システムクリエート株式会社

Blog データベース

「エフェクチュエーション」でイノベーションを創造する!?

「エフェクチュエーション」でイノベーションを創造する!?

 

エフェクチュエーションとは

みなさんは「Effectuation(エフェクチュエーション)」という言葉を聞いたことがありますか?

”これはバージニア大学ダーデン経営大学院の
Saras Sarasvathy教授が唱えている理論で、
27人の創業者へのインタビューから
その成功に関わる行動パターンを導き出して理論化した
「起業家的な問題解決アプローチ」のことである。”

 

 
”目標設定型アプローチ”の限界

何かものごとを進めていくとき、
はじめにゴールを設定し、そのゴールを達成する手段を検討していく
というアプローチが一般的です。
企業においても、事業計画等を作成する際に
まずは売上の達成目標を定めて、その実現方法を検討していく
というようなやり方が多く使われています。

Sarasvathy教授によると
このようなアプローチは「Causation(コーゼーション)」とよんでおり、
ある程度、未来が予測できる場合においては有効だが
「不確実で未来が予測できない」場合においては通用しないと言っています。

 

 
起業家が取る問題解決アプローチとは

一方、不確実な状況の中で新たなビジネスを創造していく
起業家はどのような考え方をしているのか?

Sarasvathy教授は起業家に共通して見られる問題解決アプローチを
「Effectuation」とよんでおり、
こちらは最初にゴールを設定するのではなく、
「今ある手段から新しい可能性を創造していくアプローチ」と説明しています。

不確実な世界においてはCausation(コーゼーション)のような
因果的推論アプローチは機能しないので、
あえてゴールは設定せず、今ある手段を利…

もっと読む

ファイルメーカー内製化支援「リハビリデイサービス」その③

ファイルメーカー内製化支援「リハビリデイサービス」その③

 

以前、当ブログでも紹介しました
”ファイルメーカーによる内製化支援「リハビリデイサービス」②”の続きになります。
今後も、本プロジェクト「ファイルメーカーによる内製化支援」の
進捗や更新情報がありましたら、情報発信していく予定でいます。

 

 
プロトタイプα版をブラッシュアップ⇒β版へ

 
2017年の12月中旬にお客様先に訪問し、ご要望をヒアリングして
システムの概要や大まかな画面レイアウトを把握して
1カ月弱で、ボトルネックの機能(サービス提供記録入力)の
プロトタイプ(α版)を作成し、リリースしました。

今回はそのプロトタイプα版のブラッシュアップをしました。
ユーザ様からの指摘事項の反映や、新たな機能追加をしました。

 

スケジュール作成・表示機能

 
”手書き入力”や”二重入力”に次いで時間を割かれる作業として
「日々の利用者様のスケジュール及び機能訓練プログラムの作成」がありました。
現状は、ホワイトボードを利用し磁石のついたパネルに
利用者様の名前を書いたもの、機能訓練名を書いたものを準備し
スタッフの方々が考えながらパネルをホワイトボードの上に
貼っていくという作業を毎日1~2時間かけて行っていました。

⇒今回追加した新機能は、週単位で利用者様の割り当てを予め準備し表示できます。
さらに「ある曜日の午前/午後」と選択すると該当画面に切り替わり
機能訓練プログラムを作成することができます。
その場合もキーボード入力ではなく、プルダウンからの選択や
ボタン一つでの一括入力ができるよう工夫されています。

また、大型ディスプレイにつなぎ表示させることで
ホワイトボードを使用しなくても、スタッフ全員で

もっと読む

高速開発ツール「FileMaker」と「4D」を比較してみた!

高速開発ツール「FileMaker」と「4D」を比較してみた!

 

前回、「4th Dimension(4D)」の記事を書いたところ

「もう少し詳しく知りたい」「4Dでどんな開発ができるのか?」
「4DとFileMakerは何が違うの?」

などのご意見をいただきましたので、今回は、4DとFileMakerを比較し
そのメリットとデメリットを簡単に紹介したいと思います。

 

 
今までのシステム開発との違い

4DもFileMakerも「高速開発(RAD)ツール」であるため、短期間でシステム開発ができ、「工数の削減」が期待できます。
また、「高速開発」が可能なので「※アジャイル」的な開発手法に向いています。

※”アジャイルソフトウェア開発 (agile software development) は、
ソフトウェア工学において迅速かつ適応的に
ソフトウェア開発を行う軽量な開発手法群の総称である。”

【Wikipedia アジャイルソフトウェア開発】

 

 
FileMakerのメリット

・初心者にたいして敷居が低く、簡単に綺麗なUIのデータベース・システムが作れる。
・iPad、iPhoneなどスマートデバイスへの展開が簡単。(ワンコード・マルチデバイス:他の技術や他言語によるコーディングが不要であり、PC以外のデバイスにも容易に展開できる。)
・「情報共有型」のソリューションを始め、小~中規模のシステム開発に最適である。

 
FileMakerのデメリット

・プログラミングベースでの細かいデータ操作に弱い面がある。
・データベースのポテンシャルが、「SQLサーバ」や「Oracle」ほどではない。
・大規模な「ウォーターフォール型」開発では、利点を発揮しにくい。

 …

もっと読む

「4D」でのシステム開発は、お客様メリットが大きい!!

「4D」でのシステム開発は、お客様メリットが大きい!!

 

みなさんは「4D」って知ってますか?

 
「4D?」、、、「4th Dimension?」「4次元・・??」「え、何のこと?!」

実は「4D」というのは、
システム開発する際の「統合開発運用環境」のことです。

 
“4th Dimension(4D)とは・・

動作プラットフォームとして、
「macOS」および「Windows」をサポートする
珍しいリレーショナル・データベース総合開発環境。

独自のプログラミング言語を使用するのは難点であるが、
データベース操作のためのコマンドを豊富に有し
フォームエディタ(画面作成)ツールでは、
直接データベースのフィールドを配置することが可能であり、
データベース・アプリケーション作成に特化した作りが特徴。
現在のバージョンはv16。”

【Wikipediaより】
https://ja.wikipedia.org/wiki/4th_Dimension

【4d Japan公式Webサイト】
http://www.4d.com/jp/

 
「4th Dimension (以下4D)」は、
フランスに本社があり、日本でのシェアは、まだそんなに大きくはありません。
(「マイクロソフトAccess」や「FileMaker」の方が有名です・・)

では、どのような開発ソフトかというと、

・「Access」や「FileMaker」のように手軽に開発できる

・データベースとしては「MS SQL Server」と同等レベル

・システム規模が大きくなっても「4D」のまま使える(「Access+SQL Server」のような移行が不要)

・独自の「4D言語」でプログラミング(開発効率の良い言語)

&n…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)