Blog ブログ

F2ショートカットキーは意外と便利!?

F2ショートカットキーは意外と便利!?

 

先日お客様とシステムの画面デザインの打合せを行っている際に、

「この明細行のセルの値を編集する場合には
【F2】キーを押していただければ編集モードになります。
エクセルのセルの値を修正する時と同じ操作ですね」

と説明しても意味が通じませんでした。

 

F2のショートカットキーがセルの編集モードに切替える機能
だと言うことをご存知ありませんでした。

一般のお客様ではご存知ない方が多いと思っていましたが、
システム担当者の方でもご存知ない方がいることを再認識しました。

 

 

F2ショートカットは結構便利

エクセルでセルの値を変更する場合のF2ショートカットは
結構便利なキーだと思います。

みなさんは空のセルに入力する場合は、
マウスまたは矢印キーを使用して入力したいセルに合わせ、
そのまま入力を開始すると思います。

でも、入力済みのセルの値を変更する場合は
マウスでセル選んで画面上部の数式バーをクリックするか、
変更したいセルをダブルクリックして
セルの中にカーソルを入れた状態で変更する方も結構見かけます。

 

これをマウスを使用せずに行うと、
矢印キーで変更したいセルへ移動しF2キーを押します。
そうするとカーソルがセル内の文字列の最後に位置付きます。
あとは矢印キーで変更したい文字へ移動して操作します。

 

欠点はカーソルが必ず最後の文字へ位置付くことです。
値が長い場合はマウスでその位置をダブルクリックした方が早いかもしれません。

 

 

マウスがなくても操作可能

ショートカットキーの利点はマウスを握らずに操作できることです。
慣れると結構早いですよ。

また、F2キーは新規入力のときも役立ちます。
セルに入力を開始し、入力済みの前方の文字の間違いに気づき矢印キーで戻ろうとすると
入力は終了しセルから脱出してしまいます。

この時に間違いに気づいたら
F2キーを押すと編集モードに切り替わり
矢印キーを押してもセルから脱出しません。
そのまま入力が続けられるので便利です。

 

F2キーはWindowsで編集モードへ切替える場面で使用できることが多いです。
エクスプローラでファイルを変更する場合でも、
ファイル名が選択されている状態でF2を押すとファイル名編集が行えます。

 

入力操作を早く行うためのショートカットキーはたくさんあり、
ネットで検索すれば簡単に調べられますので挑戦してみて下さい。

 

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

お問合わせは下記のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させていただきます。

 

 

==================

 

「WEBサイト構築」「システム/ソフト開発」
「業務改善・内製化支援」「FileMaker/4Dによるアジャイル開発」等に関する
お問合わせは、以下のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させて頂きます。

 

高速開発ツール「FileMaker」「4D」で開発コストを削減!!

 

ExcelやAccessでお困りのシステム担当者様を支援します!

 

当社では主に、東海圏(愛知、岐阜、三重、静岡)と、
関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)の
中小企業様、零細企業様、個人事業主様、起業家様の
ITやシステム化、業務効率化に関する支援をさせて頂いています。

 

東海圏と関西圏の中小企業、零細企業、個人事業主、起業家を支援します!

 

関東圏のお客様は、以下「東京オフィス」にお電話か、
以下の「お問合わせフォーム」よりお願いします。

 

NEW ARTICLE新着記事

工事現場での「作業報告書タブレットシステム」をMicroSoft Accessで実現!?

工事現場での「作業報告書タブレットシステム」をMicroSoft Accessで実現!?

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

「2025年の崖」とは何か?2025年までに解決しなければならない課題

「2025年の崖」とは何か?2025年までに解決しなければならない課題

テレワークを応用し、開発作業をリモートでしてみませんか?

テレワークを応用し、開発作業をリモートでしてみませんか?

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)