システムクリエート株式会社

Blog ユーザー事例

仕分けの効率化

仕分けの効率化

 
昨年から続いている新型コロナウイルスの影響で
密を防ぐために同時稼働作業員数を減らしたり、
巣籠需要から物量が増加したり等
物流の見直しが必要となっております。
 

仕分け作業で自動仕分けにするのは難しいけど
システム化して作業を効率化したい、
色々な方法があり自社に合った方法がどれか分からない等の
お困りごとがあると思います。
 

そこで重要になってくるのが仕分けレイアウトです。
 

仕分けレイアウト次第で生産性に大きな影響が発生し
使えるシステムも変わってきます。
一部になりますが、
以下に状況にあった仕分け方法の例をご紹介いたします。
 
 

シャッターアソートシステム

・要求精度が高い
・仕分けミスを減らして業務効率を改善
・作業者に分かりやすい仕分け方法を探している
・ある程度広い作業スペースを確保できる
 
このような場合はシャッターアソートシステムで解決できます。
作業方法がとても簡単で、商品のバーコードをスキャンし
シャッターの開いている棚に表示されている指示数分商品を投入し
ボタンを押すとシャッターが閉まり作業完了です。
 
仕分け作業で文字を読む必要がなく
シャッターの開いている所に投入するため
視覚的に非常に分かり易く間違えづらいのが特徴です。
 
 

ハンディターミナル仕分け

 ・作業スペースをあまり確保出来ない
 ・商品サイズが大きく移動が難しい
 ・仕分け以外でもシステムを利用したい
 

このような場合はハンディターミナル仕分けで解決できます。
無線でシステムと直接繋ぐことが出来るため
場所を選ばず仕分け作業ができ、液晶画面に店舗…

もっと読む

「Google Map × データベース」の便利ソフトが意外と使える!

「Google Map × データベース」の便利ソフトが意外と使える!

 
名古屋のとある企業様(太陽光発電、家屋リフォーム)から
お問合せ頂いた内容をきっかけに、提案・開発をしたソフトが
「Google Map連携ソフト」です。
 
 
お客様のお悩み・ご要望
お客様にはテレアポ営業部門があり、太陽光発電の提案ができる
見込みのお客様のリストを作成するという業務があります。
 

その際、Excelファイルで住所等のデータをもらい
その住所をコピーし、WEBブラウザからGoogle Mapを開き
そこへ一つ一つ住所を貼り付けし、航空写真モードに切り替え
家屋の大きさや周りの様子を見て、判断し
その結果を元のExcelデータに反映させながら
見込みのお客様のリストを、かなりの時間と手間をかけて作成していました。
 

お客様のご要望としては、
「とにかく手数を減らし、作業時間を短縮し、一軒でも多くの
見込みのお客様に電話をかけて商品やサービスの提案をしたい。」
ということでした。
 
 

「Google Map連携ソフト」とは?
上記のお客様のご要望を受け、私たちが提案・開発したのが
RAD(高速開発)型データベース・ソフトをベースに開発した
「Google Map連携ソフト」です。

 
どのような機能を備えたソフトかと言いますと・・

・元データであるExcelデータを一度のコピペで簡単に「Google Map連携ソフト」に取込む
・ボタン一つでGoogle Mapが4分割画面で表示される
・Google Map画面を見ながら判断し、その結果等を「Google Map連携ソフト」に保存
・ボタン一つで「Google Map連携ソフト」から、「CSVデータ」や「Excelデータ」を出力…

もっと読む

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

 
以前、当ブログ記事でも紹介しました
「データベースの中にExcel!?4Dの新機能が地味にスゴい!」
の関連記事となります。
 

名古屋の某金属加工業様からのご相談
ご相談頂きました企業様は、金属加工を生業とされており
特に、
・製缶溶接
・板金溶接
・ロウ付け
・機械加工
・塗装
に関しまして、高い技術力をお持ちの企業様です。
 

少数精鋭の技術者、小規模ながらも設備も充実しており、
溶接機、汎用旋盤、ボール盤、ラジアルボール盤、汎用フライス盤、
シャーリング、ブレーキプレス、セットプレス、コーナーシャー、
五点切り、ハンドソー、塗装設備
等を駆使して、製品を作成していきます。
 
製品の一例をご紹介しますと、
・大型架台
・飲食店向け回転鍋
・汚水処理用大型タンク
・スライド機構付き製品棚
・アルミ枠再生機
・塩カリ散布機
・銅製棚受け(ロウ付け品)

等があり、楽天に自社店舗を出店し受注も開始しました。
 
 
既存システムのお悩み
当初は、「販売管理パッケージソフト」と「Excel」を使用し
業務を管理していたのですが、
二重入力、二重管理などの無駄をなくしたいという課題や
さらなる業務の効率化を目指し
「データベースソフトでのシステムの一元化」を希望されていました。
また、予算と納期も限られていたこともあったので
効率よく開発でき、尚且つリーズナブルなデータベース・ソフトの
「4D」でのスクラッチ・システムをアジャイルで開発する提案をしました。

主な機能としては、
・見積処理
・受注処理
・指示書発行処理
・請求処理
・図面管理+タブレット
で、4Dのデータベースサーバに5台のパソコンがクライア…

もっと読む

FileMakerで「信者管理システム」を再構築

FileMakerで「信者管理システム」を再構築

 
最近、立て続けに2件「宗教法人」様からのお問合せがありました。
そのうちの一つが、今回ご紹介する寺院様になります。
 
寺院のシステム化
名古屋にある某寺院様より、
「現在、FileMakerとExcelで信者様やイベントの管理をしているが
年々データが膨れ上がり、処理が煩雑になってきている。
また、手作業や紙媒体もまだまだ多いので、さらにシステム化を推進したい。」
とのお問合せを頂きました。
 
「お寺」と「システム」・・・何となくイメージがしずらかったので
早速、SEと同行し、現場の状況確認とご要望の詳細をお伺いしました。
 
現地でFileMakerのファイルを確認すると、
FileMakerは使ってはいるものの、
その使い方に問題があることが分かりました。
 
つまり、FileMakerをデータベースとして利活用できておらず
Excelのような使い方をしていたため、
ファイルの2重管理やデータの2重入力
そして、データが毎年イベント毎に膨れ上がる
ということが発生していたと分かりました。
 
 
ファイル統合とFileMakerのデータベース化
これらの状況を踏まえて、
FileMakerの2つのファイルを1つに統合し、
「信者様管理」と「イベント管理」が1つのFileMakerファイルで
管理できるようテーブル・リレーションを作り直し
レイアウトを作成・調整することで
より使いやすいシステムを再構築しました。
 
その際も、お客様と連携をとりながら詳細なデータの精査を行い、
電話とリモートでお客様と画面を共有しながら
会話ベースで要望の確認や対応を素早く行いました。
 
 
Excelシ…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)