システムクリエート株式会社

Blog iPad

「ノーコード・ローコード開発」でDXが加速する!

「ノーコード・ローコード開発」でDXが加速する!

 
今後、さらに求められるノーコード・ローコード開発

ノーコード、ローコード開発とは、
プログラム開発言語でのコーディングを
ほとんどすることなくアプリケーションを開発することです。
 

ここ最近「ノーコード・ローコード」という
ことばがよく聞かれるようになってきましたが、
なぜ今「ノーコード・ローコード」が注目されているのか?
 

それは、日本の企業やIT業界がかかえている課題と
DX(デジタルトランスフォーメーション)を
加速させる大きな可能性を秘めているからです。
 
(*)ミック経済研究所
『DX実現に向けたローコードプラットフォームソリューション市場の現状と展望 2020年度版』
(https://mic-r.co.jp/mr/01830/)より
 
 
日本企業の大きなIT課題
以前、当ブログ記事でも少し触れましたが
総務省によるレポートでは、
現在、多くの企業がDXの推進を阻む課題を抱えており
それを放置すれば 2025年以降、最大12 兆円/年(現在の約 3 倍)の
経済損失の可能性があると言われています。
 

いわゆる「2025年の崖」と言われるものです。
 
その課題はというと・・
 

・レガシーシステムの問題:
既存のレガシーシステムのブラックボックス化により
データ活用し切れないだけでなく、システムの改修が困難で
その保守にも多額の費用がかかるため
新しい技術やシステムに投資することが難しい。
 
・IT人材不足の問題:
2015年では約17万人だったIT人材不足が、
2025年には、43万人まで増加する見込み。
 
・ユーザとベンダーの関係性…

もっと読む

病院の待合室で・・・

 
新型コロナウィルスが世間を騒がせています。
 

院内感染が騒がれる中、誰が陽性で陰性なのか。
このような状況下で、業務に携わる医療従事者の方々には頭が下がります。
 
別の病気で受診している患者も、診察の順番を待つ間、不安だと思います。
「順番が来るまで別の場所で待機したい」と思うのは私だけでしょうか。
 

診察までの順番が携帯端末等で「見える化」できればとも思います。

そうすれば、混雑した待合室で不安に思いながら
待つことも無いのではないでしょうか。
ただ、携帯端末等を所持していない方のために、代替方法があればとも思います。
 

そこで思いついたのが、
フードコート等で使用されている「呼び出しベル」システムです。
 
「呼び出しベル」はアラームが鳴るものしか知りませんが、これを改良し、
「外待合室」→約20分→「中待合室」→約20分→「診察室」と順番と次までの
時間がおおよそでもわかれば、患者の不安も少しは解消できるのではないでしょうか。
 

しかし、問題となるのはコストです。
10台以上の専用端末が必要になり、かつ、システムを構築する必要があります。
これだけのものになると、導入できない病院もあります。
 
簡素化した内容で、「中待合室」でアラームを鳴らし、診察時に名前を呼ぶことで
コストが削減できるのではないかと。
 
フードコートで使用されているシステムが安価であれば、
それを活用すればとも考えます。
 

みんなが安心できるようになればと考えます。
 
 
今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
お問合わせは下記のフォー…

もっと読む

リハビリデイサービス特化型「セミオーダー・パッケージ」で あなたの日常業務をもっとラクにしませんか?

リハビリデイサービス特化型「セミオーダー・パッケージ」で あなたの日常業務をもっとラクにしませんか?

 

まだ“手書き”や“二重入力”を我慢して続けるんですか?

今では殆どの「リハビリデイサービス様」にはシステム(レセコン)が入っています。
ですが、現場のスタッフの業務は本当に効率化されているのでしょうか?

・毎日のバイタルデータの“手書き”やレセコンへの“二重入力”が非効率・・

・日々の利用者様の“スケジュール”及び“機能訓練プログラム”の作成が大変・・

・毎月の“報告書”の作成に苦労している・・

・・等々、現場ではまだまだスタッフの方々が苦労しているのが現状の様です。

 

 

「タブレット」×「FileMaker」で現場のお悩みを解決!!

 

日々のデータは”タブレット”から一発入力でOK!

①タブレットとデータベースソフトとの連携で、
“手書き”や“二重入力”は不要になります。

②利用者様に関する情報も簡単に検索できます。
(紙のファイルをめくって探さなくてもいい!)

③また「音声入力」機能も使用できるため、
タッチパネル操作の苦手なスタッフの方も音声での入力が可能になります。
(インターネットにつながった環境が必要です。)

 

 

スケジュール作成・表示機能でラクラク作成!

 

①週単位で利用者様の割り当てを予め準備し表示できます。

 

②さらに「ある曜日の午前/午後」と選択すると該当画面に切り替わり、
機能訓練プログラムを作成することができます。

③その場合もキーボード入力ではなく、
プルダウンからの選択やボタン一つでの一括入力ができるよう工夫されています。

④また、大型ディスプレイにつなぎ表示させることで…

もっと読む

ファイルメーカー内製化支援「リハビリデイサービス」その③

ファイルメーカー内製化支援「リハビリデイサービス」その③

 

以前、当ブログでも紹介しました
”ファイルメーカーによる内製化支援「リハビリデイサービス」②”の続きになります。
今後も、本プロジェクト「ファイルメーカーによる内製化支援」の
進捗や更新情報がありましたら、情報発信していく予定でいます。

 

 
プロトタイプα版をブラッシュアップ⇒β版へ

 
2017年の12月中旬にお客様先に訪問し、ご要望をヒアリングして
システムの概要や大まかな画面レイアウトを把握して
1カ月弱で、ボトルネックの機能(サービス提供記録入力)の
プロトタイプ(α版)を作成し、リリースしました。

今回はそのプロトタイプα版のブラッシュアップをしました。
ユーザ様からの指摘事項の反映や、新たな機能追加をしました。

 

スケジュール作成・表示機能

 
”手書き入力”や”二重入力”に次いで時間を割かれる作業として
「日々の利用者様のスケジュール及び機能訓練プログラムの作成」がありました。
現状は、ホワイトボードを利用し磁石のついたパネルに
利用者様の名前を書いたもの、機能訓練名を書いたものを準備し
スタッフの方々が考えながらパネルをホワイトボードの上に
貼っていくという作業を毎日1~2時間かけて行っていました。

⇒今回追加した新機能は、週単位で利用者様の割り当てを予め準備し表示できます。
さらに「ある曜日の午前/午後」と選択すると該当画面に切り替わり
機能訓練プログラムを作成することができます。
その場合もキーボード入力ではなく、プルダウンからの選択や
ボタン一つでの一括入力ができるよう工夫されています。

また、大型ディスプレイにつなぎ表示させることで
ホワイトボードを使用しなくても、スタッフ全員で

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)