Blog ブログ
人工知能(AI)で業務効率化

 

メディアで「AI」の文字を見ない日はないほど、
ブームになっているAIですが、
そもそもAIで業務効率化なんて出来るの?』、
AIを使えば業務効率化が出来ると聞くけど、どんな事例があるの?』と
思っている方も多いと思います。

今回は、AIで具体的にどうような事が出来るのかを紹介します。

 

 
事務の業務をサポート

商品を販売したり仕入れたり、業者に発注したり
といったさまざまな取引が発生しますが、
その中で発行された書類等を業務システムに入力し直す際に、
形式が異なる書類を自社システムの項目に合わせて入力するのは
事務の業務の中でも大変な作業です。

書類を読み取ってデータ化するOCR※というシステムはありましたが、
今までのOCRであれば「ここに社名、ここに住所、ここに金額」といった具合に
読み取ったデータを登録する項目を指定する必要があったので、
同じフォーマットの書類でないと処理出来ませんでした。

AIが搭載されたシステムであれば、
否定型でも項目名をAIが判断して
データ化して登録出来るようになります。

AIなので1度間違えたところは学習させれば次からは間違えないので、
回数を重ねて学習することで精度の高いデータになっていきます

AIが搭載されたシステムを導入すれば、
読み取り後の確認作業を行うだけで済むので
システム入力の作業負荷が大幅に軽減されます。

 
OCR(Optical Character Recognition/Reader、オーシーアール、光学的文字認識)とは
手書きや印刷された文字を、イメージスキャナやデジタルカメラによって読み取り、
コンピュータが利用できるデジタルの文字コードに変換する技術。

 

 
営業の業務をサポート

営業支援のためのシステムはSFA(Sales Force Automation)とよばれ、
顧客情報の管理や売上情報の共有を行い、
それらをデータ化して顧客の分析を行い
営業効率化のツールとして多くの企業が開発し販売されています。

従来のSFAにAIが組み込まれることで情報の提供だけでなく、
行動につながることもサポートしてくれるようになっています。

営業マンが新規開拓をする場合、
最初にターゲットを絞り込む作業が必要になってきます。
そのターゲットを探すためには、今まで交換した名刺や紹介を受けた企業、
インターネットを使って自社の商品を気に入ってもらえそうな企業を探すかと思います。

そのリストアップをAIが分析能力を使って、
企業リストやホームページから
自社の製品にマッチする企業をピックアップして
見込み客リストを自動作成してくれます。

さらにピックアップされた企業のホームページにある問合せフォームを使って
営業メールを自動で送信した上に、送るメールの内容を複数用意しておけば
反応があった内容を分析し、セレクトして
メールを送ってくれることも出来るシステムが既に開発され販売されています。

 

 
当社では、システム開発だけではなく
さまざまなパッケージソフト導入支援も行っております。

業務改善でお悩みであれば、お気軽にご相談下さい。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。



お問合せは下記のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させていただきます。



==================

「WEBサイト構築」「システム/ソフト開発」
「業務改善・内製化支援」「FileMaker/4Dによるアジャイル開発」等に関する
お問合わせは、以下のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させて頂きます。

高速開発ツール「FileMaker」「4D」で開発コストを削減!!

ExcelやAccessでお困りのシステム担当者様を支援します!


当社では主に、東海圏(愛知、岐阜、三重、静岡)と、
関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)の
中小企業様、零細企業様、個人事業主様、起業家様の
ITやシステム化、業務効率化に関する支援をさせて頂いています。

東海圏と関西圏の中小企業、零細企業、個人事業主、起業家を支援します!

関東圏のお客様は、以下「東京オフィス」にお電話か、
以下の「お問合わせフォーム」よりお願いします。

 

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)