システムクリエート株式会社

Blog Oracle

「2025年の崖」とは何か?2025年までに解決しなければならない課題

「2025年の崖」とは何か?2025年までに解決しなければならない課題

 
最近、WEBサイトからのお問合せで多いと感じているのが
「既存システムのリプレイス」に関するご相談です。
その理由を伺ってみると
・既存システムの限界(複雑化、老朽化、ブラックボックス化)
・既存システムが分かるIT人材の退職(社内/ITベンダー内)
・新技術の取り込みや連携がしづらい(新技術をうまく利活用できない)
等のお困りごとがあります。
 
 
「2025年の崖」とは
以前、以下ブログ記事
「2025年の崖!?「デジタルトランスフォーメーション」って何?」
でも紹介しましたが、2025年頃までに
以下のような問題が噴出すると予想されています。
 
・増加するデータを活用できず、デジタル競争で敗者となる
・技術的な負債を抱え、業務インフラの維持や継承が困難になる
・事故・災害・サイバーセキュリティによる
 システムトラブルやデータの損失・流出等のリスクが高まる
 
また、我々ベンダーも
ユーザ様に上記の課題や問題をお伝えし
解決の提案をしないでいると、
 
・技術的負債の保守や運用にリソースを割かれ、
 最先端のデジタル技術を担う人材を確保できない
・レガシーシステムのサポートに伴う
 人月商売の受託型業務から脱却できない
・クラウドベースのサービスの開発、提供という
 世界の主戦場に参入できない
 

等、ユーザ様もベンダーも
今後のビジネスにおいて非常に厳しい状態に
追いやられることが予想されます。
 
 
2020年からすでにスタートしている企業様
弊社のお客様の中にも、IT投資に積極的な企業様で
既に2025年以降を見据え、基幹システムのリプレイスに
着手されている意識の高いお客様もいら…

もっと読む

Roundでは丸く収まらないという話

 

数字を丸める・・

と言えば端数を「切捨て」「切上げ」「四捨五入」と
皆さんすぐに考えつくかと思います。
(業界によっては「五捨六入」なんてのもありますが・・・)

「切捨て」や「切上げ」はまあ、使用するツールや言語に
それぞれ対応する命令や関数が用意されているので特に問題もないと思います。

「え!?「四捨五入」なんかRound関数使えばいいじゃない?」

・・・と不勉強な私も少し前まではそう思っていました。

 

そのお客様では『有効数字3桁で丸めてください』と
印字サンプルをいただきました。

有効数字云々は置いておくとして、
サンプルで頂いた数字をEXCELに入力して
Round関数で検算してみたところ数字の合わないものが見つかりました。

単純な数値を例にすると・・・

 

計算結果
EXCEL
サンプル

1.5
2
2

2.5
3
2

3.5
4
4

4.5
5
4

5.5
6
6

 
といった状態になります。
(ちなみに2.51はどちらも3になります)

 

今回使用した販売パッケージでは

数値の丸めにパッケージで用意された関数を使用する事になっており
直接Round命令を記述しているわけではないのですが、
これまでも多数のお客様に導入していただき、何の問題も出ておりません。

丸めたい桁の次の桁を見て5未満なら切捨て
5以上なら切上げてくれますのでEXCELと同じ結果を返してきますし、
一般人が「四捨五入」と聞けばこちらをイメージする人の方が多いと思います。

開発自体はVB.net+Oracleなので
VB.n…

もっと読む

「SuperCOCKTAIL」×「Power BI」の連携について

私たちが取り扱っているパッケージソフト「SuperCOCKTAIL」を
導入されているお客様から聞こえてくる声があります。

それは、

「会議等で使用する資料(帳票)が数字のみで、今一つイメージが伝わりにくい。」

「ビジュアルで訴えかける資料をSuperCOCKTAILで作成できないか?」

 
この要望に対し、

「カスタマイズを行わない方法として、中間データへの出力を行い、
EXCEL のグラフ機能を使用してはどうでしょうか。
これであれば、無償で資料が作成できます。」

と説明すると、

「都度、EXCELでグラフを作成することを考えると、
だれが、いつ作成するのか。」

「一人の社員だけに負担をかけたくない。」

と言われてしまいます。

 
「確かに・・・。」

 
その後、ACCESSで作成することも考えましたが、
そのためにはACCESSを購入して頂かなければならず、
無償での対応ということにはなりません。

 

そこで、最近注目の「Power BI」での提案を考えてみました。

無償のツール(有償もあり)を使用し、
必要な資料を素早く作成することができます。

また、お客様への価格負担も軽減でき、
ゆくゆくはお客様が必要な資料を、自ら作成していただくこともできます。

サンプルとして、
担当者別商品別の売上状況を把握するための
売上データを基準にグラフを作成してみました。

 

作成の流れとしては、

①売上日の範囲を設定し、条件内のデータを集計。
→パラメータの設定で開始日付と終了日付を作成。

②担当者マスタと売上明細データを使用テーブルとして宣言。

③売上明細データからパラメータの範…

もっと読む

溶接金網及び鉄筋格子の製造販売/バーコードスキャナによる配車システム

溶接金網及び鉄筋格子の製造販売/バーコードスキャナによる配車システム

 

バーコードスキャナによる配車システム導入

業種

溶接金網及び鉄筋格子の製造販売

 
導入の背景と開発内容

鋼材の運搬に自社のトラックを複数台使用しており、
その配車業務を担当者が行っていましたが
配車情報の管理が担当者によってまちまちであることや
効率的な情報共有もできておらず、
配車情報の確認がスムーズに行えていなかった。
また、部分的に紙による管理も並行で行われていたため
配車情報を一括管理できていないという問題もありました。
そこで、現状の配車作業手順の簡略化と統一化をするために
「配車システム」の導入を提案しました。

 

システム導入の狙い

・「配車システム」の導入とそれに合わせた運用方法を確立することで、
配車情報管理の統一化をする。

・現状の「伝票の一部を拡大コピーし、車毎に印刷」するという作業を、
システムから効率的に必要な帳票を印刷できるようにする。

・配車に関する情報を共有、可視化し、
配車担当者以外(特に営業担当者)でも配車状況を把握できるようにする。

・配車表をシステムよりEXCEL出力できるようにし、
紙面のみでの管理をやめてデータの累積を行います。

 
主な機能

・受注履歴照会「受注伝票の変更履歴を確認する。」

・受注履歴照会(EXCEL)「受注履歴照会からEXCEL帳票を出力する。」

・配車一括登録「受注書等のバーコードをスキャナで読み込み、配車登録、配車表印刷を行う。」

・配車確認照会「”配車済”、”未配車”を確認する。結果のEXCEL出力が可能。」

・配車表印刷「配車済みの配車表を印刷する。」

・配車表(帳票)「配車一括登録等から呼び出される配車表。」

・備考…

もっと読む

NEW ARTICLE新着記事

工事現場での「作業報告書タブレットシステム」をMicroSoft Accessで実現!?

工事現場での「作業報告書タブレットシステム」をMicroSoft Accessで実現!?

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

「2025年の崖」とは何か?2025年までに解決しなければならない課題

「2025年の崖」とは何か?2025年までに解決しなければならない課題

テレワークを応用し、開発作業をリモートでしてみませんか?

テレワークを応用し、開発作業をリモートでしてみませんか?

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)