システムクリエート株式会社

Blog Microsoft Access

2025年に向けて!「マイグレーション」から始めてみませんか?

2025年に向けて!「マイグレーション」から始めてみませんか?

 
以前、当ブログでもお伝えしました
「2025年の崖!?「デジタルトランスフォーメーション」って何?」
の反響なのか、最近、「既存システムのマイグレーション」のお問合せを
多数頂くようになりました。
 
 

「マイグレーション」とは
「移動、移住、移転」を意味する英語の「migration」が語源で
IT分野では、ソフトウェアやハードウェア、システム、データ、開発言語等を
別のプラットフォームに移行したり、
新しいシステムに切り替えたりすることを意味します。

私たちのお客様事例の主なものとしては、
「VB6」から「VB.Net」への移行や「AccessやFileMakerのバージョンアップ」等が
昨年あたりから増えてきています。
 
実際のご相談内容はというと、
・「Accessのバージョンが古く(Access2000)、今後の保守・メンテを考えバージョンアップしたい。また、既存システムの使い勝手の悪い部分を一緒に改修してほしい。」(航空機等部品商社様)
・「VB6で開発したシステムを、VB.Netに焼き直したい。マイグレーションが完了したら
 追加機能の開発を引き続きやってほしい。働き方改革ということで、
 ペーパレス化、クラウド化等により様々なコストカットや業務フローの見直しに関する
 提案もしてほしい。また、基幹業務用のサーバも刷新したい。」(エアコン取付工事関連企業様)
・「当初は内製システムから、パッケージやカスタマイズ・ソフトの導入を考えたのですが
 やはり、スクラッチでのシステムの方が、使いやすく、微調整もしやすいので
 現行システムのマイグレーションから着手し、その後、機能の追加や拡張などをしていきたい。
 同時に、内製開発の様々なリスクも避けたい。」(二輪パ…

もっと読む

転んでもただでは起きてやらん!

 
昨年末から始まった新型コロナ騒動。
 
非常事態宣言も解除(まだ一部治まりきっていない地域もありますが)されましたし、
仕事も生活も徐々に落ち着きを見せてくれることでしょう。
 

弊社は(完全にとはいきませんでしたが)テレワークで
大体の業務が進められたので世間一般で言うところの「ステイ・ホーム」ではなかったため
コロナによるストレスはあまり感じなかったように思います。
個人的にはニートのスキルに1振っといて正解だったな・・・というところですか。
 
企業(業種)としての生き残り戦略と様々な発想の転換。
色々な事を見直す良い機会でもありました。
 

コロナ騒動の最中、個人的に目についた商品や企画としては以下のような感じです。
 
・Uber Eats(頼んだことはないので知識だけですが2016年頃からサービスは始まってるんですね?)
・バーや居酒屋を含む通常飲食店がお弁当や持ち帰りサービスを始めた事。
 (お弁当容器等を製造している会社は特需だったようです。)
・腕でドアノブを回すための取付金具。
・人の出入りをカウントして店内の客数を適正に保つための小型センサー(と制御するソフト)キット。
 
・・・等々
 

このまま商売として生き残っていくもの。
一過性で終わってしまうもの。
さらなる発展を遂げるもの。

いろいろな可能性を感じられるのではないでしょうか?
 
「必要は発明の母」
「災い転じて福となす」
「転んでもただでは起きない」
 
の精神で皆さん頑張りましょう!
 
 
今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
お問合わせは下…

もっと読む

あなたの会社は大丈夫?「労働人口減少」「働き方改革」の対策できてますか?

あなたの会社は大丈夫?「労働人口減少」「働き方改革」の対策できてますか?

 

労働力、時間、業務について考え直す

「労働人口減少対策」
「働き方改革推進」
「やりがいのある仕事」
「有給休暇取得義務化」・・・

やらなくてはいけない仕事は同じか、
または増えつつあるのに

働く人が少ない/集まらない、
働く時間が制限される、
働きやすい環境づくりをしなくてはならない。

企業としては今後、
さらに厳しい状況になっていくのではないでしょうか。

それでは、この状況にどう対処していけばよいのでしょうか?

 
そのためには、もう一度

「労働力」「時間」「業務」について根本的に見直し、
さらなる業務改善や業務改革を推し進めていく必要があるでしょう。

 

 
さらなるIT・システム化

システムの大小に関わらず、システム導入の目的は、

 
・生産性向上(短時間/少人数で成果:売上・利益をあげる)
・属人化排除(特定の人に頼らない仕組みづくり)
・労働環境改善(単純作業・ルーティンワーク解消)

だと思います。

 
そのためのアプローチとして、私たちは様々な提案が可能です。

 

・お客様の要望を実現する、手組(スクラッチ)によるシステム開発

・「パッケージソフト」を利用したカスタマイズ開発

・「ファイルメーカー」「4D」等、高速開発ツールを利用したアジャイル開発

・「Excel」や「Access」「ファイルメーカー」を利用した局所的/小規模システム開発

・業務兼任のシステム担当者をサポートする「内製化支援」

・RPA(ロボット労働者)を導入し、粒度の小さな複数システムをまたぐ単純作業の解消

・BIツールを導入し、経営層の経営判断を支援

&…

もっと読む

意外と盲点!?システム開発「スモールスタート」のメリット

意外と盲点!?システム開発「スモールスタート」のメリット

 

弊社のWEBサイトをリニューアルしてから
システム開発でお困りのお客様からのお問い合わせが激増し、
様々なお悩みをお聞かせ頂いております。

そのお問い合わせの中でも多いのが、
「既存システムの改修」や「業務の新規システム化」についてのご相談です。

私たちはお問合わせをいただくと、
営業とシステムエンジニアが一緒に
お客様先へ伺い、現地でヒアリングをし、
現状の把握、お客様の課題や要望を直接確認させて頂きます。
(もちろん初回訪問の際の費用はかかりません。)

 

また、商談中には別のシステム開発会社様の
お話を聞かせて頂くことも多々あります。

 

 
一般的なシステム開発会社の提案

・基本的な提案はシステムの「新規開発」で、既存のものは活かさない場合が多い。

・新規開発のため費用がかなり高い。また、お客様の希望に見合ったものが出来るとも限らない。

・システムを実装し、リリースしても、肝心の現場が使いこなせない場合もある。

・システムの稼働まで長期間を要し、それまでは問題が解消されない。

・何よりお客様がそこまで多くの機能を求めていない場合がある。
(特にパッケージ・ソフトの場合)

 

 
既存のシステムや資産を活かすスモールスタート

・今実際に使えるものがあるなら、それを最大限に利活用する。

・必ずしも全てを最初から作り変える必要は無いため、低コスト、低リスク、短納期を実現できる。

・既存のシステムに手を入れたり、機能を拡張することでより使い易くする。

・これらにより大きな変化を抑え、現場が混乱する事なく業務を続行できる。

 

 
スモールスタートのメ…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)