システムクリエート株式会社

Blog クラウド

『クラウドを使ったVPNの渋滞対策』 多人数のテレワーク環境を快適にする方法

『クラウドを使ったVPNの渋滞対策』 多人数のテレワーク環境を快適にする方法

 
VPNを使ったテレワーク環境
今回のコロナ禍で皆様の中でもテレワークの導入を検討されたり、
既存の環境を使って実施されたりしたところもあるのではないでしょうか?
VPN接続は通信が暗号化されていることと、
端末と事務所が直接繋がることでセキュリティ上の安心感があり、
テレワークの導入に向いていると思います。
当社も新ネットワークを構築したところで、
その環境を使ってテレワークを導入しました。
ただ、当初は同時に数人の外部接続を想定した環境でしたので
大勢の社員が同時に長時間接続し続けることは想定外の事態でした。
 
 

VPN接続の懸念事項
テレワークでVPN接続を利用するといくつかの問題点が存在しますが、
その中で特にわかりにくい問題がルータ機器負荷の増大です。
VPN接続数が増えてくると、データの暗号化及び復号化を行うルータ機器に負荷がかかります。
ルータのCPU負荷が高くなると、
ネットワークのデータ転送量が少なくてもネットワークが遅くなってしまいます。
ただ、この現象が発生した場合、
ネットワークの負荷が大きくなったこととの見分けがつかないことが最大の問題点と言えます。
 
 

クラウドを使ったネットワーク負荷対処方法
ルータ機器負荷の増大に対処する一般的な方法として、
接続台数にあった性能の高いルータを導入することとなります。
しかし最大数の用意をするとなるとすごく高機能なルータになるか、
複数の光回線と高機能ルータを用意することになります。
このような対処を行う場合には費用も高価になり、導入が難しくなると思われます。
そこで、今回ご提案する方法はクラウドベンダーと事務所をVPNで繋いでおいて、
各社員からのVPN接続をクラウドの機能を使って接…

もっと読む

「Teams」を使用しない場合の対処法

 

前回の記事で紹介したコミュニケーションツール「Teams」ですが
検討してみた結果、Teamsが業務上不要な場合もあるかと思います。

そんなときでもTeamsがインストールされていると、
PCを立ち上げるたびに、スタートアップでTeamsが起動してしまいます。
私のパソコンでも、起動時にTeamを読み込むのは
煩わしいなと感じることがしばしばありましたし
また、アンインストールをしても
消したはずのTeamsが、再度インストールされていることもありました。

今回は、その対処法をご紹介します。

 
インストールした覚えはないけど入っていた

この記事をご覧になっている方の中には、
そもそもTeamsをインストールした覚えがない方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

Teams は、Microsoftが「Office365」の機能の一つとして提供しています。
そのため「Office365」でExcel、Word等をまとめてインストールした際、
Teamsも一緒にインストールされた可能性が高いです。

 
アンインストールしたい

アンインストールは、
【コントロールパネル→プログラムのアンインストール】
の順にクリックすると、プログラムの一覧が表示されますので、
こちらから対象のプログラムを選択し、アンインストールができます。
今回はTeamsを選択します。
Teamsをインストールしていると、
付属してTeamsのインストール用プログラム「Teams Machine-Wide Installer」
が入っている場合があります。

こちらが残っていると、Teamsをアンインストールしても、
再度インストールされてしまうことがありますので、
Teamsとご一…

もっと読む

「Teams」を社内連絡の新しい手段に

「Teams」を社内連絡の新しい手段に

 

社内連絡の際にチャットツールを利用していますか?

メールでの連絡に比べて内容を簡潔にでき、
コミュニケーションを促進する事もできますし、
場所や端末に依存しない連絡手段として利用できます。

例としてはLINEが有名ですが、
業務に利用する際には情報漏えいやセキュリティ面で
問題を感じている方もいらっしゃると思います。

今回はビジネスに利用できるチャットツールとして
Microsoftが提供するTeamsについてご紹介いたします。

 
Teamsとは?

TeamsはMicrosoftがOffice365の機能の一つとして
提供するコミュニケーションツールで、
チャット、ファイルの共有、メモの共有、テレビ会議等
あらゆる作業をこのツール上で完結できる点が特徴です。

これらの機能はクラウドで提供されるため、
Office365を利用している場合は
パソコンやスマートフォンでどこでも利用可能です。

「チーム」という単位でコミュニケーションを行い、
内容に関わる会話やファイル、メモ、会議予定等を
全てツールから管理することで、
共同作業を円滑に進めるためのツールです。

「チーム」毎にOffice365ツールや
その他サービスと連携させることも可能で、
それぞれの「チーム」に合わせて利用できます。

強みとしてはMicrosoftの他のOfficeアプリケーションや
Office365ツールとの連携機能がすぐに利用できるため、
普段からExcelやWord、PowerPointを利用している場合は連携機能を活用できます。

 
導入は簡単!

TeamsはOffice365の機能のため、
Office365をすでに利用している場合はそのまま利用可能…

もっと読む

クラウドのメリットとデメリットについて

クラウドのメリットとデメリットについて

 

クラウドとは?

クラウド(クラウド・コンピューティング)とは、
インターネット経由でユーザーにサービスを提供するシステムのことです。

 
クラウドの分類

SaaS(Software as a Service)
SaaS(サース)はネットワークを経由して
ソフトウェアを提供するサービスです。
GoogleマップやYahoo!メールなどが該当になり、
ソフトウェアパッケージの購入やインストールをせずに
必要な機能だけを選んで利用することができます

 
PaaS(Platform as a Service)
PaaS(パース)はアプリケーションを構築して稼働させるプラットフォームを
ネットワーク経由で提供するサービスです。
SaaSは一般向けのクラウドサービスであるのに対して
PaaSはシステム開発者にとってのサービスとなっています。

 
IaaS(Infrastracture as a Service)
サーバーや記憶装置などのインフラ機能を
ネットワーク経由で提供するサービスです。
ネットワーク経由で提供されるため、
実機のハードウェアで起こるトラブルを回避することができます。

 
クラウドのメリット・デメリット

メリット
・社内サーバーが不要
・投資リスクの軽減
・システム構築の時間を短縮できる
・メンテナンスが不要

 
デメリット
・カスタマイズが難しい
良くも悪くもクラウドサービスは既製品です。
1から10までを自社のシステムに合わせて変更しようとするのは難しい場合があります。

 
・サーバーの安定性やセキュリティ関するリスク
サーバーの安定性はサービスのレベルに依存します。
また…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)