システムクリエート株式会社

Blog ソフトウェア

COBOLはもう古い?だけど、COBOLはなくならない・・

COBOLはもう古い?だけど、COBOLはなくならない・・

 
「COBOL」での開発をずいぶんしなくなったと思い、
現在でも使用されているのかとちょっと調べてみました。
 

2019年に入って情報処理推進機構(IPA)が基本情報技術者試験の出題を
見直すと発表したそうです。
2020年春の試験からCOBOLに関する問題を廃止し、
かわりに、AI(人口知能)などの開発に向く言語として人気の高まっている
「Python」を出題するとの事。
 
COBOLは基幹システムなどで広く使われてきたプログラミング言語ですが、
若手技術者が積極的に学ぶべき技術とみなされなくなってきたようです。
 
 

COBOLとは
COBOLとは、「COmmon Business Oriented Language」の略であり、
高級プログラミング言語の一つです。
ビジネス系システム開発において、よく使用される開発言語です。
 
COBOLがよく利用される理由は、
・大量のデータ処理が可能
・金額計算に向いている
・プログラムの可読性に優れている
・運用が安定している

などがあげられます。
誕生してから50年以上も経っている古い言語ですが、
現在でも
「銀行オンラインシステム」
「ホテルや座席の予約システム」
「企業の基幹業務システム」
などにおいて、
様々な国や企業でCOBOLが使われています。
 
 

COBOLがなくならない理由
COBOLがなくならない理由を何点か上げている方の意見を、
抜粋してご紹介すると以下の4点です。
 
①現行の大規模案件が多数稼働しており、保守案件が多い
②現行からのリプレース案件も多い
③言語自体は拡張され、「オブジェクト指向」にも対応してい…

もっと読む

データベースの中にExcel!?4Dの新機能が地味にスゴい!

データベースの中にExcel!?4Dの新機能が地味にスゴい!

 
データベースソフト「4D」のv18の新機能の一つに
「4D View Pro」というものがラインナップされました。
どのような機能なのか?

一言でいうと、
「データベースソフトの中に(スプレッドシート(Excelのようなシート)が埋め込める」
という機能です。
「それがどうしたの?」と思われるかもしれませんが、
私としては「地味にすごい機能」だと感じています。
というのも、未だかつて
「Excelシートが埋め込まれているデータベースソフト」を
見たことがないからです。
 
 

「データベース」と「Excel」
多くのお客様の業務の中でExcelはよく使われています。
ビジネスを始めた頃は、Excelでの管理で殆どは事足ります。
しかし、ビジネスが成長し、
扱うデータが多くなったり、処理が煩雑になってくると
Excelからデータベースへの移行を考えられるお客様は多くいます。
でもその時、ちょっとした不満がでてきます。
それは「操作性や柔軟性」に関する不満です。
 「Excelの時はこんな操作ができたのに・・」
 「データベースに入力するのって面倒くさい・・」
 「もう少し楽に入力したいのに・・」
Excelでは当たり前にできる
「コピペ」や「連番」などの便利機能が
データベース上ではExcelのように簡単にはできないのです。
実際、私たちのお客様の中にも
そのような不便を感じているお客様がいたので
早速4Dの「View Pro」の機能を織り込んだ提案をしました。
 
 

「4D View Pro 」機能を使ったご提案
とある金属加工企業様のご要望:
”販売管理パッケージソフト”と”Excel”で業務を管理していたが、
二重入力、二重管理など…

もっと読む

帳票ツール「ActiveReports」は使いやすい!

帳票ツール「ActiveReports」は使いやすい!

 
基幹業務にかかせないのが請求書や各種一覧表など「帳票業務」です。
それらをシステム化する際に使用している帳票ツールに「ActiveReports」があります。
 
GrapeCity株式会社から販売されている帳票ツールですが、
ソフトウェア開発する上でとても使いやすいので、
弊社でもソフトウェア開発に使用しております。
 
帳票の内容を専用の伝票用紙や紙に印刷できることはもちろん、
PDFやExcel、HTMLなど各種データに出力することができます。
 
また、伝票によっては
「表の角を丸くしてほしい」、「印鑑部分をミシン目にしてほしい」などの
細かい要望などもあると思います。
そういった細かいデザインも「ActiveReports」では実現可能となっております。

 
もし、「請求書」や「各種専用伝票用紙」「一覧表」を手書きや手入力で作成しているのであれば、
業務の効率化のためにシステム化を検討してみてはいかがでしょうか。
 
過去に手書きで対処されていた業務をデータ化し、
システム化したお客様は多数ございます。
 
GrapeCity株式会社の公式のHPには「ActiveReports」の製品紹介動画もあり、
わかりやすくまとめられておりますので、
帳票のシステム化を検討されている方は一度ぜひご覧ください。

 
また、当社ではネットワーク構築及び情報系・基幹系システムや
グループウェアも含めた提案も行っていますので、
気軽にご相談いただければと思います。
 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 

お問合わせは下記のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させていただきます。
&nbs…

もっと読む

システム開発において「テスト」は超重要!!

システム開発において「テスト」は超重要!!

 
プログラムの製作に関わるようになってから、気づいた点があります。
それは、プログラム製作中には想定していなかった操作や運用を
お客様が行っていることがあるという点です。
こういったことは、社内で作業しているだけではなかなか発想に至らない、
まさに盲点であるといえるでしょう。
客先に出向き、実際にお客様の操作を目撃するなどしない限り
気づくことが難しいのです。
例えば、
プログラムをバックグラウンドでいくつも立ち上げたままの状態で業務を行っていたり、
本来はテキストを入力することを前提としている部分に
入力をしないまま「確定」ボタンを直接押してしまったり
という事例をこれまでに見聞きしました。
こうした経験をした結果、
操作方法の癖や傾向などの要因によって
作り手が予期しない操作が発生しうることを念頭に置き、
プログラムを構築する際やテストする際などは、
それらの洗い出し・予測を入念に行うことが重要である
という考えを持つようになりました。
そこで今回は、システム開発におけるテストについて紹介したいと思います。
 
 

テストの種類
単体テスト
作成したプログラムを一つずつテストして正常に動作するかを検証し、
その機能や性能、運用性等を確認します。
結合テスト
単体テストで確認した複数のプログラムを組み合わせて検証します。
様々な結合を、いくつかの段階に分けて確認します。
システムテスト
最後に、全てのプログラムとハードウェアを合わせて
システム全体のテストを実施します。
システムテストの目的は、
基本設計で決めた仕様が満たされているかどうかを確認することです。
システムテストで問題がなければ、ユーザ様にリリースされ、
実際に稼働して「運用テスト」に入っていきます。

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)