システムクリエート株式会社

Blog ITコンサルティング

「テレワーク」を導入するとき、気をつけるべきこと

「テレワーク」を導入するとき、気をつけるべきこと

 
一向に収まる気配のない新型コロナウイルスの影響で
現在いたるところでテレワークを導入する企業が増加してきました。
 

一口にテレワークと言っても、
資料を持ち帰るだけで作業できる仕事だったり、
会社へのネットワーク接続が必要不可欠であったり、
複数人での会話が必要だったりなど多様な環境への対応が求められています。
 

状況に合ったテレワークを実施するにあたってのポイントをご紹介いたします。
 
 
目的をはっきりさせよう
「生産性の向上」
「残業時間の削減」
「従業員のワークライフバランスの改善」
「コストの削減」など、
 
テレワークにはさまざまな効果がありますが、
自社に「どういう目的でテレワークを導入」しようと考えたか、
実現させたい理想のビジョンをハッキリとさせましょう。
 

よくある失敗は、「なんとなく良さそう」と
さまざまなツールを導入することから始めてしまったパターンです。
 

現場の状況を無視し、
ビジョンもなくやみくもにツールを導入してしまうと、
せっかくのテレワーク制度が機能しないどころか、
むしろ足かせになってしまいます。
 

ツールの導入は、
「何をしたいか」を起点にして考えていきましょう。
 
 
基本方針を作ろう
「なんのために」
「どの部署/誰が」
「どのぐらいの頻度で」
「どのような内容について」
「どのぐらいの経費をかけて」

テレワーク導入の基本方針(テレワーク・ポリシー)を明確化していきます。
 

現状の把握をせずにテレワーク制度を設計したことで、
 
『そもそもテレワーク自体が現場には必要が…

もっと読む

考え直そう!セキュリティ概念

考え直そう!セキュリティ概念

 
かわりつつある世の中
昨今、働き方改革に始まり
今ではコロナウイルス感染症によるテレワークという
場所を問わず社内の資産へアクセスできる環境が社会へと浸透してきました。
 
弊社のお客様でも在宅勤務にかかわらず、
営業活動の一環として外出先で社内資産へアクセスし
打合せ等に活用したいという声が高まってきており、
そういったニーズに対してクラウドサービスやインターネットVPNによる
社内資産へのアクセスをご提案し、導入していただいております。

しかし、便利な世の中になればなるほど脅かされるものがあります。
そうです!「セキュリティ」です。
 

働き方改革の考え方や、
テレワークという考え方が浸透する前の世の中であれば
「社内」と「社外」という境界線は今よりはっきりとしており、
ネットワーク管理者及び、一般社員の意識としても
「社内」のセキュリティを充実させることで資産を守れるものとしてきました。
ですが、コロナウイルス感染症により
ここ1~2年で社外から社内への資産へアクセスする機会が
2倍にも3倍にもなっております。
 
 
 
信用・信頼してはいけないセキュリティ!~ゼロトラスト概念~
ゼロトラストとは、
トラスト(信用・信頼)とゼロ(何もない)という直訳をもとに
「なにも信用・信頼してはいけない」という意味であり、
それを前提に対策を講じるセキュリティ対策のことを言います。
前述した様に、テレワークやクラウドサービスの需要の高まりに相まって
「社内」と「社外」の境界線が曖昧になってきているため
生まれてきた考え方と思われます。
 

なぜ「ゼロトラスト」が注目されているのか以下のような点が挙げられます。
・サイバー攻撃…

もっと読む

「ノーコード・ローコード開発」でDXが加速する!

「ノーコード・ローコード開発」でDXが加速する!

 
今後、さらに求められるノーコード・ローコード開発

ノーコード、ローコード開発とは、
プログラム開発言語でのコーディングを
ほとんどすることなくアプリケーションを開発することです。
 

ここ最近「ノーコード・ローコード」という
ことばがよく聞かれるようになってきましたが、
なぜ今「ノーコード・ローコード」が注目されているのか?
 

それは、日本の企業やIT業界がかかえている課題と
DX(デジタルトランスフォーメーション)を
加速させる大きな可能性を秘めているからです。
 
(*)ミック経済研究所
『DX実現に向けたローコードプラットフォームソリューション市場の現状と展望 2020年度版』
(https://mic-r.co.jp/mr/01830/)より
 
 
日本企業の大きなIT課題
以前、当ブログ記事でも少し触れましたが
総務省によるレポートでは、
現在、多くの企業がDXの推進を阻む課題を抱えており
それを放置すれば 2025年以降、最大12 兆円/年(現在の約 3 倍)の
経済損失の可能性があると言われています。
 

いわゆる「2025年の崖」と言われるものです。
 
その課題はというと・・
 

・レガシーシステムの問題:
既存のレガシーシステムのブラックボックス化により
データ活用し切れないだけでなく、システムの改修が困難で
その保守にも多額の費用がかかるため
新しい技術やシステムに投資することが難しい。
 
・IT人材不足の問題:
2015年では約17万人だったIT人材不足が、
2025年には、43万人まで増加する見込み。
 
・ユーザとベンダーの関係性…

もっと読む

新たな働き方に対する向き合い方

新たな働き方に対する向き合い方

 
2019年に『働き方改革』が導入されてからというもの、
多くの企業が新しい業務形態の導入や
業務のやり方に対する見直しを迫られるようになりました。
そして『働き方改革』の取り組みの一つとして推し進められているのが、
皆さんもご存知の『テレワーク』でした。
 

当初、『テレワーク』の導入には多くの企業が及び腰であり、
実施している企業は少数でしたが、
2020年に新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、
多くの企業が『テレワーク』の導入を意識しなければならない事態へと
状況が変化していきました。
 

そして『テレワーク』の導入を検討した企業は、
下記のような問題に直面したことでしょう。
 

・社員の勤務状況の管理の難しさ
・直接顔を合わせないことでのコミュニケーション不足
・自宅での作業によるセキュリティの問題
 

これらの問題に直面した結果、
『テレワーク』の導入に挫折してしまっている方も
いるのではないでしょうか?
 

『テレワーク』の導入方法に正解があるわけではありませんが、
直面する問題を解決した暁には、様々なメリットがあります。
 
①経費削減
  従業員の交通費や出張費などの移動コストを削減出来、日本各地に支店を持つ企業
  などは大きなコスト削減につながるでしょう。
  また、移動時間が無くなることで時間の有効活用もできるようになります。
②人材の確保
  『テレワーク』が出来るかどうかというのは、昨今求職者が企業へ求める条件の
  一つとして挙がってきているとのこと。
  つまり『テレワーク』の導入は多くの求職者の目に留まりやすくなると同時に
  優秀な人材の確保の機会が増えることにも繋がります。
③…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)