システムクリエート株式会社

Blog ネットワーク

『クラウドを使ったVPNの渋滞対策』 多人数のテレワーク環境を快適にする方法

『クラウドを使ったVPNの渋滞対策』 多人数のテレワーク環境を快適にする方法

 
VPNを使ったテレワーク環境
今回のコロナ禍で皆様の中でもテレワークの導入を検討されたり、
既存の環境を使って実施されたりしたところもあるのではないでしょうか?
VPN接続は通信が暗号化されていることと、
端末と事務所が直接繋がることでセキュリティ上の安心感があり、
テレワークの導入に向いていると思います。
当社も新ネットワークを構築したところで、
その環境を使ってテレワークを導入しました。
ただ、当初は同時に数人の外部接続を想定した環境でしたので
大勢の社員が同時に長時間接続し続けることは想定外の事態でした。
 
 

VPN接続の懸念事項
テレワークでVPN接続を利用するといくつかの問題点が存在しますが、
その中で特にわかりにくい問題がルータ機器負荷の増大です。
VPN接続数が増えてくると、データの暗号化及び復号化を行うルータ機器に負荷がかかります。
ルータのCPU負荷が高くなると、
ネットワークのデータ転送量が少なくてもネットワークが遅くなってしまいます。
ただ、この現象が発生した場合、
ネットワークの負荷が大きくなったこととの見分けがつかないことが最大の問題点と言えます。
 
 

クラウドを使ったネットワーク負荷対処方法
ルータ機器負荷の増大に対処する一般的な方法として、
接続台数にあった性能の高いルータを導入することとなります。
しかし最大数の用意をするとなるとすごく高機能なルータになるか、
複数の光回線と高機能ルータを用意することになります。
このような対処を行う場合には費用も高価になり、導入が難しくなると思われます。
そこで、今回ご提案する方法はクラウドベンダーと事務所をVPNで繋いでおいて、
各社員からのVPN接続をクラウドの機能を使って接…

もっと読む

転んでもただでは起きてやらん!

 
昨年末から始まった新型コロナ騒動。
 
非常事態宣言も解除(まだ一部治まりきっていない地域もありますが)されましたし、
仕事も生活も徐々に落ち着きを見せてくれることでしょう。
 

弊社は(完全にとはいきませんでしたが)テレワークで
大体の業務が進められたので世間一般で言うところの「ステイ・ホーム」ではなかったため
コロナによるストレスはあまり感じなかったように思います。
個人的にはニートのスキルに1振っといて正解だったな・・・というところですか。
 
企業(業種)としての生き残り戦略と様々な発想の転換。
色々な事を見直す良い機会でもありました。
 

コロナ騒動の最中、個人的に目についた商品や企画としては以下のような感じです。
 
・Uber Eats(頼んだことはないので知識だけですが2016年頃からサービスは始まってるんですね?)
・バーや居酒屋を含む通常飲食店がお弁当や持ち帰りサービスを始めた事。
 (お弁当容器等を製造している会社は特需だったようです。)
・腕でドアノブを回すための取付金具。
・人の出入りをカウントして店内の客数を適正に保つための小型センサー(と制御するソフト)キット。
 
・・・等々
 

このまま商売として生き残っていくもの。
一過性で終わってしまうもの。
さらなる発展を遂げるもの。

いろいろな可能性を感じられるのではないでしょうか?
 
「必要は発明の母」
「災い転じて福となす」
「転んでもただでは起きない」
 
の精神で皆さん頑張りましょう!
 
 
今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
お問合わせは下…

もっと読む

各企業注目のオンライン会議とは?

各企業注目のオンライン会議とは?

 
 
2020年はオリンピックイヤーと言われていましたが、
コロナウイルスによる新型肺炎の流行により
結局延期とされてしまいました。
その他にも学校の授業開始延期や企業の入社式の中止、
新入社員がまだ出社をしていないといった事態になっています。
そんな中注目を集めているものがオンライン会議です。
実際にこのウイルスの流行をきっかけに
テレワーク・オンラインでの会議を始めた
という企業様も多いのではないでしょうか。
今回はその流行のオンライン会議について
利用することによって起こる
メリット・デメリットをご紹介できればと思います。
 
オンライン会議とテレビ会議
「オンライン会議?ウチは元から導入していたよ!」
と言われる方もおられますが、
それって本当にオンライン会議でしょうか?
テレビ会議とオンライン会議の違いは
繋いでいる回線、使用機器の違いにあります。
テレビ会議はテレビ会議専用の回線と機器を設置し
その設置場所を一つの拠点とした
拠点同士で行うことができる会議を指します。
オンライン会議は、インターネット回線を
利用している会議を指します。
機器もネットワークさえあれば
個人の端末から会議に参加することが可能です。
 
オンライン会議・テレビ会議のメリット・デメリット
テレビ会議は前章で記述したように
専用の回線・機器を用いるので
相手がその場にいるかのような
臨場感を味わうことが可能な会議です。
しかし、回線と機器を設置している
拠点のみでの運用となりますので
実際に各社員の家庭からの接続となると
設置に高額な費用を要する場合があり、
遠方のお客様との会議で出向けない場合でも
出社して会議に参加しなければならないという
結果を招くかもしれません…

もっと読む

With/After コロナのビジネス

With/After コロナのビジネス

 
全世界で猛威を振るっているコロナ・ウイルス。
ビジネスの世界にも未曾有のインパクトを与えています。
そのような中、コロナの影響で
「衰退していくビジネス」「今後、発展していくビジネス」について
考察していきたいと思います。
 
衰退していくビジネス:「BEACH」
With/Afterコロナでビジネスが大きく変わってしまいました。
これは「コロナ革命」と言っても過言ではないほどの
大きすぎるインパクトです。
「BEACH」とは、この「コロナ革命」で
衰退していくと予測される業界の頭文字をとって
BEACHと読んでいます。
 

B:Booking
旅行やホテル等の予約サイトのビジネスを表し、
ひいては観光業界全体または、観光業界に関わる
業種も関係しています。
E:Entertainment
エンタメ業界全般のことで、ディズニーランドやUSJ等の
遊園地、映画、ミュージカル、野球やサッカー等の
スポーツ観戦、ライブハウス、演劇、小劇場等々
の業界や関連ビジネスのこと。
A:Airline
航空業界のことで、国際線、国内線とも
かなりのダメージが予想されます。
C:Casino、Cruise
カジノとクルーズ(客船による観光旅行)をあらわしますが、
日本にはカジノがないので、パチンコや
競輪、競馬、競艇等になります。
H:Hotel
ホテル業界のこと。
上記の、旅行ができない、密閉空間がだめ
ということになるとホテルも当然、大きな影響を受けることになります。
 

上記の他にも厳しくなっていく業界として、
・飲食業(レストラン、カフェ等)
・ナイトクラブ、バー
・学校や塾、各種スクール(オフラインでの)
・ブライダル業界
・イベント関連業界
・タ…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)