blog

「FileMaker×プロトタイプ型開発」でお客様がハッピーに

「FileMaker×プロトタイプ型開発」でお客様がハッピーに | ビジネス

最近、ますます人気が高まってきているFileMakerですが、弊社へのお問合せでもFileMaker推しが増えてきています。
また、FileMakerでの業務システム開発を提案すると、すんなり決まってしまうことがよくあります。
 
そこで今回は、そんな魅力的なFileMakerを引き立てるシステムの「開発手法」の一つについて紹介したいと思います。

 

FileMakerと相性のよい「プロトタイプ型開発」

プロトタイプ型開発」とは、お客様の要望や要件を確認したのち、プロトタイプ(原型、試作版)を開発の早い段階で作成して、その試作版をお客様側が確認、評価し、システムの詳細仕様を決めていくという開発手法のことです。
 

プロトタイプ型開発の主な目的は、プロジェクトのリスクと開発コストの低減です。
徐々に開発したものを確認、評価して軌道修正を少しずつ行っていくことで、理想とするシステムを開発していくことができます。
 

プロトタイプ型開発のメリットとしては、

  • 早い段階でシステムの完成イメージを共有できる
  • 仕様変更や機能追加に柔軟に対応できる
  • 開発中、想定外リスクを回避できる
  • 比較的早く、無駄なコストをかけずにシステム開発することができる

等々が挙げられます。

 
 

プロトタイプ型開発のデメリットは

前述したような、お客様に嬉しいメリットもありますが、気を付けておきたいデメリットもあります。

  • 開発プロジェクトの泥沼化
  • 大規模システム開発には不向き
  • 開発会社の負担が大きい

上記を回避するためにも、小~中規模までのシステム開発をターゲットとし、プロジェクトの対応範囲(スコープ)スケジュールを計画・遵守し、オンラインでの打合せ等を有効活用しながら進めるとよいでしょう。

 

最後に

 
FileMakerでのプロトタイプ型開発について
少しは理解いただけたでしょうか。
 

FileMakerは「高速開発型データベース・ソフト」であるため、プロトタイプ型開発にすんなり対応することが可能になってきます。
さらには、データベース画面レイアウト帳票(レポート)が全てFileMakerの中だけで開発でき、仕様変更等にも柔軟に対応することができます。

また、Apple社製品(iPad、iPhone)との親和性も非常に高く、FileMakerで開発したシステムをiPad、iPhone上で他の技術を必要とすることなく、展開、使用することもできます。

 
もし、FileMakerFileMakerを活用してのプロトタイプ型開発でシステム開発を検討してみたい方は、気軽にお問合せください。
実績の紹介やデモのご用意もさせて頂きます。 
 
 

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

お問合わせは下記のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させていただきます。

 

==================

「WEBサイト構築」「システム/ソフト開発」「業務改善・内製化支援」「FileMakerによるアジャイル開発」等に関するお問合わせは、以下のフォームよりお願いします。

高速開発ツール「FileMaker」で開発コストを削減!!

ExcelやAccessでお困りのシステム担当者様を支援します!

当社では主に、東海圏(愛知、岐阜、三重、静岡)と、関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)の中小企業様、零細企業様、個人事業主様、起業家様のITやシステム化、業務効率化に関する支援をさせて頂いています。

東海圏と関西圏の中小企業、零細企業、個人事業主、起業家を支援します!

 

関連記事

CONTACT

CONTACTお問い合わせ

メールフォームからもご相談を受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。