システムクリエート株式会社

Blog ユーザー事例

技術の進歩によって生まれる仕事、なくなる仕事

技術の進歩によって生まれる仕事、なくなる仕事

近年、技術の進歩により人間の仕事が機械に置き換えられているものがあります。
例えば、駅の自動改札機。自動改札機が導入される前は駅員さんが改札口に立って乗客ひとりひとりの定期券を確認したり、切符を確認してハサミのような道具で切符に切れ込みを入れたりしていました。

自動改札機が導入された今では改札口に駅員さんが立つ事はほぼなくなりました。
若い世代の方は自動改札機が導入される前、どのように定期券の確認や切符が処理されていたのか知らない人も多いのではないでしょうか?

自動改札機の導入で、SuicaやICCOCA等の電子乗車券(ICカード)が普及してきました。電子乗車券を機械にかざせば、改札を通り抜ける事もできますし、自動販売機でジュースも購入できます。それにコンビニやスーパー、家電量販店で商品を購入できるようになりました。

最近では、おサイフケータイ機能が搭載されているスマホを改札機にかざせば、改札を通り抜けて電車に乗車することもできます。

このように電子乗車券を処理するプログラムやスマートフォンアプリ開発の仕事は自動改札機が導入されて生まれてきた仕事です。これは技術の進歩により人間の仕事が機械に置き換えられましたが、新たな仕事が生まれた一例です。

 

弊社のお客様で商品の入荷検品業務でお困りになっているお客様がおられました。

当時そのお客様は商品を入荷する時、商品をひとつひとつ数えて仕入先の伝票と数量が一致しているか、発注している数量と差異がないかを確認していたので、入荷検品に多くの人と時間がかかっており、且つ数え間違いもあり非常に効率の悪い作業となっておりました。

そこで弊社は持ち運びのし易いタブレットにお客様の入荷検品システムが稼働できるようにシステム変更しました。またタブレットとタッチスキャナをBluetoot…

もっと読む

Roundでは丸く収まらないという話

 

数字を丸める・・

と言えば端数を「切捨て」「切上げ」「四捨五入」と
皆さんすぐに考えつくかと思います。
(業界によっては「五捨六入」なんてのもありますが・・・)

「切捨て」や「切上げ」はまあ、使用するツールや言語に
それぞれ対応する命令や関数が用意されているので特に問題もないと思います。

「え!?「四捨五入」なんかRound関数使えばいいじゃない?」

・・・と不勉強な私も少し前まではそう思っていました。

 

そのお客様では『有効数字3桁で丸めてください』と
印字サンプルをいただきました。

有効数字云々は置いておくとして、
サンプルで頂いた数字をEXCELに入力して
Round関数で検算してみたところ数字の合わないものが見つかりました。

単純な数値を例にすると・・・

 



計算結果
EXCEL
サンプル


1.5
2
2


2.5
3
2


3.5
4
4


4.5
5
4


5.5
6
6



 
といった状態になります。
(ちなみに2.51はどちらも3になります)

 

今回使用した販売パッケージでは

数値の丸めにパッケージで用意された関数を使用する事になっており
直接Round命令を記述しているわけではないのですが、
これまでも多数のお客様に導入していただき、何の問題も出ておりません。

丸めたい桁の次の桁を見て5未満なら切捨て
5以上なら切上げてくれますのでEXCELと同じ結果を返してきますし、
一般人が「四捨五入」と聞けばこちらをイメージする人の方が多いと思います。

開発自体はVB.net+Oracleなので
VB.n…

もっと読む

システム入力の自動化による業務の効率化

システム入力の自動化による業務の効率化

 

過去に業務のシステム化を行った企業様の多くは、
業務の効率が上がることに対し満足されている方が
いる一方、データ入力の手間に悩まさせられている方も
いるのではないでしょうか。

以前の手書きに比べれば良くなったからと、
その状況を仕方ないものとして諦めている方も
多いのではないでしょうか。

しかし、そこで我慢していては業務のさらなる効率化
を図ることは出来ないのです。
過去の記事で話題にしておりました労働人口減少の現状や
業務自動化による効率化など、これらを意識しなければ
業務を効率化するどころか逆にどんどんと不便になっていくことでしょう。

『労働人口減少対策の特効薬!今年こそシステム化を真剣に考える。』
『「働き方改革」で期待される”RPA”による業務自動化』

 

今回の記事では、弊社の行ったある事例を紹介したいと思います。

 

データ入力の手間を削減

印刷業務を行っている企業様で、システムから出力した伝票の内容を、
別のシステムへとデータ入力を行っていたのです。

システム化当初は、入力件数も少なくそれほど問題に
なっていなかったのですが、年々入力件数が増え、
このデータ入力に多くの時間を割いてしまっているのでどうにか
改善できないかとのご相談がありました。

内容を確認すると、システム同士でデータの受け渡しが出来ていれば、
入力の手間を全て取り除くことが出来たのですが、
データ入力のタイミングでどうしても人の目で判断して入力しなければ
ならない項目があり、完全なデータの受け渡しが出来ないため、
伝票からシステムへの手入力を行わざるを得ない状況とのことでした。

そこで、弊社は人の目が必要な項目以外の入力をデータによる受け渡しで
自動…

もっと読む

大型モニタで業務を「見える化」してみませんか?

大型モニタで業務を「見える化」してみませんか?

 

大型モニタの活用

私たちがサポートしているお客様からご要望で、

「docomoに『docoですcar』と言うシステムがあり、
自動車の走行位置をWeb画面上の地図に表示してくれるサービスがあるので
表示用のパソコンを手配してほしい。」

という依頼がありました。
配送トラックが、今どこを走っているかを地図上に表示するのが目的です。

 
手配するパソコンの条件は、

「壁にモニタを掛ける」
「離れた位置からでも見えるサイズ」
「モニタは2箇所に設置する」

 
WindowsPCで2台のモニタに表示することは可能です。
普段手配しているモニタは23インチ程のサイズなので、
それでは2、3m離れると表示されている地図は見えません。

そこでお客様と相談して選んだのが、”65インチ”の大型モニタです。
大きいです!
5mぐらい離れた位置からでも
地図上に表示されるトラックの位置の判断がつきます。

 
注意点として・・

設置テストで問題になったのはPCとモニタの距離でした。

1台目のモニタはほぼ隣に設置しますから問題ありませんが、
2台目のモニタはHDMIケーブルで25mぐらい先になり
映像がきれいに映らない現象が出ました。

23インチのモニタでテストすると大丈夫でした。

この問題の原因は、
ケーブルが長すぎて信号が減衰してしまい
65インチのモニタでは耐えられなかったようです。

本格的な映像機器を使用すれば遠距離でも可能でしょうが、
通常のPCとモニタのみでは無理があったようです。
最終的には、HDMIケーブルを短く2本に分け、
間に増幅器代わりに分配器を入れることで解決しました。

 
まとめ

いか…

もっと読む

12345...10...

NEW ARTICLE新着記事

技術の進歩によって生まれる仕事、なくなる仕事

技術の進歩によって生まれる仕事、なくなる仕事

リハビリデイサービス特化型「セミオーダー・パッケージ」で あなたの日常業務をもっとラクにしませんか?

リハビリデイサービス特化型「セミオーダー・パッケージ」で あなたの日常業務をもっとラクにしませんか?

Roundでは丸く収まらないという話

Roundでは丸く収まらないという話

システム入力の自動化による業務の効率化

システム入力の自動化による業務の効率化

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)