Blog ブログ

ハンディターミナルを利用した業務システム

ハンディターミナルを利用した業務システム

 

今年に入って、ハンディターミナルを利用した
業務システムの開発依頼が数多くございました。

そこで、今回はハンディターミナルを利用した業務システムについて紹介します。

 

 

ハンディターミナルとは

ハンディターミナルは、直訳すれば『携帯端末』で、
携帯性に優れたデータ収集用の端末のことを指します。

ハンディターミナルの利点は、
データをリアルタイムに収集・処理が出来ることです。

この利点を活かし、在庫管理入出荷検品納品集荷といった
各プロセスで常に新規のデータが発生し続ける物流業界で多く利用されています。

また、入出荷業務やピッキング業務が日常的な物流業界だけでなく、
製造業界でも生産管理やトレーサビリティ、業務の省力化や効率化などに利用され
また、小売業界でも在庫管理や商品管理などで広く利用されています。

 

 

 

ハンディターミナルを利用した管理について

ハンディターミナルを利用した一般的な管理方法は、
商品やロケーション(棚・列・段)にバーコードや2次元コードを付与しバーコードを読み取り
数量などの情報を入力して登録します。

すべての商品とロケーションの登録ができれば、
あとは入出庫や移動の際にバーコードを読み取るだけで正確な現物管理が行えます。

また、入出庫・棚卸などのデータは、
リアルタイムで確認できるので適切な管理が可能です。

 

 

 

文字認識による現品票と商品の照合も可能に

物流の現場では、入庫時の現品票にバーコードがなく
シリアルNo.やロットNo.のみが記載されている場合もあります。

通常、バーコードがない場合は、目視検品になりますが
似た文字列を誤認識する恐れがあり、
その後の管理でシリアルNo.やロットNo.を手書きでメモしたり、
パソコンに入力する際にミスすることもあります。

さらにシリアルNo.やロットNo.は、その後の管理でも手間がかかります。

 

目視検品をOCR(文字認識)に対応したハンディターミナルなら、
バーコード化されていないシリアル№やロット№などの文字を読み取ることが可能です。

文字認識で現品票を読み取り、商品と照合すれば
目視検品に比べて確実性もスピードもアップします。

ミス撲滅に加えて作業効率改善に効果的です。

 

ハンディターミナルは以前に比べると機能が強化され
幅広く業務に利用することが可能となっております。

物流管理生産管理倉庫管理等の
業務改善でお悩みであれば、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

お問合わせは下記のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させていただきます。

 

==================

 

「WEBサイト構築」「システム/ソフト開発」
「業務改善・内製化支援」「FileMaker/4Dによるアジャイル開発」等に関する
お問合わせは、以下のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させて頂きます。

 

高速開発ツール「FileMaker」「4D」で開発コストを削減!!

 

ExcelやAccessでお困りのシステム担当者様を支援します!

 

当社では主に、東海圏(愛知、岐阜、三重、静岡)と、
関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)の
中小企業様、零細企業様、個人事業主様、起業家様の
ITやシステム化、業務効率化に関する支援をさせて頂いています。

 

東海圏と関西圏の中小企業、零細企業、個人事業主、起業家を支援します!

 

関東圏のお客様は、以下「東京オフィス」にお電話か、
以下の「お問合わせフォーム」よりお願いします。

 

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)