マイグレーション」から始めてみませんか?

2025年に向けて!「マイグレーション」から始めてみませんか?

 

以前、当ブログでもお伝えしました

「2025年の崖!?「デジタルトランスフォーメーション」って何?」

の反響なのか、最近、「既存システムのマイグレーション」のお問合せを
多数頂くようになりました。

 

 

「マイグレーション」とは

「移動、移住、移転」を意味する英語の「migration」が語源で
IT分野では、ソフトウェアやハードウェア、システム、データ、開発言語等を
別のプラットフォームに移行したり、
新しいシステムに切り替えたりすることを意味します。

私たちのお客様事例の主なものとしては、
「VB6」から「VB.Net」への移行「AccessやFileMakerのバージョンアップ」等が
昨年あたりから増えてきています。

 

実際のご相談内容はというと、

・「Accessのバージョンが古く(Access2000)、今後の保守・メンテを考えバージョンアップしたい。また、既存システムの使い勝手の悪い部分を一緒に改修してほしい。」(航空機等部品商社様)

・「VB6で開発したシステムを、VB.Netに焼き直したい。マイグレーションが完了したら
 追加機能の開発を引き続きやってほしい。働き方改革ということで、
 ペーパレス化、クラウド化等により様々なコストカットや業務フローの見直しに関する
 提案もしてほしい。また、基幹業務用のサーバも刷新したい。」(エアコン取付工事関連企業様)

・「当初は内製システムから、パッケージやカスタマイズ・ソフトの導入を考えたのですが
 やはり、スクラッチでのシステムの方が、使いやすく、微調整もしやすいので
 現行システムのマイグレーションから着手し、その後、機能の追加や拡張などをしていきたい。
 同時に、内製開発の様々なリスクも避けたい。」(二輪パーツ製造販売企業様)

 

 

「内製と外注のハイブリッド」

上記のようなお問い合わせに対し、私たちは
内製と外注のハイブリッド」というご提案をしています。

上記のお客様の課題として共通していることは、

内製化だけでは、リソース不足や技術的な課題に対応できない。
また、社内エンジニアがいなくなった時、誰もシステムを触ることができない。

それを避けるため、システム開発企業に外注し、開発や管理の全てを委託すると
コストが跳ね上がり、社内でのシステム管理が難しくなる。
もし、仮に委託先のシステム開発企業が倒産やM&A等で
引き続き保守やメンテが受けられなくなった場合には
また最初からベンダーの選定をし、再度高価なシステム開発を依頼しなければならない。

ということだ実感しました。

なので、私たちは内製の良いところと外注の良いところを組み合わせ
「内製と外注のハイブリッド」という形でプロジェクトを進めることにしました。

これは、私たちシステム開発企業と、お客様先の情報システム部門と
協業(共業)」するようなイメージです。

 

 

「内製と外注のハイブリッド」のメリット

「内製と外注のハイブリッド」のメリットとしては、
以下のようなことが挙げられます。

開発コストが低減できる。(協業なのでプログラム製造やテストの工程等でリソースの調整が可能)

技術・知識・ノウハウ及びリソースの共有、調整がしやすくなる。

両社がシステム開発に深く携わることで、システムのブラックボックス化が回避できる。

どちらかに企業に何かあった場合でも、システムに関する情報が共有されているため
 業務に支障をきたすようなことにはならない。

お客様は、システム開発企業から専門的で最新の情報や
 定期的なコンサルティングや業務改善等の提案などを享受できる。

両企業で契約を交わし。一定のルールを決めることで
 ソースコードや開発ツールなどを共有し、
 お客様側でも、機能の追加や拡張、部分的なカスタマイズが可能となる。
 (外注すると、プログラムの変更には都度御見積となり、コストと時間がかかってしまう。)

システムの管理や引継ぎ・継承がスムーズになる

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

2025年の崖」のその前に
既存のシステムの見直しの必要性を理解頂けたかと思います。

次期システムの構想があれば理想的ですが、
もし、ないようであれば「マイグレーション」から
始めてみてはいかがでしょうか。

私たちは「マイグレーション」だけで終わるのではなく
その先もお互いにとって有益な
内製と外注のハイブリッド」を提案し、
その中でお客様の利益やメリットの最大化を考えていきます。

もし、既存システムについてお悩みや心配ごとがありましたら
気軽にお問い合わせください。
少しでも有益な情報をご提供させて頂きます。

 

【関連ブログ記事】

「内製化支援」と「外注」のコラボレーション事例

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

お問合わせは下記のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させていただきます。

 

 

==================

 

「WEBサイト構築」「システム/ソフト開発」
「業務改善・内製化支援」「FileMaker/4Dによるアジャイル開発」等に関する
お問合わせは、以下のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させて頂きます。

 

高速開発ツール「FileMaker」「4D」で開発コストを削減!!

 

ExcelやAccessでお困りのシステム担当者様を支援します!

 

当社では主に、東海圏(愛知、岐阜、三重、静岡)と、
関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)の
中小企業様、零細企業様、個人事業主様、起業家様の
ITやシステム化、業務効率化に関する支援をさせて頂いています。

 

東海圏と関西圏の中小企業、零細企業、個人事業主、起業家を支援します!

 

関東圏のお客様は、以下「東京オフィス」にお電話か、
以下の「お問合わせフォーム」よりお願いします。

 

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)