Blog ブログ

2025年の崖!?「デジタルトランスフォーメーション」って何?

2025年の崖!?「デジタルトランスフォーメーション」って何?

 

皆さんは「デジタルトランスフォーメーション」や「DX」という言葉
を聞いたことがありますか?

 

「デジタルトランスフォーメーション」とは

デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)は、
よく「DX」と表記され、その意味としては

進化を続けるテクノロジーが人々の生活を豊かにしていく

既存の価値観や枠組みを根底から覆すような革新的なイノベーションをもたらす

というものです。

 

経済産業省による「デジタルトランスフォーメーション」の定義は、

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、
データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、
製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、
業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、
競争上の優位性を確立すること

 

つまり、データやデジタル技術を利活用し

今までにない製品やサービス、ビジネスモデルをつくりだす
現状のプロセスを再構築し、既存ビジネスの生産性の向上やコスト削減、時間短縮を実現する
業務そのものを根底から見直し、働き方を変革する
上記を実現するために、企業の在り方自体を見直す

等が、デジタルトランスフォーメーションに取り組む中で
実現させるべき目的となります。

 

 

「2025年の崖」とは

経済産業省の発表した「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~
をご存じでしょうか。

 

このレポートでは、

既存基幹システムの老朽化に伴うリスク
デジタル市場の拡大とともに増大するデータの利活用
メインフレームの担い手の高齢化による世代交代/継承の必要性
テクノロジーの進化に伴う先端IT人材の不足

など、2025年を境に多くのITに関連した課題や問題
企業の前に立ちはだかると予測されています。

 

特に「DXレポート」の中で強調されているのが

2025年までにシステム刷新を集中的に推進する必要がある」ということです。

 

もし、対策を取ることができずに放置してしまった場合は、
既存システムのブラックボックス化」「膨大なデータを利活用できない
といった問題から以下のようなことが想定されます。

 

・ITやシステムに関する保守運用の担当者が不足することにより、
サイバーセキュリティや事故・災害による
システムトラブルやデータ消失などのリスクが高まる。

・システムの維持管理費が高額になることで
技術的な負債を抱え、業務基盤そのものの維持や継承が難しくなる。

・ビジネスの変化に合わせて、迅速かつ柔軟にビジネスモデルを変更できず
デジタル市場競争で厳しい状況に立たされる。

 

上記のような「守りのシステム投資」だけではなく、
今後の状況も見据え、以下のような最新技術を駆使した「攻めのシステム投資」も
合わせて考えらるとさらに良いでしょう。

 

 

「DXレポート」推奨テクノロジー例

AI(人工知能)
PCやスマートフォンといった身近な電子機器の中にも既に取り入れられ、
ゲーム、音楽、画像、医療、ロボット等あらゆる分野において革新をもたらしています。

IoT
「モノのインターネット」のことで、
スマートスピーカーやスマートホーム、自動運転車など、
近年急速に実用化が進んでいる先端テクノロジーの1つ。
その他、物流、医療、製造業、農業の分野でも活用が期待されています。

5G
「第5世代移動通信システム」のことで、
次世代の通信インフラとして日本では2020年から商用サービスがスタートします。
5Gの特徴は「高速大容量」「高信頼・低遅延通信」「多数同時接続」です。
VR・AR体験、遠隔技術、自動運転、IoT、リモートワーク、スポーツ観戦等の
分野で革新がもたらされるでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、
進化を続けるデジタル技術を社会に広く浸透させることで、
人々の生活をより良いものへと変革する

ということで、

これからの社会が豊かになる革新をもたらすだろうと予測できる反面、
ビジネスにおいては、近い将来、企業が直面する大きな課題だとも言えます。

加速度的に速まる時代の流れにとり残されてしまわないよう
自社の経営戦略を固め、全社で取り組まれてはいかがでしょうか。

最新のテクノロジーを駆使したシステムを構築をするまでには至らなくとも、
少なくと「既存システム」を見直し、刷新することは強くお勧めいたします。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

お問合わせは下記のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させていただきます。

 

 

==================

 

「WEBサイト構築」「システム/ソフト開発」
「業務改善・内製化支援」「FileMaker/4Dによるアジャイル開発」等に関する
お問合わせは、以下のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させて頂きます。

 

高速開発ツール「FileMaker」「4D」で開発コストを削減!!

 

ExcelやAccessでお困りのシステム担当者様を支援します!

 

当社では主に、東海圏(愛知、岐阜、三重、静岡)と、
関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)の
中小企業様、零細企業様、個人事業主様、起業家様の
ITやシステム化、業務効率化に関する支援をさせて頂いています。

 

東海圏と関西圏の中小企業、零細企業、個人事業主、起業家を支援します!

 

関東圏のお客様は、以下「東京オフィス」にお電話か、
以下の「お問合わせフォーム」よりお願いします。

NEW ARTICLE新着記事

工事現場での「作業報告書タブレットシステム」をMicroSoft Accessで実現!?

工事現場での「作業報告書タブレットシステム」をMicroSoft Accessで実現!?

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

「2025年の崖」とは何か?2025年までに解決しなければならない課題

「2025年の崖」とは何か?2025年までに解決しなければならない課題

テレワークを応用し、開発作業をリモートでしてみませんか?

テレワークを応用し、開発作業をリモートでしてみませんか?

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)