システムクリエート株式会社

Blog ITコンサルティング

「Teams」を社内連絡の新しい手段に

「Teams」を社内連絡の新しい手段に

 

社内連絡の際にチャットツールを利用していますか?

メールでの連絡に比べて内容を簡潔にでき、
コミュニケーションを促進する事もできますし、
場所や端末に依存しない連絡手段として利用できます。

例としてはLINEが有名ですが、
業務に利用する際には情報漏えいやセキュリティ面で
問題を感じている方もいらっしゃると思います。

今回はビジネスに利用できるチャットツールとして
Microsoftが提供するTeamsについてご紹介いたします。

 
Teamsとは?

TeamsはMicrosoftがOffice365の機能の一つとして
提供するコミュニケーションツールで、
チャット、ファイルの共有、メモの共有、テレビ会議等
あらゆる作業をこのツール上で完結できる点が特徴です。

これらの機能はクラウドで提供されるため、
Office365を利用している場合は
パソコンやスマートフォンでどこでも利用可能です。

「チーム」という単位でコミュニケーションを行い、
内容に関わる会話やファイル、メモ、会議予定等を
全てツールから管理することで、
共同作業を円滑に進めるためのツールです。

「チーム」毎にOffice365ツールや
その他サービスと連携させることも可能で、
それぞれの「チーム」に合わせて利用できます。

強みとしてはMicrosoftの他のOfficeアプリケーションや
Office365ツールとの連携機能がすぐに利用できるため、
普段からExcelやWord、PowerPointを利用している場合は連携機能を活用できます。

 
導入は簡単!

TeamsはOffice365の機能のため、
Office365をすでに利用している場合はそのまま利用可能…

もっと読む

あなたの会社は大丈夫?「労働人口減少」「働き方改革」の対策できてますか?

あなたの会社は大丈夫?「労働人口減少」「働き方改革」の対策できてますか?

 

労働力、時間、業務について考え直す

「労働人口減少対策」
「働き方改革推進」
「やりがいのある仕事」
「有給休暇取得義務化」・・・

やらなくてはいけない仕事は同じか、
または増えつつあるのに

働く人が少ない/集まらない、
働く時間が制限される、
働きやすい環境づくりをしなくてはならない。

企業としては今後、
さらに厳しい状況になっていくのではないでしょうか。

それでは、この状況にどう対処していけばよいのでしょうか?

 
そのためには、もう一度

「労働力」「時間」「業務」について根本的に見直し、
さらなる業務改善や業務改革を推し進めていく必要があるでしょう。

 

 
さらなるIT・システム化

システムの大小に関わらず、システム導入の目的は、

 
・生産性向上(短時間/少人数で成果:売上・利益をあげる)
・属人化排除(特定の人に頼らない仕組みづくり)
・労働環境改善(単純作業・ルーティンワーク解消)

だと思います。

 
そのためのアプローチとして、私たちは様々な提案が可能です。

 

・お客様の要望を実現する、手組(スクラッチ)によるシステム開発

・「パッケージソフト」を利用したカスタマイズ開発

・「ファイルメーカー」「4D」等、高速開発ツールを利用したアジャイル開発

・「Excel」や「Access」「ファイルメーカー」を利用した局所的/小規模システム開発

・業務兼任のシステム担当者をサポートする「内製化支援」

・RPA(ロボット労働者)を導入し、粒度の小さな複数システムをまたぐ単純作業の解消

・BIツールを導入し、経営層の経営判断を支援

&…

もっと読む

人手不足も解消!?キャシュレス化のメリット・デメリット

人手不足も解消!?キャシュレス化のメリット・デメリット

 

日本のキャシュレス化の現状

諸外国と比較してキャシュレス化が遅れているのが現状のようです。
日本のキャッシュレス化比率は約20%。
アメリカは46%、中国は60%となっており、
日本はキャシュレス化後進国といえるでしょう。
日本政府は2020年の東京オリンピックまでに、
キャッシュレス比率を2倍の40%を目指す方針を打ち立てています。

過去からの推移を見ると、
2008年から2016年でキャシュレス比率は約2倍になっています。

その理由として考えられるのは、

・オンラインショッピングが普及し、クレジットカードを使う人が増えた。
・携帯電話の普及で、支払いにクレジットカードを使う人が増えた。
・SuicaやEdyなどの電子マネーを使う人が増えた。

などが考えられます。

日本では現金決済がまだまだ一般的であり、
クレジットカードやモバイル決済を進めようにも、
消費者も事業者も未だに積極的ではありません。

しかし、日本国内は慢性的な人手不足に陥っており、
社会としてキャッシュレス化やシステム化を進めて生産性を高めなくてなりません。

 
キャッシュレス化のメリット

・現金を持つ必要がない。
・ポイント還元が期待できる。
・社会的信用が示せる。
・利用履歴が確認しやすい。
・現金管理コストの削減。

 

キャッシュレス化のデメリット

・お金を使いすぎてしまう。
・割り勘や別払いができない場合がある。
・使用できる店舗が限られている場合がある。
・決済手数料がかかる。
・現金が手元に残らない。

その他にも、

・諸外国はビックデータの収集と活用にビジネスモデルを返還しているが、日本は依然として手数料ビジネスをしている。
・表立…

もっと読む

AIって何?今更聞けないAI技術

AIって何?今更聞けないAI技術

 

近頃、AI技術の発展により機械産業に大きな技術改新が起きています。
最近ニュースで目にするものとしましては、自動車で自動運転による公道を使った試運転の事例や将棋・囲碁・チェスなどの競技において人間と機械が勝負を行い、機械が人間に勝ったという事例があります。
AIというものを耳にする中で、「AIはAIでしょ?」といった、曖昧なもので完結してしまっているとも思いますので是非、これを機に少しでも知っていただければと思います。

 

AIとは(artificial intelligence [人工知能] )

人間の知的能力をコンピュータ上で実現する様々な技術・ソフトウェア・コンピューターシステム。応用例は自然言語処理(機械翻訳・かな漢字変換・構文解析等)、専門家の推論・判断を模倣するエキスパートシステム、画像データを解析して特定のパターンを検出・抽出したりする画像認識等がある。(Wikipedia参考)

上記では難しい言葉がならんでいますが、ざっくり簡単な表現に置き換えると人間の脳を模倣したものの事を指します。
人工知能というと「ターミネータ」や「アイ,ロボット」の様な映画が思い浮かぶと思われますが、映画にでてくるようなロボットや機械などをまとめて表現することばとは別物であり、自ら考えたり指令をだす部分のことをAI(人工知能)と呼びます。

 

AIの種類と機能について

AIには以下のように大きく分けて2種類のAIが存在します。

 
・弱い人工知能
弱い人工知能とは、機能を限定した特化型人工知能(※AGI)のことを指します。
ニュースで最近目にするような将棋や囲碁などで活躍しているAIはこれに分類されます。「何をする」という判断基準をAIに与えてあげることでそれに関する情報を収…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)