システムクリエート株式会社

Blog FileMaker

あなたの会社は大丈夫?「労働人口減少」「働き方改革」の対策できてますか?

あなたの会社は大丈夫?「労働人口減少」「働き方改革」の対策できてますか?

 

労働力、時間、業務について考え直す

「労働人口減少対策」
「働き方改革推進」
「やりがいのある仕事」
「有給休暇取得義務化」・・・

やらなくてはいけない仕事は同じか、
または増えつつあるのに

働く人が少ない/集まらない、
働く時間が制限される、
働きやすい環境づくりをしなくてはならない。

企業としては今後、
さらに厳しい状況になっていくのではないでしょうか。

それでは、この状況にどう対処していけばよいのでしょうか?

 
そのためには、もう一度

「労働力」「時間」「業務」について根本的に見直し、
さらなる業務改善や業務改革を推し進めていく必要があるでしょう。

 

 
さらなるIT・システム化

システムの大小に関わらず、システム導入の目的は、

 
・生産性向上(短時間/少人数で成果:売上・利益をあげる)
・属人化排除(特定の人に頼らない仕組みづくり)
・労働環境改善(単純作業・ルーティンワーク解消)

だと思います。

 
そのためのアプローチとして、私たちは様々な提案が可能です。

 

・お客様の要望を実現する、手組(スクラッチ)によるシステム開発

・「パッケージソフト」を利用したカスタマイズ開発

・「ファイルメーカー」「4D」等、高速開発ツールを利用したアジャイル開発

・「Excel」や「Access」「ファイルメーカー」を利用した局所的/小規模システム開発

・業務兼任のシステム担当者をサポートする「内製化支援」

・RPA(ロボット労働者)を導入し、粒度の小さな複数システムをまたぐ単純作業の解消

・BIツールを導入し、経営層の経営判断を支援

&…

もっと読む

意外と盲点!?システム開発「スモールスタート」のメリット

意外と盲点!?システム開発「スモールスタート」のメリット

 

弊社のWEBサイトをリニューアルしてから
システム開発でお困りのお客様からのお問い合わせが激増し、
様々なお悩みをお聞かせ頂いております。

そのお問い合わせの中でも多いのが、
「既存システムの改修」や「業務の新規システム化」についてのご相談です。

私たちはお問合わせをいただくと、
営業とシステムエンジニアが一緒に
お客様先へ伺い、現地でヒアリングをし、
現状の把握、お客様の課題や要望を直接確認させて頂きます。
(もちろん初回訪問の際の費用はかかりません。)

 

また、商談中には別のシステム開発会社様の
お話を聞かせて頂くことも多々あります。

 

 
一般的なシステム開発会社の提案

・基本的な提案はシステムの「新規開発」で、既存のものは活かさない場合が多い。

・新規開発のため費用がかなり高い。また、お客様の希望に見合ったものが出来るとも限らない。

・システムを実装し、リリースしても、肝心の現場が使いこなせない場合もある。

・システムの稼働まで長期間を要し、それまでは問題が解消されない。

・何よりお客様がそこまで多くの機能を求めていない場合がある。
(特にパッケージ・ソフトの場合)

 

 
既存のシステムや資産を活かすスモールスタート

・今実際に使えるものがあるなら、それを最大限に利活用する。

・必ずしも全てを最初から作り変える必要は無いため、低コスト、低リスク、短納期を実現できる。

・既存のシステムに手を入れたり、機能を拡張することでより使い易くする。

・これらにより大きな変化を抑え、現場が混乱する事なく業務を続行できる。

 

 
スモールスタートのメ…

もっと読む

リハビリデイサービス特化型「セミオーダー・パッケージ」で あなたの日常業務をもっとラクにしませんか?

リハビリデイサービス特化型「セミオーダー・パッケージ」で あなたの日常業務をもっとラクにしませんか?

 

まだ“手書き”や“二重入力”を我慢して続けるんですか?

今では殆どの「リハビリデイサービス様」にはシステム(レセコン)が入っています。
ですが、現場のスタッフの業務は本当に効率化されているのでしょうか?

・毎日のバイタルデータの“手書き”やレセコンへの“二重入力”が非効率・・

・日々の利用者様の“スケジュール”及び“機能訓練プログラム”の作成が大変・・

・毎月の“報告書”の作成に苦労している・・

・・等々、現場ではまだまだスタッフの方々が苦労しているのが現状の様です。

 

 

「タブレット」×「FileMaker」で現場のお悩みを解決!!



 

日々のデータは”タブレット”から一発入力でOK!

①タブレットとデータベースソフトとの連携で、
“手書き”や“二重入力”は不要になります。

②利用者様に関する情報も簡単に検索できます。
(紙のファイルをめくって探さなくてもいい!)

③また「音声入力」機能も使用できるため、
タッチパネル操作の苦手なスタッフの方も音声での入力が可能になります。
(インターネットにつながった環境が必要です。)

 

 

スケジュール作成・表示機能でラクラク作成!



 

①週単位で利用者様の割り当てを予め準備し表示できます。



 

②さらに「ある曜日の午前/午後」と選択すると該当画面に切り替わり、
機能訓練プログラムを作成することができます。

③その場合もキーボード入力ではなく、
プルダウンからの選択やボタン一つでの一括入力ができるよう工夫されています。

④また、大型ディスプレイにつなぎ表示させることで…

もっと読む

人手不足も解消!?キャシュレス化のメリット・デメリット

人手不足も解消!?キャシュレス化のメリット・デメリット

 

日本のキャシュレス化の現状

諸外国と比較してキャシュレス化が遅れているのが現状のようです。
日本のキャッシュレス化比率は約20%。
アメリカは46%、中国は60%となっており、
日本はキャシュレス化後進国といえるでしょう。
日本政府は2020年の東京オリンピックまでに、
キャッシュレス比率を2倍の40%を目指す方針を打ち立てています。

過去からの推移を見ると、
2008年から2016年でキャシュレス比率は約2倍になっています。

その理由として考えられるのは、

・オンラインショッピングが普及し、クレジットカードを使う人が増えた。
・携帯電話の普及で、支払いにクレジットカードを使う人が増えた。
・SuicaやEdyなどの電子マネーを使う人が増えた。

などが考えられます。

日本では現金決済がまだまだ一般的であり、
クレジットカードやモバイル決済を進めようにも、
消費者も事業者も未だに積極的ではありません。

しかし、日本国内は慢性的な人手不足に陥っており、
社会としてキャッシュレス化やシステム化を進めて生産性を高めなくてなりません。

 
キャッシュレス化のメリット

・現金を持つ必要がない。
・ポイント還元が期待できる。
・社会的信用が示せる。
・利用履歴が確認しやすい。
・現金管理コストの削減。

 

キャッシュレス化のデメリット

・お金を使いすぎてしまう。
・割り勘や別払いができない場合がある。
・使用できる店舗が限られている場合がある。
・決済手数料がかかる。
・現金が手元に残らない。

その他にも、

・諸外国はビックデータの収集と活用にビジネスモデルを返還しているが、日本は依然として手数料ビジネスをしている。
・表立…

もっと読む

12345...

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)