blog

メタバースとブロックチェーン、NFTについて

メタバースとブロックチェーン、NFTについて | ビジネス
メタバースとは

Meta(超越)」と「Universe(宇宙、世界)」から成る「Metaverse(メタバース)」は、現在とは違う次元の異世界のことを言います。メタバースとは、簡単に言ってしまうと「仮想世界」のことを意味します。
例えば、「あつまれ どうぶつの森」や「フォートナイト」もメタバースの一つ言えるでしょう。つまり、現実世界にいながらも、仮想空間で「あなた」が行動できる作られた空間(世界)のことです。
 

メタバースとブロックチェーン

前回の「WEB3」の記事にも出てきました「ブロックチェーン」技術ですが、実はメタバースとブロックチェーンとは深い関係があります。ブロックチェーンとは、各ネット上の取引等を相互に監視しあうことで、データの改ざんや不正行為をしづらくする仕組みのことです。こうしたデータの改ざんや不正を防ぐブロックチェーンを活用することで、オリジナルのコピーされないデータである「NFT:Non-Fungible Token(ノン-ファンジャブル トークン)」を作ることができます。
 

NFTとは

「NFT」とは、作者や所有者の情報をデジタルデータに付与できる技術のことです。例えば、本来であればデータはコピーできるもので、どれがオリジナルのデータなのかを証明することは難しいですが、NFT技術を用いてデジタルデータにオリジナルの情報を付加すれば、デジタルデータをコピーや変更できない資産として扱うことができます。(ただし、偽物は出回るかもしれません・・)メタバースの世界の中の土地や建物、アバター等も同様に、NFTの技術を用いることで資産化することが可能です。このような技術のおかげで、NFTを絡めたビジネスが世界中で活発化しています。
 

それでは、実際に私たちの周りでメタバースはどのように利用されているのでしょうか。以下に、メタバースの利用例やメリット、デメリット等を列挙してみます。
 

【利用例】

  • オンライン会議
  • ゲームでの利用
  • バーチャルライブ
  • 教育・シミュレーション等

 

【メタバースのメリット】

  • オンラインでの接触
  • メタバースによる新しいビジネスの実現
  • メタバースへの投資等

 

【メタバースのデメリット】

  • VRの準備が面倒
  • メタバース空間への依存
  • ウォレットの脆弱性
  • メタバースは法律が未整備
  • ハッキング等

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回はメタバースについて、ざっくりと解説しました。今後メタバースの市場は成長をすると見込まれていますが、実際のところは予測がつきません。現状は各企業がメタバースに力を入れ始めた段階にあり、今後マーケットが盛り上がる可能性は非常に高いでしょう。
メタバースは単なる趣味や娯楽等ではなく、ビジネスとしても利活用できるため、メタバースの動きに注目してみてはいかがでしょうか。思わぬビジネスチャンスが転がっているかもしれませんね。
  
 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

お問い合わせは下記フォームよりよろしくお願い致します。
担当者がお返事させていただきます。

 

==================

「WEBサイト構築」「システム/ソフト開発」「業務改善・内製化支援」「FileMakerによるアジャイル開発」等に関するお問合わせは、以下のフォームよりお願いします。

高速開発ツール「FileMaker」で開発コストを削減!!

ExcelやAccessでお困りのシステム担当者様を支援します!

当社では主に、東海圏(愛知、岐阜、三重、静岡)と、関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)の中小企業様、零細企業様、個人事業主様、起業家様のITやシステム化、業務効率化に関する支援をさせて頂いています。

東海圏と関西圏の中小企業、零細企業、個人事業主、起業家を支援します!

 

 

関連記事

CONTACT

CONTACTお問い合わせ

メールフォームからもご相談を受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。