システムクリエート株式会社

Blog Microsoft VB.Net

あなたの会社は大丈夫?「労働人口減少」「働き方改革」の対策できてますか?

あなたの会社は大丈夫?「労働人口減少」「働き方改革」の対策できてますか?

 

労働力、時間、業務について考え直す

「労働人口減少対策」
「働き方改革推進」
「やりがいのある仕事」
「有給休暇取得義務化」・・・

やらなくてはいけない仕事は同じか、
または増えつつあるのに

働く人が少ない/集まらない、
働く時間が制限される、
働きやすい環境づくりをしなくてはならない。

企業としては今後、
さらに厳しい状況になっていくのではないでしょうか。

それでは、この状況にどう対処していけばよいのでしょうか?

 
そのためには、もう一度

「労働力」「時間」「業務」について根本的に見直し、
さらなる業務改善や業務改革を推し進めていく必要があるでしょう。

 

 
さらなるIT・システム化

システムの大小に関わらず、システム導入の目的は、

 
・生産性向上(短時間/少人数で成果:売上・利益をあげる)
・属人化排除(特定の人に頼らない仕組みづくり)
・労働環境改善(単純作業・ルーティンワーク解消)

だと思います。

 
そのためのアプローチとして、私たちは様々な提案が可能です。

 

・お客様の要望を実現する、手組(スクラッチ)によるシステム開発

・「パッケージソフト」を利用したカスタマイズ開発

・「ファイルメーカー」「4D」等、高速開発ツールを利用したアジャイル開発

・「Excel」や「Access」「ファイルメーカー」を利用した局所的/小規模システム開発

・業務兼任のシステム担当者をサポートする「内製化支援」

・RPA(ロボット労働者)を導入し、粒度の小さな複数システムをまたぐ単純作業の解消

・BIツールを導入し、経営層の経営判断を支援

&…

もっと読む

意外と盲点!?システム開発「スモールスタート」のメリット

意外と盲点!?システム開発「スモールスタート」のメリット

 

弊社のWEBサイトをリニューアルしてから
システム開発でお困りのお客様からのお問い合わせが激増し、
様々なお悩みをお聞かせ頂いております。

そのお問い合わせの中でも多いのが、
「既存システムの改修」や「業務の新規システム化」についてのご相談です。

私たちはお問合わせをいただくと、
営業とシステムエンジニアが一緒に
お客様先へ伺い、現地でヒアリングをし、
現状の把握、お客様の課題や要望を直接確認させて頂きます。
(もちろん初回訪問の際の費用はかかりません。)

 

また、商談中には別のシステム開発会社様の
お話を聞かせて頂くことも多々あります。

 

 
一般的なシステム開発会社の提案

・基本的な提案はシステムの「新規開発」で、既存のものは活かさない場合が多い。

・新規開発のため費用がかなり高い。また、お客様の希望に見合ったものが出来るとも限らない。

・システムを実装し、リリースしても、肝心の現場が使いこなせない場合もある。

・システムの稼働まで長期間を要し、それまでは問題が解消されない。

・何よりお客様がそこまで多くの機能を求めていない場合がある。
(特にパッケージ・ソフトの場合)

 

 
既存のシステムや資産を活かすスモールスタート

・今実際に使えるものがあるなら、それを最大限に利活用する。

・必ずしも全てを最初から作り変える必要は無いため、低コスト、低リスク、短納期を実現できる。

・既存のシステムに手を入れたり、機能を拡張することでより使い易くする。

・これらにより大きな変化を抑え、現場が混乱する事なく業務を続行できる。

 

 
スモールスタートのメ…

もっと読む

「ListCreator」でラクラク帳票作成できる!?

「ListCreator」でラクラク帳票作成できる!?

 

いまさら”COBOL”ということではないのですが、
VB.NETでの開発で帳票は「ListCreator」を使用しています。

 
「List Creator」とは・・

”List Creatorは帳票を簡単に作成し、
Webアプリケーションやサーバアプリケーションなどの
様々な運用形態の帳票システムを
効率よく開発するための「帳票開発支援ソフトウェア」です。

List Creatorを使用すると
既存の紙の帳票やMicrosoft Excelなどで作成した帳票を取り込んだり、
ウィザードを使用したりして、
罫線や網がけなどを駆使した表現力の高い帳票を簡単に作成できます。

また、帳票出力のための各種インタフェースが用意されているため、
少ないコーディングで帳票出力システムを構築でき、
容易にメンテナンスを行うことができます。
関連ソフトウェア製品と連携すると、
帳票を様々なメディアに出力することができます。”

 
実際に使ってみて・・

使い始めなので、バリバリに使用できる分けではない為
HELPを良く使用します。

HELPを検索しているとCOBOLで使用する
「COMPUTE」や「MOVE」文が見つかりました。
「COMPUTE」文はCOBOLとは少し違う使用方法でしたが、
「MOVE」文はまさにCOBOLと同じ使用方法でした。

COBOLのユーザがなくなったわけではないので
サポートすることはありますが、
プログラム開発はほどんどありません。

ListCreatorを使用してCOBOLと同じ命令文があるとは思いませんでした。
実際に使用するまでには至っていませんが、
知識として覚えておくことになります。

ListCreatorを使用す…

もっと読む

Roundでは丸く収まらないという話

 

数字を丸める・・

と言えば端数を「切捨て」「切上げ」「四捨五入」と
皆さんすぐに考えつくかと思います。
(業界によっては「五捨六入」なんてのもありますが・・・)

「切捨て」や「切上げ」はまあ、使用するツールや言語に
それぞれ対応する命令や関数が用意されているので特に問題もないと思います。

「え!?「四捨五入」なんかRound関数使えばいいじゃない?」

・・・と不勉強な私も少し前まではそう思っていました。

 

そのお客様では『有効数字3桁で丸めてください』と
印字サンプルをいただきました。

有効数字云々は置いておくとして、
サンプルで頂いた数字をEXCELに入力して
Round関数で検算してみたところ数字の合わないものが見つかりました。

単純な数値を例にすると・・・

 



計算結果
EXCEL
サンプル


1.5
2
2


2.5
3
2


3.5
4
4


4.5
5
4


5.5
6
6



 
といった状態になります。
(ちなみに2.51はどちらも3になります)

 

今回使用した販売パッケージでは

数値の丸めにパッケージで用意された関数を使用する事になっており
直接Round命令を記述しているわけではないのですが、
これまでも多数のお客様に導入していただき、何の問題も出ておりません。

丸めたい桁の次の桁を見て5未満なら切捨て
5以上なら切上げてくれますのでEXCELと同じ結果を返してきますし、
一般人が「四捨五入」と聞けばこちらをイメージする人の方が多いと思います。

開発自体はVB.net+Oracleなので
VB.n…

もっと読む

12345...

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)