システムクリエート株式会社

Blog ユーザー事例

2025年に向けて!「マイグレーション」から始めてみませんか?

2025年に向けて!「マイグレーション」から始めてみませんか?

 
以前、当ブログでもお伝えしました
「2025年の崖!?「デジタルトランスフォーメーション」って何?」
の反響なのか、最近、「既存システムのマイグレーション」のお問合せを
多数頂くようになりました。
 
 

「マイグレーション」とは
「移動、移住、移転」を意味する英語の「migration」が語源で
IT分野では、ソフトウェアやハードウェア、システム、データ、開発言語等を
別のプラットフォームに移行したり、
新しいシステムに切り替えたりすることを意味します。

私たちのお客様事例の主なものとしては、
「VB6」から「VB.Net」への移行や「AccessやFileMakerのバージョンアップ」等が
昨年あたりから増えてきています。
 
実際のご相談内容はというと、
・「Accessのバージョンが古く(Access2000)、今後の保守・メンテを考えバージョンアップしたい。また、既存システムの使い勝手の悪い部分を一緒に改修してほしい。」(航空機等部品商社様)
・「VB6で開発したシステムを、VB.Netに焼き直したい。マイグレーションが完了したら
 追加機能の開発を引き続きやってほしい。働き方改革ということで、
 ペーパレス化、クラウド化等により様々なコストカットや業務フローの見直しに関する
 提案もしてほしい。また、基幹業務用のサーバも刷新したい。」(エアコン取付工事関連企業様)
・「当初は内製システムから、パッケージやカスタマイズ・ソフトの導入を考えたのですが
 やはり、スクラッチでのシステムの方が、使いやすく、微調整もしやすいので
 現行システムのマイグレーションから着手し、その後、機能の追加や拡張などをしていきたい。
 同時に、内製開発の様々なリスクも避けたい。」(二輪パ…

もっと読む

データベースの中にExcel!?4Dの新機能が地味にスゴい!

データベースの中にExcel!?4Dの新機能が地味にスゴい!

 
データベースソフト「4D」のv18の新機能の一つに
「4D View Pro」というものがラインナップされました。
どのような機能なのか?

一言でいうと、
「データベースソフトの中に(スプレッドシート(Excelのようなシート)が埋め込める」
という機能です。
「それがどうしたの?」と思われるかもしれませんが、
私としては「地味にすごい機能」だと感じています。
というのも、未だかつて
「Excelシートが埋め込まれているデータベースソフト」を
見たことがないからです。
 
 

「データベース」と「Excel」
多くのお客様の業務の中でExcelはよく使われています。
ビジネスを始めた頃は、Excelでの管理で殆どは事足ります。
しかし、ビジネスが成長し、
扱うデータが多くなったり、処理が煩雑になってくると
Excelからデータベースへの移行を考えられるお客様は多くいます。
でもその時、ちょっとした不満がでてきます。
それは「操作性や柔軟性」に関する不満です。
 「Excelの時はこんな操作ができたのに・・」
 「データベースに入力するのって面倒くさい・・」
 「もう少し楽に入力したいのに・・」
Excelでは当たり前にできる
「コピペ」や「連番」などの便利機能が
データベース上ではExcelのように簡単にはできないのです。
実際、私たちのお客様の中にも
そのような不便を感じているお客様がいたので
早速4Dの「View Pro」の機能を織り込んだ提案をしました。
 
 

「4D View Pro 」機能を使ったご提案
とある金属加工企業様のご要望:
”販売管理パッケージソフト”と”Excel”で業務を管理していたが、
二重入力、二重管理など…

もっと読む

電気工事施工企業様の業務システム構築【FileMaker】

電気工事施工企業様の業務システム構築【FileMaker】

 
一般電気工事、電気通信設備工事、エアコン工事、
LED照明販売・施工、イルミネーション企画・施工を
少数精鋭で行っている企業様の
業務システムをファイルメーカーで構築しました。
 
煩雑な事務処理をファイルメーカーで解消
システム導入前は、手書きやエクセルを使って
帳票を発行したり、管理をされていました。
お客様のビジネスが成長するにつれ、
現行の処理に限界を感じ、
小規模ながらもシステム化しようという決断に至りました。
また、「どうせシステムを構築するのなら
自分たちのビジネスフローにジャストフィットする
ユーザインターフェースのデザインが見やすく、
格好の良いシステムを」というニーズも
今回の決断を後押ししたようです。
 
今回の業務システムの機能として
・見積関連機能:見積一覧、見積詳細、受注確定処理、見積書発行
・受注関連機能:受注一覧、受注詳細、原価管理、人件費管理、外注費管理、諸経費管理
・外注関連機能:外注一覧、外注詳細、注文書発行、請書発行
・日報関連機能:日報一覧、日報詳細
・請求関連機能:請求一覧、請求詳細、請求書発行、未請求リスト
・入金関連機能:入金一覧、入金詳細
・マスタ関連:得意先マスタ、外注先マスタ、仕入先マスタ、担当者マスタ
等があります。その他にも、、
・「掲示板」表示機能
・「連絡事項」表示機能
・「未請求リスト」表示機能
がメニュー画面に配置され、
ダッシュボードのようなレイアウトしました。
また、外注・下請け業者様の工数管理もできるので
より精度の高い販売管理が可能になりました。
 
なぜファイルメーカーでシステム構築を?
ファイルメ―カーや4Dでの開発では、
「システムをはやく使い始められる」「費用が安め」「…

もっと読む

保険事務をもっとスピーディーに!【4D】

保険事務をもっとスピーディーに!【4D】

 

今回は、私たちと協業しているビジネスパートナー企業様の
お客様事例を紹介します。

 
導入の背景と課題

岐阜のとある保険代理店様(複数の保険会社の商品を取り扱う、
乗合の保険代理店)からのご相談になります。
ご相談頂いた当初は、データベースやシステムもなく
ほぼ手作業で保険事務をしていました。

お客様に書いていただいた書類を見ながらエクセルに入力したり、
お客様からの問い合わせに、お待ち頂きながら
キャビネットの中の書類を探す・・等
現場はかなりアナログで、大変な状況でした。

この様な状況の中、現場担当者から

・お客様情報の入力時間をもっと短くしたい。
・入力の際の入力ミスをなくしたい。
・電話対応時、お客様情報の検索時間を短くしたい。

等々の要望があがってきました。

またシステム開発にかけられる費用にも限度があり
今後、運用しながら出てくる要望や課題などにも
柔軟に対応してほしいとのことでした。

 

 
システム導入の方針と狙い

「4D」によるアジャイル開発(プロトタイピング)で納期を短くすると同時に、
運用しながら出てくる課題や要望にも柔軟に対応できるように
データベース設計・ソフトウェア開発を進めました。

「4D」でのシステム開発は、お客様メリットが大きい!!

4Dはプログラムとデータベースが一緒になった
「総合開発環境」なので、小~中規模のシステム開発であれば
チームを組まなくても一人で開発することが可能です。
(その分、工数の削減が見込めます。)

また、4Dはデータベースを制御するコマンド群が非常に豊富なので
プログラミングに要する時間も短縮することができます。
(コマンドを利用することで、一からロ…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)