システムクリエート株式会社

Blog IoT

Raspberry Piを活用したハードウェア開発

Raspberry Piを活用したハードウェア開発

 

ウェアラブル端末のようにスマートフォンやノートパソコンより小型でボタン操作などではなくセンサーで感知した情報を元に動作するIT機器が注目されています。ただ、一からウェアラブル端末などを設計しようとすると多くのコストがかかります。そこで各種センサーやネットワーク接続に対応したコアモジュールとしてRaspberry Piをご紹介します。

 

Raspberry Pi3(ラズベリーパイ3)の特徴

Raspberry Pi3は、ラズベリーパイの中で最も性能の良いマイコン(マイクロコンピュータ)で、去年発売されたRaspberry Pi3 Model B+ は熱設計が向上され産業領域で使いやすくなりました。
また、大きさ85mm x 56 mm、重量45グラムで映像出力はHDMIなどを備え、パソコンで使用されている一般的な接続機能をほとんど同じで、有線・無線の両方のネットワークに対応して、USBのポートも4つ持っているので、周辺機器としてUSB機器を接続することもできますし、カメラやマイクの入力用インターフェースも持っています。
この小ささで様々な機器と接続でき、構造がシンプルなことがラズベリーパイの長所で、IoT分野での活躍が期待されます。各種センサーやカメラ、オーディオ機器を制御するうえで、大きなPCの使用や新たなハードウェアを開発せずとも、ラズベリーパイをコアモジュールとすることでプロトタイプの作成や実装を行えます。

 

Raspberry Piの開発経緯

ラズベリーパイは元々プログラムを子供たちに教えるための教育用コンピュータとして開発されました。色々なセンサーを取り付けたりして、簡単なロボットなどを作ってみたりするための基盤として、日本国内でも子供、大人かかわらずプログラミング教室の教材として利…

もっと読む

「MESH」でIoTを気軽に体感してみては?

「MESH」でIoTを気軽に体感してみては?

 

みなさんは「MESH(メッシュ)」を知っていますか?

私たちも”IoT”を学ぶ手段の一つとして、
「MESH」を使って、遊びながら学んでいます。

 
MESHとは

ソニーが開発した「MESHタグ(IoTセンサー)」と
「MESHアプリ(ビジネスフロー作成アプリ)」から構成され
Make(作って)、Experience/Enjoy(体験して・楽しんで)、SHare(シェアしよう)
また、メッシュ(網)のように色々なものを繋いでいくという意味が
「MESH」には込められているそうです。

 
MESHタグの種類



 

人感タグ
人の動きを感知し、スイッチとして使用できます。
タグの感知エリア内で動きを感知すると、何かアクションを起こす
家の中に人がいるかいないかをチェックする
ある特定の場所を通過した人数をカウントする
等の使い方ができます。

動きタグ
タグ自体の動きを感知します。
タグの動き、例えば
「振られる」「ひっくり返えされる」「向きが変えられる」
等の動きも感知し、アプリに伝えることができます。

明るさタグ
まわりの明るさの変化を感知し、スイッチとして使用できます。
機能の応用として、タグの前に近接物があるかないか、
感知エリアが塞がれているかいないか等のチェックができます。

温度・湿度タグ
温度、湿度の変化を感知します。
温度、湿度が変化したことを、アプリに伝えたり
数値の範囲を決めておけば、範囲内/外の判断もできます。

LEDタグ
いろいろな色に光らせることができます。
点滅も可能で、点滅パターンを決めることもできます。
アプリから指示を受け、ライトを消すことも可能です。

ボタンタグ
ボタン機能…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)