システムクリエート株式会社

Blog クラウド

新たな働き方に対する向き合い方

新たな働き方に対する向き合い方

 
2019年に『働き方改革』が導入されてからというもの、
多くの企業が新しい業務形態の導入や
業務のやり方に対する見直しを迫られるようになりました。
そして『働き方改革』の取り組みの一つとして推し進められているのが、
皆さんもご存知の『テレワーク』でした。
 

当初、『テレワーク』の導入には多くの企業が及び腰であり、
実施している企業は少数でしたが、
2020年に新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、
多くの企業が『テレワーク』の導入を意識しなければならない事態へと
状況が変化していきました。
 

そして『テレワーク』の導入を検討した企業は、
下記のような問題に直面したことでしょう。
 

・社員の勤務状況の管理の難しさ
・直接顔を合わせないことでのコミュニケーション不足
・自宅での作業によるセキュリティの問題
 

これらの問題に直面した結果、
『テレワーク』の導入に挫折してしまっている方も
いるのではないでしょうか?
 

『テレワーク』の導入方法に正解があるわけではありませんが、
直面する問題を解決した暁には、様々なメリットがあります。
 
①経費削減
  従業員の交通費や出張費などの移動コストを削減出来、日本各地に支店を持つ企業
  などは大きなコスト削減につながるでしょう。
  また、移動時間が無くなることで時間の有効活用もできるようになります。
②人材の確保
  『テレワーク』が出来るかどうかというのは、昨今求職者が企業へ求める条件の
  一つとして挙がってきているとのこと。
  つまり『テレワーク』の導入は多くの求職者の目に留まりやすくなると同時に
  優秀な人材の確保の機会が増えることにも繋がります。
③…

もっと読む

クラウドサービス「Microsoft Azure」とは?

クラウドサービス「Microsoft Azure」とは?

 
通信技術の進歩にともない、
システム開発・運営コストの削減やリスク管理を目的に、
クラウドサービスを導入するケースが年々増えてきています。
そんなクラウドサービスの中でも、
マイクロソフト社がリリースする
「Microsoft Azure(マイクロソフトアジュール)」
について解説します。
 
 

クラウドサービスとは

Microsoft Azureの前に、
クラウドサービスについて説明します。
クラウドサービスとは、
「インターネット経由で利用するサービス」を指す言葉です。
システムやデータの管理をインターネット上で行うのが特徴で、
利用の際はPCやスマートフォンにインストールをする必要がありません。
端末とインターネット環境があれば、どこからでもサービスを利用できます。
 

一般的に、クラウドサービスは

「システムの導入が手軽」
「メンテナンス不要」

等のメリットがありますが、その反面

「機能のカスタマイズがしにくい」

というデメリットもあったりします。

以下で、Microsoft Azureについて
概要や機能そして、メリットやデメリットについて
お話しします。
 
 
 
Microsoft Azureとは

”Microsoft Azureとは、マイクロソフトが提供するクラウドサービスの1つです。
2010年にリリースされた当初は「Windows Azure」という名称が使われていました。
2014年に「Microsoft Azure」に改名されました。
このMicrosoft Azureの特徴を一言で表すなら、
「システム開発や運用に役立つ機能を備えたクラウドサーバー」です。”

もっと読む

『クラウドを使ったVPNの渋滞対策』 多人数のテレワーク環境を快適にする方法

『クラウドを使ったVPNの渋滞対策』 多人数のテレワーク環境を快適にする方法

 
VPNを使ったテレワーク環境
今回のコロナ禍で皆様の中でもテレワークの導入を検討されたり、
既存の環境を使って実施されたりしたところもあるのではないでしょうか?
VPN接続は通信が暗号化されていることと、
端末と事務所が直接繋がることでセキュリティ上の安心感があり、
テレワークの導入に向いていると思います。
当社も新ネットワークを構築したところで、
その環境を使ってテレワークを導入しました。
ただ、当初は同時に数人の外部接続を想定した環境でしたので
大勢の社員が同時に長時間接続し続けることは想定外の事態でした。
 
 

VPN接続の懸念事項
テレワークでVPN接続を利用するといくつかの問題点が存在しますが、
その中で特にわかりにくい問題がルータ機器負荷の増大です。
VPN接続数が増えてくると、データの暗号化及び復号化を行うルータ機器に負荷がかかります。
ルータのCPU負荷が高くなると、
ネットワークのデータ転送量が少なくてもネットワークが遅くなってしまいます。
ただ、この現象が発生した場合、
ネットワークの負荷が大きくなったこととの見分けがつかないことが最大の問題点と言えます。
 
 

クラウドを使ったネットワーク負荷対処方法
ルータ機器負荷の増大に対処する一般的な方法として、
接続台数にあった性能の高いルータを導入することとなります。
しかし最大数の用意をするとなるとすごく高機能なルータになるか、
複数の光回線と高機能ルータを用意することになります。
このような対処を行う場合には費用も高価になり、導入が難しくなると思われます。
そこで、今回ご提案する方法はクラウドベンダーと事務所をVPNで繋いでおいて、
各社員からのVPN接続をクラウドの機能を使って接…

もっと読む

「Teams」を使用しない場合の対処法

 

前回の記事で紹介したコミュニケーションツール「Teams」ですが
検討してみた結果、Teamsが業務上不要な場合もあるかと思います。

そんなときでもTeamsがインストールされていると、
PCを立ち上げるたびに、スタートアップでTeamsが起動してしまいます。
私のパソコンでも、起動時にTeamを読み込むのは
煩わしいなと感じることがしばしばありましたし
また、アンインストールをしても
消したはずのTeamsが、再度インストールされていることもありました。

今回は、その対処法をご紹介します。

 
インストールした覚えはないけど入っていた

この記事をご覧になっている方の中には、
そもそもTeamsをインストールした覚えがない方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

Teams は、Microsoftが「Office365」の機能の一つとして提供しています。
そのため「Office365」でExcel、Word等をまとめてインストールした際、
Teamsも一緒にインストールされた可能性が高いです。

 
アンインストールしたい

アンインストールは、
【コントロールパネル→プログラムのアンインストール】
の順にクリックすると、プログラムの一覧が表示されますので、
こちらから対象のプログラムを選択し、アンインストールができます。
今回はTeamsを選択します。
Teamsをインストールしていると、
付属してTeamsのインストール用プログラム「Teams Machine-Wide Installer」
が入っている場合があります。

こちらが残っていると、Teamsをアンインストールしても、
再度インストールされてしまうことがありますので、
Teamsとご一…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)