システムクリエート株式会社

Blog FileMaker

ファイルメーカーによる内製化支援からの学び

ファイルメーカーによる内製化支援からの学び

現在、あるお客様へファイルメーカーによる
「内製化支援」をさせていただいています。

当社はこれまで「内製化支援」という形を
そんなに多くは経験していませんが、
毎回、新しい気づきや、貴重な経験をさせて頂いていると感じています。

現状は、お客様の内製状況や要望の概要確認、
ファイルメーカーの導入に関する
技術的なアドバイスや支援、提案などを行っています。

お客様もファイルメーカーの
特性や利点を理解されており、
それらを現行業務の改善に役立てようと
考えていらしゃいます。

・作業指示者と作業者、また管理者とのスムーズな情報共有
・画像ファイルによる作業指示の明確化
・タブレットによる情報参照及び入力の改善
・現場からのフィードバックに対応できる柔軟性や拡張性
・ローコーディングによる短期間開発

これらファイルメーカーの利点を
最大限活かした業務改善を計画されています。

ただ、ファイルメーカーで内製化すれば
良いことばかりかというと、そうではなく
ファイルメーカーに限らず、
「内製化」自体にデメリットや注意点があります。

例えば、、

・知識量、技術力、経験値の不足
・内製開発者の工数や負荷増
・部分的/限定的な最適化
・システム/ソフトの属人化

等に関しては、
気をつけておかなければなりません。

私たちが思うに
小中規模のシステム開発に限って言えば、
今後は「内製化支援×協同開発」が
主流になるのではないかと感じています。

「外注」と「内製化」の長所・短所を理解し
それらを補完するような
開発スタイルやビジネスモデルを
考案していこうと思います。

お客様と私たちが、
お互いに理解・協力し合い、
コミュニケーションを上手くとりながら
Win-Winの関…

もっと読む

「内製化支援」と「外注」のコラボレーション事例

「内製化支援」と「外注」のコラボレーション事例

私たちのお客様の中に、「外注」と「内製化支援」をバランスよく使い分け、
業績を上げておられる企業様(一般食料品総合卸業)がいらっしゃいます。

そもそものきっかけは、基幹・業務システム(主に販売管理)の開発からなのですが、
親会社、子会社との基幹システムが異なることや、
それらを部分的に連携したり、関連会社とのデータ連携、
また、今後発生が予測される、”追加要件”や”システム改善”を考慮し
「専属(顧問)SE」がパートタイムで「内製化支援」をすることになりました。

 

「内製化支援」によるお客様のメリット

・外部の専門的な知識や技術をリーズナブルに享受できる。
・社内固定費(人件費)の削減やコントロールができる。
・社内の担当者やシステム部門の方々と協力しながら開発できる。
・スピーディー(アジャイル)なシステム開発や改善ができる。
・社内技術者、システム担当者のスキルアップができる。

 
「内製化支援」の対応内容(月額固定費内)

「内製化支援」にて弊社専属(顧問)SEが下記のような対応を行っています。

・追加帳票の作成
・帳票レイアウトの変更
・軽微な仕様変更対応
・項目追加対応
・基幹システムの機能変更、機能追加
・エラー調査/解析と対応
・システム全般に関する電話での相談
・打合せ参加
・随時コンサルティング、業務ヒアリング
・トラブルシューティング(ソフト、ハード、ネットワーク等)
・現地立会い(トラブル対応、システム切替)
・サブシステム(エクセル、アクセス)改善、補修支援
・IT技術(アクセス、VBAプログラミング)
・リモートによる対応
・オペレーションミスのバックアップ
・関連部署連携用プログラム作成及び技術支援
・エクセル、アクセス、ファイル…

もっと読む

一般食料品総合卸/基幹システム+iPad miniによる営業受注データの基幹連携

一般食料品総合卸/基幹システム+iPad miniによる営業受注データの基幹連携

基幹(販売管理)システム+iPad miniによる営業受注データの基幹連携

業種

一般食料品総合卸

 

導入の背景と開発内容

販売管理を主とするトータルなシステムの必要性を感じてはいたものの
パッケージソフトでは、現状の業務フローや画面、帳票を全てカバーすることはできず
VBによるスクラッチで開発をすることになりました。

 

既存の会計ソフトやハンディターミナルとの連携もしたいという要望もありました。

 
また、子会社の基幹システムも開発することになったのですが、
業務フローや入出力が親会社とは異なるため、
親子会社に其々別のシステムを入れることになりました。

またそれらをある部分では連携してほしいという要望にも応えました。

その後、ハンディターミナルのハードウェアコストが高い、
またそのハンディターミナルで動作するソフト開発も費用がかかるため、
安価で対応できるものはないかという依頼に、
iPad miniによる営業受注データ入力と基幹システムとの連携部分を構築しました。
一部では、お客様が使い慣れた既存の仕組み(エクセルやアクセス)の方が
業務効率が良い、又はお客様の強みであると判断した場合は
無理にシステム化はせず、データ連携で対応するといった工夫もしました。

 

主な機能

・受注システム
・発注システム
・入荷システム
・仕入システム
・出荷システム
・売上システム
・請求系システム
・支払システム
・入金システム
・在庫システム
・棚卸システム
・稟議書システム
・保守システム
・オンラインシステム
・更新システム
・検索システム
・仕入月次処理システム
・売掛月次処理システム
・営業受注(…

もっと読む

「集客」でお困りのお客様!ファイルメーカーで「オリジナルCRM×SFA」を構築して 営業、マーケティングを効率化しませんか?

「集客」でお困りのお客様!ファイルメーカーで「オリジナルCRM×SFA」を構築して 営業、マーケティングを効率化しませんか?

最近、営業でお客様と話していると「集客」に問題をかかえているお客様が多いことに気付きました。

・HPからの問合せが殆どない・・
・既存顧客へどうやってアプローチ/提案をしたらいいんだろう?
・新規顧客の開拓は必要だと思うけど、具体的に何をすればいいんだろう?

集客の為には、「マーケティング戦略」は必要不可欠です。
またオンライン(WEBサイト、SNS、メール等)だけではなく、
オフライン(FAX、ポスティング、TEL、紹介、訪問等)での
アプローチも戦略によっては必要になってくるでしょう。

営業スタイルやマーケティング戦略は
それぞれの企業様で違いがあるとは思いますが、
より効果的に行うためにも、私たちは
”ITの導入(又は改修)”をお薦めしています。

例えば、、

・WEBサイトを訴求力が高く、反応していただきやすいデザインやコンテンツに変えてみる。
・顧客リストを完全にDB化し、全社レベルで効果的に共有できるようにする。
・CRM(顧客関係管理システム)やSFA(営業支援システム)を導入し、現状の問題点の洗い出しや蓄積データの分析をし、営業の効率化を図る。

などです。

マーケティング戦略を練って
効率よく営業活動をするためにも、
WEBサイトを見直し、改善し、情報の受発信の仕組みを整えたり
現在持っている顧客情報をシステム上で整理し
いつでも、どこでも使えるような状態にする。

さらに営業活動の記録を入力し、蓄積、分析することで、
お客様の真のニーズや課題、アプローチのタイミング等が
しっかり理解できるようになる。

また成約事例、失注事例のストックを営業担当者や経営層が
ほぼリアルタイムで共有できるようになり、
営業担当者はより質の良い営業活動ができるようになったり、
経営層は、現状…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)