システムクリエート株式会社

Blog ユーザー事例

今のシステムで社員が本当にラクできていますか?

今のシステムで社員が本当にラクできていますか?

注文データのリアルタイム受付

導入背景と提案

弊社のお客様でECサイトを運営されているお客様がおられます。

当時、こちらのお客様は
ECサイトからの注文データを基幹システムに投入するのに、
商品在庫の引当処理や顧客情報の更新作業を手作業で行っており、
基幹システムに注文データを更新する作業に大変時間がかかっていました。

特に繁忙期や連休明けは
溜まった注文データを基幹システムに投入するのに
1時間近くかかることもありました。

そこで当社は、
人が手作業で行っているECサイトからの注文データの更新処理を
”プログラムがリアルタイムで処理できる”ようにシステムの提案をしました。

まず、ECサイトからの注文データを中間データにセットします。
その中間データをプログラムが常に監視し、
注文データが中間データにセットされたら、
基幹システムに取り込むというシステムを開発しました。

このシステムを導入して頂く事により
ECサイトからの注文データの更新処理が
プログラムで自動的に行うようになり、
注文された時間に関係なく
プログラムが自動的にデータを取り込みますので、
ECサイトからの注文データを
リアルタイムに基幹システムに更新する事ができるようになりました。

 
導入効果とまとめ

ECサイトからの注文データを
基幹システムに手作業で更新する事がなくなり、
特に繁忙期や連休明けの業務がとてもスムーズになりました。

その結果、管理者が連休明けに人を増員する必要がなくなり
人件費のコストダウンが実現しました。

 
企業としては、基幹システムは既に入ってはいるものの
現場やオペレーターレベルの業務や、
システム間のデータ連携に関しては、
まだまだ改善できる部分…

もっと読む

「今のシステム、もっと使いやすくしてほしいな~」

「今のシステム、もっと使いやすくしてほしいな~」

システムの見直しと簡略化

業務システムの複雑化

 
過去に業務のシステム化をされた企業様の中には
業務の効率は上がったが、
年々システムのバージョンアップを繰り返すうちに
入力の手間や誤入力の増加、
特定の人しか入力方法が分からないといった
システムの属人化問題が発生している
という話を耳にしました。

システムの改修を行う場合、
現状のシステムに新しいシステムを追加していくことが多く
その結果、
処理がどんどん複雑化していき
処理速度が遅くなったり、
複雑化した入力画面での誤入力や
システムの属人化が加速していきます。

また、業務ごとに別のシステムを使用していた場合は
システム間での連携が上手くいっておらず、
手入力での連携の手間が増え、
結果として業務の効率化が全く図れていなかった
といった事態が発生してしまいます。

本来、システム化は
業務の効率化のために行うものですが、
実装することで、手作業で行うには困難だった作業が
簡単に行えるようになる一方で、
人が手で行っていた作業を
システムに自動化するための情報として
事前にシステムへと入力しなければなりません。

実装当初は問題なくても、
年を追うごとに、入力頻度の変化や
業務形態の変化によるシステム内容の変更など、
様々な理由で、現状のシステムでの限界を
迎えることになるのです。

このままでは、複雑化したシステムによって
導入前よりも業務が忙しくなっていた
などという事態に陥っては本末転倒です。

 
システムを可能な限りシンプルに

 
複雑化したシステムを改善するためにも、
システム全体の見直しが必ず必要となってきます。

その際、
システムの処理速度の向上や
システ…

もっと読む

「お問合わせいただき、本当にありがとうございます!」

「お問合わせいただき、本当にありがとうございます!」

当社のWEBサイトも、9月でリニューアルから8ヶ月目に入りました。

その間、毎日多くの方々に訪問して頂き
また、お問合わせもたくさんいただき、
本当にありがとうございます。

そもそも当社がWEBサイトをリニューアルしようと考えた一番の理由が、

「ITに悩む地元の中小企業様を”直接”支援し、喜んでいただきたい。」

という強い想いからでした

ですので、WEBサイトからのお問合わせは
本当に嬉しく、
一人一人のお客様を大切にしたくなります。

例えお取引にならなくても、
新しいお客様との出会いそのものに、
とてもワクワクしてしまいます。

今回もそんなお問合わせ事例を、少しだけ紹介したいと思います。

 
社内業務システム構築
(梱包・アッセンブリ・在庫管理・配送・倉庫代行会社様)

”ファイルメーカーで社内で働くパートさんたちをもっと楽にしてあげたい。
既にファイルメーカーをクラウドに展開し、iPadを数台購入しています。
ファイルメーカーでやりたいこともエクセルファイルに纏めています。
また、その一部の要件も外部リソースの力を借りながら
部分的ではありますが、動くプログラムも作成しました。
今後は、さらにやりたいことを実現していきたいので
ファイルメーカーが分かり、業務知識のある会社に
意見やアドバイスを頂き、今後もお付き合いをしていきたい。”

⇒私たちは、当初ファイルメーカーでの「内製化支援」を提案したのですが、
やりたい内容やその範囲が明確になるにつれ、
基幹システムを土台に持ったほうが良いという判断になりました。
また、ファイルメーカーのFBA企業様からのセカンド・オピニオンも伺い、
私たちとしては、
「基幹システム(VB.NET)×ファイルメーカー(タブレット)」とい…

もっと読む

リアルタイムな情報を取得する手段の多様化

リアルタイムな情報を取得する手段の多様化

導入の背景と提案

お客様では日々、入荷業務を行う中で多くの商品を検品する際、
リアルタイムな情報を活用しながら検品するために
ハンディーターミナルの導入を検討されました。

しかし、ハンディーターミナルを導入するにあたり専用機器の配置や、
専用言語による専用機器からデータを連携するためのシステム開発と、
コスト面で調整がつかず今までズルズルと・・・。

そこで当社は同等の機能を安価に実現するために
「タブレット」と「ワイヤレスのバーコードリーダー」による
検品システムの導入を提案致しました。

タブレットとワイヤレスのバーコードリーダーを導入することにより、
ハンディーターミナルと同様にリアルタイムな情報を
確認しながら商品の前で検品が行える環境を実現。

また、Windows系の言語プログラムが稼働可能なWindowsタブレットを
導入することにより基幹システムと同じ言語での開発を可能としました。

そうすることで、
ハード費用とシステム開発費用の両方でコストを削減でき、
ハンディーターミナルを導入する費用に比べて
約半分のコストで同等の機能を実現することができました。

 

まとめ・今後の課題

「タブレット」と「ワイヤレスのバーコードリーダー」の導入により、
お客様には費用面や機能面に関しましてご満足いただける結果となりました。

ですが、今現在タブレットを持ちながら商品の検品が困難なため、
画面に表示されている内容の確認をするためには
顔をあげて確認という方法をとられています。
なので、手元でも検品内容を確認する方法を確立することが
今後の課題となります。

今回の事例では、当社はタブレットとワイヤレスバーコードリーダーを活用した
入荷検品システムの導入でハンディーターミナ…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)