システムクリエート株式会社

Blog Microsoft VB.Net

お客様の”小さな夢”を実現するには・・

お客様の”小さな夢”を実現するには・・

 

ウォーターフォール×アジャイル

通常は仕事を進めるとき、明確な目標があると思います。

これがシステムの構築であれば、お客様から要件を聞き
それを仕様に起こし、プログラムを作成します。
この”ウォーターフォール”と言われる上から順に作業をこなす開発手法は
私たちの仕事の基本となっています。

しかし、必ずしもお客様が最初から
明確なビジョンを持って依頼してくれるとは限りません。
「今この業務で困ってるけど何とかならないか」と言われたり、
「面倒な手作業を何とかシステム化出来ないか」と相談されたり、
漠然とこんな感じの事が出来ないかと図を見せられる事もあります。

 

 
以前の仕事でこんな事がありました・・

期間ごとに印刷する帳票で、
「毎回画面に数多くの範囲指定項目を入力する手間を何とかできないか」
という相談でした。
お客様からするとそれを解決できるアイデアは思い浮かばず、
これが何とかできたら、まさに「夢のような話」だと言われました。

 

 
さて、ここからが私たちの仕事です!

まず、業務やシステムの現状を分析し、
運用でネックになっている部分を明確にし
業務フローや関連プログラムなどを再確認します。

これらを行うことにより、
複数の帳票で似たような範囲指定項目を入力している事に気付きました。
しかも同じ期間であれば入力する値も同一のものになっていました。

そこで閃き、提案したのが
時期ごとの範囲指定自体を別の画面であらかじめ入力しておき
帳票の画面でそれを呼び出す事で入力は初回の1回のみとなり、
それ以降の選択は1クリックという
大幅に手間を減らしつつ、入力ミスも防ぐというシステムでした。

早速お客様…

もっと読む

SE(システムエンジニア)のお仕事で一番大切なこと

SE(システムエンジニア)のお仕事で一番大切なこと

お客様との打合せ

先日、お客様へ打合せのために訪問した際
進めているプロジェクトのお客様側の体制が変わり、
新しい方が加わりました。

途中からプロジェクトに関わるという事で、
今までの経緯や概要などを丁寧に説明しました。
入力や帳票の変わるところなど、
ご質問に対しての回答もいくつか行いました。

説明をする上で最近、本当に大切だと思うのは、
”相手の顔を見て理解できたかどうかを判断する”ことです。
質問が無いので理解されたと思っていても
後々、「実はこうだった」と言われることも時にはあります。
あまり理解されていないと感じる時は、
もう一度説明をするようにしています。

 
日頃、お客様へ説明する際には・・・

・まず最初に結論を言う
・相手に合った話し方で話す
・話全体の流れを見せる
・大事な箇所は繰り返す
・断定的な口調は避ける
・あくまでも自分の一意見であることを伝える
・手での指示を効果的に使う
・相手の目を見る(アイコンタクト)
・伝えるための「聞きとりやすい声」を意識する

等に気を付けています。
また資料を作成する際、理解の相違の無い資料作りとしては

・打合せ資料には相手の意向を記述する
・打合せ後の議事録を作成し、共有する

などに気を付けています。

打合せの時に「こういう資料も付けてほしい」と
後から言われることもあります。
かといって、言われるがままに資料をつくるにも
決められた工数の中では限度があります。

しかし、後から言った言わないの水掛け論で人間関係を悪くするより
必要であると思われる資料であれば
少々時間を割いてでも、なるべく対応するよう心掛けています。

 
たしかに、お客様から見れば
私たちはITを熟知したシステ…

もっと読む

今のシステムで社員が本当にラクできていますか?

今のシステムで社員が本当にラクできていますか?

注文データのリアルタイム受付

導入背景と提案

弊社のお客様でECサイトを運営されているお客様がおられます。

当時、こちらのお客様は
ECサイトからの注文データを基幹システムに投入するのに、
商品在庫の引当処理や顧客情報の更新作業を手作業で行っており、
基幹システムに注文データを更新する作業に大変時間がかかっていました。

特に繁忙期や連休明けは
溜まった注文データを基幹システムに投入するのに
1時間近くかかることもありました。

そこで当社は、
人が手作業で行っているECサイトからの注文データの更新処理を
”プログラムがリアルタイムで処理できる”ようにシステムの提案をしました。

まず、ECサイトからの注文データを中間データにセットします。
その中間データをプログラムが常に監視し、
注文データが中間データにセットされたら、
基幹システムに取り込むというシステムを開発しました。

このシステムを導入して頂く事により
ECサイトからの注文データの更新処理が
プログラムで自動的に行うようになり、
注文された時間に関係なく
プログラムが自動的にデータを取り込みますので、
ECサイトからの注文データを
リアルタイムに基幹システムに更新する事ができるようになりました。

 
導入効果とまとめ

ECサイトからの注文データを
基幹システムに手作業で更新する事がなくなり、
特に繁忙期や連休明けの業務がとてもスムーズになりました。

その結果、管理者が連休明けに人を増員する必要がなくなり
人件費のコストダウンが実現しました。

 
企業としては、基幹システムは既に入ってはいるものの
現場やオペレーターレベルの業務や、
システム間のデータ連携に関しては、
まだまだ改善できる部分…

もっと読む

「お問合わせいただき、本当にありがとうございます!」

「お問合わせいただき、本当にありがとうございます!」

当社のWEBサイトも、9月でリニューアルから8ヶ月目に入りました。

その間、毎日多くの方々に訪問して頂き
また、お問合わせもたくさんいただき、
本当にありがとうございます。

そもそも当社がWEBサイトをリニューアルしようと考えた一番の理由が、

「ITに悩む地元の中小企業様を”直接”支援し、喜んでいただきたい。」

という強い想いからでした

ですので、WEBサイトからのお問合わせは
本当に嬉しく、
一人一人のお客様を大切にしたくなります。

例えお取引にならなくても、
新しいお客様との出会いそのものに、
とてもワクワクしてしまいます。

今回もそんなお問合わせ事例を、少しだけ紹介したいと思います。

 
社内業務システム構築
(梱包・アッセンブリ・在庫管理・配送・倉庫代行会社様)

”ファイルメーカーで社内で働くパートさんたちをもっと楽にしてあげたい。
既にファイルメーカーをクラウドに展開し、iPadを数台購入しています。
ファイルメーカーでやりたいこともエクセルファイルに纏めています。
また、その一部の要件も外部リソースの力を借りながら
部分的ではありますが、動くプログラムも作成しました。
今後は、さらにやりたいことを実現していきたいので
ファイルメーカーが分かり、業務知識のある会社に
意見やアドバイスを頂き、今後もお付き合いをしていきたい。”

⇒私たちは、当初ファイルメーカーでの「内製化支援」を提案したのですが、
やりたい内容やその範囲が明確になるにつれ、
基幹システムを土台に持ったほうが良いという判断になりました。
また、ファイルメーカーのFBA企業様からのセカンド・オピニオンも伺い、
私たちとしては、
「基幹システム(VB.NET)×ファイルメーカー(タブレット)」とい…

もっと読む

NEW ARTICLE新着記事

お客様の”小さな夢”を実現するには・・

お客様の”小さな夢”を実現するには・・

ソーター×倉庫管理システムで仕分けの効率化をしませんか?

ソーター×倉庫管理システムで仕分けの効率化をしませんか?

FileMakerカンファレンス2017のプライベート・レビュー

FileMakerカンファレンス2017のプライベート・レビュー

SE(システムエンジニア)のお仕事で一番大切なこと

SE(システムエンジニア)のお仕事で一番大切なこと

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)