Blog ブログ

VUCAな時代のシステム開発 キーワードは「スピード感」と「柔軟性」

VUCAな時代のシステム開発 キーワードは「スピード感」と「柔軟性」

 

現代社会は、「VUCA(ブーカ)」時代。

VUCAとは、「様々なものを取り巻く環境が複雑性を増し、将来の予測が困難な状態
を指す言葉。近年よく耳にするキーワードの一つです。

 

 
VUCA(ブーカ)とは?

VUCAは、1990年代に軍事用語として誕生した言葉で
その時々に応じた臨機応変の戦い方が必要になり
それに合わせ、徐々に使われるようになっていきました。

VUCAとは、

変動性(Volatility)
不確実性(Uncertainty)
複雑性(Complexity)
曖昧性(Ambiguity)

の頭文字を取った言葉で、
あらゆるものを取り巻く環境が複雑性を増し、
想定外の事象が次々と発生するため、
将来の予測が困難な状態を指す言葉です。

 

 
VUCA時代は、システム開発にも大きな影響を与えています。

ビジネスや社会のスピードが速いので、開発納期が短くなる。
仕様が固まりきらないか、もしくは近い将来仕様変更がある。
ビジネスや業務内容に変更が起こる。
様々なシステムや業務が結びついたり、連携が必要となる。
感覚的な仕様。(インターフェースの雰囲気やデザインの良し悪し、使いやすさ)

 

 
これからのシステム開発はスピーディかつ柔軟に

これからのシステム開発は、
これらに対応できる”俊敏”で”柔軟”な「開発ツール」や「開発手法」を
積極的に取り入れていかなくてはなりません。

VUCAの時代では、ビジネスモデルやビジネスフローも
柔軟でないといけません。

 

つまり、そのビジネスを下支えするシステムの開発にも
同様に「柔軟性」や「スピード感」が求められるようになってくるでしょう。

 

 
最後に

システム開発からは、少し話が逸れるのですが
VUCA時代にどう対応すべきか・・の一つのアドバイスとなる
記事を見つけたので、シェアしたいと思います。

明確なビジョンを持つ(Vision)
教育、学習し続ける(Education)
対話をさらに活発にする(Dialogue)
とにかく行動する(Action)

上記4つキーワードの頭文字をとって
「VEDA(ベーダ)」(サンスクリット語で知識・知恵の意)
まとめられていました。

参照元:
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO11343490V00C17A1X12000/

 

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。



お問合せは下記のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させていただきます。



==================

「WEBサイト構築」「システム/ソフト開発」
「業務改善・内製化支援」「FileMaker/4Dによるアジャイル開発」等に関する
お問合わせは、以下のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させて頂きます。

高速開発ツール「FileMaker」「4D」で開発コストを削減!!

ExcelやAccessでお困りのシステム担当者様を支援します!


当社では主に、東海圏(愛知、岐阜、三重、静岡)と、
関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)の
中小企業様、零細企業様、個人事業主様、起業家様の
ITやシステム化、業務効率化に関する支援をさせて頂いています。

東海圏と関西圏の中小企業、零細企業、個人事業主、起業家を支援します!

関東圏のお客様は、以下「東京オフィス」にお電話か、
以下の「お問合わせフォーム」よりお願いします。

 

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)