システムクリエート株式会社

Blog 4D

堂々巡り!?・・でも最適なご提案を致します!

堂々巡り!?・・でも最適なご提案を致します!

 

何処の業界、いつの時代にも流行り、廃れはありますが、
システムの世界も堂々巡りをしております。

 
1990年代

私が新人だった約30年前の1990年代は、
この業界には「○○○計算センター」と名の付く会社名が沢山存在しました。

この計算センターなる社名の会社には
”パンチャー”という職種の女性社員がほとんどで、
日々契約している会社様の手書伝票をデータとして
入力するという作業を生業としていました。

また、同時期には”アウトソーシング”というキーワードが流行りで、
システムサポート会社に設置されているコンピュータ(スパコンや汎用機)を
契約で使用して、お客様先にはオンライン端末を設置し、業務を行っていました。

表現を変えると、
このころはコンピュータが高額だったため
1台の大型コンピュータを何社かのお客様で
時間割単価で使用していたといったところでしょうか。

このころのホストコンピュータは数千万円~数億円といった感じでした。

 

2000年代

時代が進み2000年代、
コンピュータの価格も低価格になってくると
今度はコンピュータを自社で購入し独占したいとの心理が働き、
情報システム室なんて部署が流行りました。

設置するためのコンピュータ室も作られ、
ホストコンピュータが高温になるのを防ぐために
エアコンが365日稼働している状態です。

 
2000年代後半

2000年代の後半になってくると、
沢山のお客様で社員一人にパソコン一台環境が実現された感覚です。

このころは、ホストコンピュータ又はPCサーバが
数百万円~数千万円といった感じです。

 
ここ4、5年はいわゆるクラウド!
多少表現が強…

もっと読む

FileMaker既存基幹システムのカスタマイズ事例①

大型車両整備企業様

 
お客様の課題と要望

弊社のWEBサイトからお問合わせ頂き、
以下の様なお悩みをかかえていらっしゃいました。

「当初は個人の開発者の方にFileMakerで基幹システムを構築してもらったが
改善したい部分が出てきたので、FileMakerの開発会社様2社に相談をしたが、
対応やコストに対して満足いくものではなく、別のシステム会社を探していた・・」

 
早速、訪問し現場を確認しながらヒアリングしてみると・・

 
・「既存のFileMaker基幹システムをカスタマイズして使いやすくしてほしい。」

・「二拠点間(オフィスと工場側事務所)のシステムの共有をしたい。」

・「開発費用をできる限り抑えたい。」

という要望があることが分かりました。

 

私たちからの提案

・現状のシステムをカスタマイズし開発費用を低減する。

当初は一からの作り直しを提案したのですが、
工数が想定以上にかかることがボトルネックとなることや
現在のUIや動きが気に入っているということでしたので、
既存システムの改修を提案しました。

・二拠点間の共有には「リモートデスクトップアクセス」を利活用することで
少し手間はかかるが、そこは運用でカバーし月々の費用を削減する。

本来であれば、VPNを組むか、それと同等のサービスを利用するのでしょうが
お客様の「コストを抑えたい・・」という要望を最優先に考え、
代替案として提案しました。

 

また、既存のファイルメーカーのファイルを解析してみると
別の大きな問題があることが分かりました。

・プログラムとデータが一つのファイルに入っており、
プログラムのメンテナンスが非常にやりづ…

もっと読む

「既存システム」×「タブレット」で業務を効率化!!

「既存システム」×「タブレット」で業務を効率化!!

染色整理加工業

 
検査実績管理システムとのタブレット連携

弊社の創立は1980年4月で、
創立当初は”オフィスコンピュータ”のシステム開発が中心でした。

40年近く経った今でも、
オフィスコンピュータをお使い頂いているお客様があります。

 

 
クライアント・サーバ型システムに移行できない理由

①ソフトウェアの開発費が膨大になり、予算の捻出が難しい
②業務内容に変化がないので、ソフトウェアを変更する必要がない
③当時の担当者がいないので、詳細な仕様が把握できていない
④過去データの移行が困難である

等、様々です。

 
そうした中で、
「既存のシステムを生かしつつ、
タブレット等を使ってお客様からのお問合せにスムーズに対応することはできないか?」
というご依頼がありました。

たまたま、私どもの代表者がある交流会で知り合った企業の方に
タブレットを使った”検査実績管理システム”を紹介して頂きました。

「これは、あの企業様にご提案できるのでは・・・」と思いました。

 

 
私たちからの提案

①オフコンから加工する反番のデータをタブレットに送る
②検査を行う加工伝票のバーコードを読み取る
③加工する反番の巾、長さのスケールを表示する
④画面上に糸切れ、針キズ等の不良個所の登録をする
⑤台車単位で検査が終わった反物の登録をする
⑥検査が終わったデータをオフコンに返し、基幹システムの出庫処理につなげる
⑦管理者は得意先、品番、検査日等で検査内容の確認ができる

 
今までは得意先からの問合せがある度に、
膨大な伝票から該当する反番を探すのに苦労していました。

 
このように既…

もっと読む

「エフェクチュエーション」でイノベーションを創造する!?

「エフェクチュエーション」でイノベーションを創造する!?

 

エフェクチュエーションとは

みなさんは「Effectuation(エフェクチュエーション)」という言葉を聞いたことがありますか?

”これはバージニア大学ダーデン経営大学院の
Saras Sarasvathy教授が唱えている理論で、
27人の創業者へのインタビューから
その成功に関わる行動パターンを導き出して理論化した
「起業家的な問題解決アプローチ」のことである。”

 

 
”目標設定型アプローチ”の限界

何かものごとを進めていくとき、
はじめにゴールを設定し、そのゴールを達成する手段を検討していく
というアプローチが一般的です。
企業においても、事業計画等を作成する際に
まずは売上の達成目標を定めて、その実現方法を検討していく
というようなやり方が多く使われています。

Sarasvathy教授によると
このようなアプローチは「Causation(コーゼーション)」とよんでおり、
ある程度、未来が予測できる場合においては有効だが
「不確実で未来が予測できない」場合においては通用しないと言っています。

 

 
起業家が取る問題解決アプローチとは

一方、不確実な状況の中で新たなビジネスを創造していく
起業家はどのような考え方をしているのか?

Sarasvathy教授は起業家に共通して見られる問題解決アプローチを
「Effectuation」とよんでおり、
こちらは最初にゴールを設定するのではなく、
「今ある手段から新しい可能性を創造していくアプローチ」と説明しています。

不確実な世界においてはCausation(コーゼーション)のような
因果的推論アプローチは機能しないので、
あえてゴールは設定せず、今ある手段を利…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)