システムクリエート株式会社

Blog タブレット

工事現場での「作業報告書タブレットシステム」をMicroSoft Accessで実現!?

工事現場での「作業報告書タブレットシステム」をMicroSoft Accessで実現!?

 
名古屋にある設備工事の企業様より、
基幹システムの再構築のご依頼を頂いたなかに
工事の現場の働き方改革、ペーパーレス化ということで
タブレットを利活用した提案をしてほしいというご依頼を頂きました。
 
 
現状と具体的な解決策
現状の業務の流れはというと、
 
・事務所で当日の作業報告書を印刷し、
 その紙を持って現場に行き、工事をします。
・工事が終わると、作業報告書のチェック項目に従って
 報告内容を記載していきます。
・最後に作業報告書にお客様からサイン(印)をもらい、
 控えをお客様に渡し、事務所へ戻ります。
・事務所で報告書の内容をシステムに手入力する。
 
この現状を改善したいということで
お客様との会話の中から出てきた解決策が、
 

・基幹システムからタブレットにデータを取り込み、
 タブレットを現場に持っていく。
・工事後は、タブレットに直接データを入力し
 お客様にその内容をご確認頂き、手書きのサインを頂く。
・その後、タブレット内の報告書をPDFファイルにし
 タブレットシステムのメール送信機能を使って
 PDFファイルをお客様と事務所に送付する。
 
・作業員の方々は事務所に戻らず、直帰する。
 

という内容をシステムで実現してほしいということでした。
 
 
Accessによる「作業報告書タブレットシステム」
上記を受けて、私たちが提案したのが
Accessで作業報告書タブレットシステムを
スクラッチで開発することでした。
今回のお客様に対してのメリットとして、
 

・スクラッチ開発なので、お客様のご要望に細やかに対応できる。
・Accessなので、クラウ…

もっと読む

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

 
以前、当ブログ記事でも紹介しました
「データベースの中にExcel!?4Dの新機能が地味にスゴい!」
の関連記事となります。
 

名古屋の某金属加工業様からのご相談
ご相談頂きました企業様は、金属加工を生業とされており
特に、
・製缶溶接
・板金溶接
・ロウ付け
・機械加工
・塗装
に関しまして、高い技術力をお持ちの企業様です。
 

少数精鋭の技術者、小規模ながらも設備も充実しており、
溶接機、汎用旋盤、ボール盤、ラジアルボール盤、汎用フライス盤、
シャーリング、ブレーキプレス、セットプレス、コーナーシャー、
五点切り、ハンドソー、塗装設備
等を駆使して、製品を作成していきます。
 
製品の一例をご紹介しますと、
・大型架台
・飲食店向け回転鍋
・汚水処理用大型タンク
・スライド機構付き製品棚
・アルミ枠再生機
・塩カリ散布機
・銅製棚受け(ロウ付け品)

等があり、楽天に自社店舗を出店し受注も開始しました。
 
 
既存システムのお悩み
当初は、「販売管理パッケージソフト」と「Excel」を使用し
業務を管理していたのですが、
二重入力、二重管理などの無駄をなくしたいという課題や
さらなる業務の効率化を目指し
「データベースソフトでのシステムの一元化」を希望されていました。
また、予算と納期も限られていたこともあったので
効率よく開発でき、尚且つリーズナブルなデータベース・ソフトの
「4D」でのスクラッチ・システムをアジャイルで開発する提案をしました。

主な機能としては、
・見積処理
・受注処理
・指示書発行処理
・請求処理
・図面管理+タブレット
で、4Dのデータベースサーバに5台のパソコンがクライア…

もっと読む

人工知能(AI)で業務効率化

 

メディアで「AI」の文字を見ない日はないほど、
ブームになっているAIですが、
『そもそもAIで業務効率化なんて出来るの?』、
『AIを使えば業務効率化が出来ると聞くけど、どんな事例があるの?』と
思っている方も多いと思います。

今回は、AIで具体的にどうような事が出来るのかを紹介します。

 

 
事務の業務をサポート

商品を販売したり仕入れたり、業者に発注したり
といったさまざまな取引が発生しますが、
その中で発行された書類等を業務システムに入力し直す際に、
形式が異なる書類を自社システムの項目に合わせて入力するのは
事務の業務の中でも大変な作業です。

書類を読み取ってデータ化するOCR※というシステムはありましたが、
今までのOCRであれば「ここに社名、ここに住所、ここに金額」といった具合に
読み取ったデータを登録する項目を指定する必要があったので、
同じフォーマットの書類でないと処理出来ませんでした。

AIが搭載されたシステムであれば、
否定型でも項目名をAIが判断して
データ化して登録出来るようになります。

AIなので1度間違えたところは学習させれば次からは間違えないので、
回数を重ねて学習することで精度の高いデータになっていきます。

AIが搭載されたシステムを導入すれば、
読み取り後の確認作業を行うだけで済むので
システム入力の作業負荷が大幅に軽減されます。

 
※OCR(Optical Character Recognition/Reader、オーシーアール、光学的文字認識)とは
手書きや印刷された文字を、イメージスキャナやデジタルカメラによって読み取り、
コンピュータが利用できるデジタルの文字コードに変換する技術。

もっと読む

技術の進歩によって生まれる仕事、なくなる仕事

技術の進歩によって生まれる仕事、なくなる仕事

近年、技術の進歩により人間の仕事が機械に置き換えられているものがあります。
例えば、駅の自動改札機。自動改札機が導入される前は駅員さんが改札口に立って乗客ひとりひとりの定期券を確認したり、切符を確認してハサミのような道具で切符に切れ込みを入れたりしていました。

自動改札機が導入された今では改札口に駅員さんが立つ事はほぼなくなりました。
若い世代の方は自動改札機が導入される前、どのように定期券の確認や切符が処理されていたのか知らない人も多いのではないでしょうか?

自動改札機の導入で、SuicaやICCOCA等の電子乗車券(ICカード)が普及してきました。電子乗車券を機械にかざせば、改札を通り抜ける事もできますし、自動販売機でジュースも購入できます。それにコンビニやスーパー、家電量販店で商品を購入できるようになりました。

最近では、おサイフケータイ機能が搭載されているスマホを改札機にかざせば、改札を通り抜けて電車に乗車することもできます。

このように電子乗車券を処理するプログラムやスマートフォンアプリ開発の仕事は自動改札機が導入されて生まれてきた仕事です。これは技術の進歩により人間の仕事が機械に置き換えられましたが、新たな仕事が生まれた一例です。

 

弊社のお客様で商品の入荷検品業務でお困りになっているお客様がおられました。

当時そのお客様は商品を入荷する時、商品をひとつひとつ数えて仕入先の伝票と数量が一致しているか、発注している数量と差異がないかを確認していたので、入荷検品に多くの人と時間がかかっており、且つ数え間違いもあり非常に効率の悪い作業となっておりました。

そこで弊社は持ち運びのし易いタブレットにお客様の入荷検品システムが稼働できるようにシステム変更しました。またタブレットとタッチスキャナをBluetoot…

もっと読む

NEW ARTICLE新着記事

工事現場での「作業報告書タブレットシステム」をMicroSoft Accessで実現!?

工事現場での「作業報告書タブレットシステム」をMicroSoft Accessで実現!?

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

「2025年の崖」とは何か?2025年までに解決しなければならない課題

「2025年の崖」とは何か?2025年までに解決しなければならない課題

テレワークを応用し、開発作業をリモートでしてみませんか?

テレワークを応用し、開発作業をリモートでしてみませんか?

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)