システムクリエート株式会社

Blog タブレット

WEBサイトで新規顧客を獲得できる!?

WEBサイトで新規顧客を獲得できる!?

 

WEBサイト”リニューアル”の効果

私たちは2017年1月より弊社WEBサイトをリニューアルし、
現在まで運営をしています。

WEBサイトリニューアルの目的は、
「ITに課題を持つお客様を直接支援し、ベネフィットを提供するため」です。
2018年の8月でリニューアルからちょうど20カ月になります。

 

お問合わせ数が想像以上に!

2018年8月時点で、
お問合わせ頂いた総数が190件。

その内、プッシュ(営業)等が124件、
プル(引き合い)が66件になりました。
既に受注した物件が9件、
現在商談中の案件が14件になります。

新規見込み顧客様からのお問合わせに関していえば、
1カ月に平均、3~4社の新規様から引き合いを
頂いていることになります。
(もし私が1カ月間BtoBのシステム開発の”飛び込み営業”しても、
1件も新規様からの引き合いは取れないと思います・・)

これらの数字は、私たちが当初見込んでいた
予想をはるかに上回るものでした。

 
WEBサイト活用のメリット

①新規顧客様の開拓
マーケティングや営業に関しては、
今までとは全く違ったアプローチや展開が可能です。
WEBサイトを上手に使いこなせば、
24時間、1年365日、世界中に対し
私たちの商品やサービスを宣伝してくれる
優秀な営業マンを得たのと同じです。

②既存顧客様の深耕
例えば、ブログを更新したりニュースや新着情報がある場合は
メールにURLを添付し案内したりしています。
それによって既存のお客様のフォローや、訪問のきっかけづくりもできます。

③ビジネス・パートナー様との接点
お互いを補完しあえるビジネス・パートナー様と出会い、
案件のシェアや…

もっと読む

「既存システム」×「タブレット」で業務を効率化!!

「既存システム」×「タブレット」で業務を効率化!!

染色整理加工業

 
検査実績管理システムとのタブレット連携

弊社の創立は1980年4月で、
創立当初は”オフィスコンピュータ”のシステム開発が中心でした。

40年近く経った今でも、
オフィスコンピュータをお使い頂いているお客様があります。

 

 
クライアント・サーバ型システムに移行できない理由

①ソフトウェアの開発費が膨大になり、予算の捻出が難しい
②業務内容に変化がないので、ソフトウェアを変更する必要がない
③当時の担当者がいないので、詳細な仕様が把握できていない
④過去データの移行が困難である

等、様々です。

 
そうした中で、
「既存のシステムを生かしつつ、
タブレット等を使ってお客様からのお問合せにスムーズに対応することはできないか?」
というご依頼がありました。

たまたま、私どもの代表者がある交流会で知り合った企業の方に
タブレットを使った”検査実績管理システム”を紹介して頂きました。

「これは、あの企業様にご提案できるのでは・・・」と思いました。

 

 
私たちからの提案

①オフコンから加工する反番のデータをタブレットに送る
②検査を行う加工伝票のバーコードを読み取る
③加工する反番の巾、長さのスケールを表示する
④画面上に糸切れ、針キズ等の不良個所の登録をする
⑤台車単位で検査が終わった反物の登録をする
⑥検査が終わったデータをオフコンに返し、基幹システムの出庫処理につなげる
⑦管理者は得意先、品番、検査日等で検査内容の確認ができる

 
今までは得意先からの問合せがある度に、
膨大な伝票から該当する反番を探すのに苦労していました。

 
このように既…

もっと読む

ファイルメーカー内製化支援「リハビリデイサービス」その③

ファイルメーカー内製化支援「リハビリデイサービス」その③

 

以前、当ブログでも紹介しました
”ファイルメーカーによる内製化支援「リハビリデイサービス」②”の続きになります。
今後も、本プロジェクト「ファイルメーカーによる内製化支援」の
進捗や更新情報がありましたら、情報発信していく予定でいます。

 

 
プロトタイプα版をブラッシュアップ⇒β版へ

 
2017年の12月中旬にお客様先に訪問し、ご要望をヒアリングして
システムの概要や大まかな画面レイアウトを把握して
1カ月弱で、ボトルネックの機能(サービス提供記録入力)の
プロトタイプ(α版)を作成し、リリースしました。

今回はそのプロトタイプα版のブラッシュアップをしました。
ユーザ様からの指摘事項の反映や、新たな機能追加をしました。

 

スケジュール作成・表示機能

 
”手書き入力”や”二重入力”に次いで時間を割かれる作業として
「日々の利用者様のスケジュール及び機能訓練プログラムの作成」がありました。
現状は、ホワイトボードを利用し磁石のついたパネルに
利用者様の名前を書いたもの、機能訓練名を書いたものを準備し
スタッフの方々が考えながらパネルをホワイトボードの上に
貼っていくという作業を毎日1~2時間かけて行っていました。

⇒今回追加した新機能は、週単位で利用者様の割り当てを予め準備し表示できます。
さらに「ある曜日の午前/午後」と選択すると該当画面に切り替わり
機能訓練プログラムを作成することができます。
その場合もキーボード入力ではなく、プルダウンからの選択や
ボタン一つでの一括入力ができるよう工夫されています。

また、大型ディスプレイにつなぎ表示させることで
ホワイトボードを使用しなくても、スタッフ全員で

もっと読む

高速開発ツール「FileMaker」と「4D」を比較してみた!

高速開発ツール「FileMaker」と「4D」を比較してみた!

 

前回、「4th Dimension(4D)」の記事を書いたところ

「もう少し詳しく知りたい」「4Dでどんな開発ができるのか?」
「4DとFileMakerは何が違うの?」

などのご意見をいただきましたので、今回は、4DとFileMakerを比較し
そのメリットとデメリットを簡単に紹介したいと思います。

 

 
今までのシステム開発との違い

4DもFileMakerも「高速開発(RAD)ツール」であるため、短期間でシステム開発ができ、「工数の削減」が期待できます。
また、「高速開発」が可能なので「※アジャイル」的な開発手法に向いています。

※”アジャイルソフトウェア開発 (agile software development) は、
ソフトウェア工学において迅速かつ適応的に
ソフトウェア開発を行う軽量な開発手法群の総称である。”

【Wikipedia アジャイルソフトウェア開発】

 

 
FileMakerのメリット

・初心者にたいして敷居が低く、簡単に綺麗なUIのデータベース・システムが作れる。
・iPad、iPhoneなどスマートデバイスへの展開が簡単。(ワンコード・マルチデバイス:他の技術や他言語によるコーディングが不要であり、PC以外のデバイスにも容易に展開できる。)
・「情報共有型」のソリューションを始め、小~中規模のシステム開発に最適である。

 
FileMakerのデメリット

・プログラミングベースでの細かいデータ操作に弱い面がある。
・データベースのポテンシャルが、「SQLサーバ」や「Oracle」ほどではない。
・大規模な「ウォーターフォール型」開発では、利点を発揮しにくい。

 …

もっと読む

12345...

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)