システムクリエート株式会社

Blog ユーザー事例

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

 
以前、当ブログ記事でも紹介しました
「データベースの中にExcel!?4Dの新機能が地味にスゴい!」
の関連記事となります。
 

名古屋の某金属加工業様からのご相談
ご相談頂きました企業様は、金属加工を生業とされており
特に、
・製缶溶接
・板金溶接
・ロウ付け
・機械加工
・塗装
に関しまして、高い技術力をお持ちの企業様です。
 

少数精鋭の技術者、小規模ながらも設備も充実しており、
溶接機、汎用旋盤、ボール盤、ラジアルボール盤、汎用フライス盤、
シャーリング、ブレーキプレス、セットプレス、コーナーシャー、
五点切り、ハンドソー、塗装設備
等を駆使して、製品を作成していきます。
 
製品の一例をご紹介しますと、
・大型架台
・飲食店向け回転鍋
・汚水処理用大型タンク
・スライド機構付き製品棚
・アルミ枠再生機
・塩カリ散布機
・銅製棚受け(ロウ付け品)

等があり、楽天に自社店舗を出店し受注も開始しました。
 
 
既存システムのお悩み
当初は、「販売管理パッケージソフト」と「Excel」を使用し
業務を管理していたのですが、
二重入力、二重管理などの無駄をなくしたいという課題や
さらなる業務の効率化を目指し
「データベースソフトでのシステムの一元化」を希望されていました。
また、予算と納期も限られていたこともあったので
効率よく開発でき、尚且つリーズナブルなデータベース・ソフトの
「4D」でのスクラッチ・システムをアジャイルで開発する提案をしました。

主な機能としては、
・見積処理
・受注処理
・指示書発行処理
・請求処理
・図面管理+タブレット
で、4Dのデータベースサーバに5台のパソコンがクライア…

もっと読む

FileMakerで「信者管理システム」を再構築

FileMakerで「信者管理システム」を再構築

 
最近、立て続けに2件「宗教法人」様からのお問合せがありました。
そのうちの一つが、今回ご紹介する寺院様になります。
 
寺院のシステム化
名古屋にある某寺院様より、
「現在、FileMakerとExcelで信者様やイベントの管理をしているが
年々データが膨れ上がり、処理が煩雑になってきている。
また、手作業や紙媒体もまだまだ多いので、さらにシステム化を推進したい。」
とのお問合せを頂きました。
 
「お寺」と「システム」・・・何となくイメージがしずらかったので
早速、SEと同行し、現場の状況確認とご要望の詳細をお伺いしました。
 
現地でFileMakerのファイルを確認すると、
FileMakerは使ってはいるものの、
その使い方に問題があることが分かりました。
 
つまり、FileMakerをデータベースとして利活用できておらず
Excelのような使い方をしていたため、
ファイルの2重管理やデータの2重入力
そして、データが毎年イベント毎に膨れ上がる
ということが発生していたと分かりました。
 
 
ファイル統合とFileMakerのデータベース化
これらの状況を踏まえて、
FileMakerの2つのファイルを1つに統合し、
「信者様管理」と「イベント管理」が1つのFileMakerファイルで
管理できるようテーブル・リレーションを作り直し
レイアウトを作成・調整することで
より使いやすいシステムを再構築しました。
 
その際も、お客様と連携をとりながら詳細なデータの精査を行い、
電話とリモートでお客様と画面を共有しながら
会話ベースで要望の確認や対応を素早く行いました。
 
 
Excelシ…

もっと読む

最近インターネット回線が遅いけどどうしたら・・・!

最近インターネット回線が遅いけどどうしたら・・・!

 
当社では、有り難い事に
ホームページを閲覧頂き、問合せを沢山頂いておりますが
その中で最近多く問合せ頂いている問題が
「最近インターネット回線が凄く遅いんだけど・・・」や

「社内インフラ環境を改善したいんだけど何処に聞いたらいいかわからない」
などです。

 

インターネット回線が遅くなる原因は様々ですが、
現在はテレワークなどで全体的に回線が
込み合っている事が多くなっています。
 
解決策は、

・インターネット回線を複線にする
・周りの環境に左右されにくい回線に入れ替える
など、方法は色々ございます。
 

但し、社内のインフラに問題があって遅くなっている場合もあるので、
私共ではなるべく訪問して現場を拝見し、
現状の回線契約等のヒアリングを行った上で
一番効果の出る方法をご提案申し上げております。
 

現在はコロナ禍で訪問出来ない場合もあるのですが、
やはり効果を考えると一度現場には
伺うことが好ましいと思います。
 

また、先日お問合せ頂いた例では
「回線会社からインターネット回線を提案頂き申し込む事にしたが
申込書の内容が難しすぎて、何を記入したら良いか分からない」
と言うケースもございました。

確かに「ネットワークの申込書って難しい書き方してるもんなぁ・・・」って私も思いました。

 

回線や社内ネットワークでお困りのお客様は多いと思いますが、
お困りのお客様、是非一度弊社にご相談ください。
 
 
今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
お問合わせは下記のフォームよりお願いします。
担当者がお返…

もっと読む

2025年に向けて!「マイグレーション」から始めてみませんか?

2025年に向けて!「マイグレーション」から始めてみませんか?

 
以前、当ブログでもお伝えしました
「2025年の崖!?「デジタルトランスフォーメーション」って何?」
の反響なのか、最近、「既存システムのマイグレーション」のお問合せを
多数頂くようになりました。
 
 

「マイグレーション」とは
「移動、移住、移転」を意味する英語の「migration」が語源で
IT分野では、ソフトウェアやハードウェア、システム、データ、開発言語等を
別のプラットフォームに移行したり、
新しいシステムに切り替えたりすることを意味します。

私たちのお客様事例の主なものとしては、
「VB6」から「VB.Net」への移行や「AccessやFileMakerのバージョンアップ」等が
昨年あたりから増えてきています。
 
実際のご相談内容はというと、
・「Accessのバージョンが古く(Access2000)、今後の保守・メンテを考えバージョンアップしたい。また、既存システムの使い勝手の悪い部分を一緒に改修してほしい。」(航空機等部品商社様)
・「VB6で開発したシステムを、VB.Netに焼き直したい。マイグレーションが完了したら
 追加機能の開発を引き続きやってほしい。働き方改革ということで、
 ペーパレス化、クラウド化等により様々なコストカットや業務フローの見直しに関する
 提案もしてほしい。また、基幹業務用のサーバも刷新したい。」(エアコン取付工事関連企業様)
・「当初は内製システムから、パッケージやカスタマイズ・ソフトの導入を考えたのですが
 やはり、スクラッチでのシステムの方が、使いやすく、微調整もしやすいので
 現行システムのマイグレーションから着手し、その後、機能の追加や拡張などをしていきたい。
 同時に、内製開発の様々なリスクも避けたい。」(二輪パ…

もっと読む

NEW ARTICLE新着記事

工事現場での「作業報告書タブレットシステム」をMicroSoft Accessで実現!?

工事現場での「作業報告書タブレットシステム」をMicroSoft Accessで実現!?

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

金属加工業様の販売管理システムを4Dでアジャイル開発しました!

「2025年の崖」とは何か?2025年までに解決しなければならない課題

「2025年の崖」とは何か?2025年までに解決しなければならない課題

テレワークを応用し、開発作業をリモートでしてみませんか?

テレワークを応用し、開発作業をリモートでしてみませんか?

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)