システムクリエート株式会社

Blog FileMaker

リハビリデイサービス特化型「セミオーダー・パッケージ」で あなたの日常業務をもっとラクにしませんか?

リハビリデイサービス特化型「セミオーダー・パッケージ」で あなたの日常業務をもっとラクにしませんか?

 

まだ“手書き”や“二重入力”を我慢して続けるんですか?

今では殆どの「リハビリデイサービス様」にはシステム(レセコン)が入っています。
ですが、現場のスタッフの業務は本当に効率化されているのでしょうか?

・毎日のバイタルデータの“手書き”やレセコンへの“二重入力”が非効率・・

・日々の利用者様の“スケジュール”及び“機能訓練プログラム”の作成が大変・・

・毎月の“報告書”の作成に苦労している・・

・・等々、現場ではまだまだスタッフの方々が苦労しているのが現状の様です。

 

 

「タブレット」×「FileMaker」で現場のお悩みを解決!!



 

日々のデータは”タブレット”から一発入力でOK!

①タブレットとデータベースソフトとの連携で、
“手書き”や“二重入力”は不要になります。

②利用者様に関する情報も簡単に検索できます。
(紙のファイルをめくって探さなくてもいい!)

③また「音声入力」機能も使用できるため、
タッチパネル操作の苦手なスタッフの方も音声での入力が可能になります。
(インターネットにつながった環境が必要です。)

 

 

スケジュール作成・表示機能でラクラク作成!



 

①週単位で利用者様の割り当てを予め準備し表示できます。



 

②さらに「ある曜日の午前/午後」と選択すると該当画面に切り替わり、
機能訓練プログラムを作成することができます。

③その場合もキーボード入力ではなく、
プルダウンからの選択やボタン一つでの一括入力ができるよう工夫されています。

④また、大型ディスプレイにつなぎ表示させることで…

もっと読む

人手不足も解消!?キャシュレス化のメリット・デメリット

人手不足も解消!?キャシュレス化のメリット・デメリット

 

日本のキャシュレス化の現状

諸外国と比較してキャシュレス化が遅れているのが現状のようです。
日本のキャッシュレス化比率は約20%。
アメリカは46%、中国は60%となっており、
日本はキャシュレス化後進国といえるでしょう。
日本政府は2020年の東京オリンピックまでに、
キャッシュレス比率を2倍の40%を目指す方針を打ち立てています。

過去からの推移を見ると、
2008年から2016年でキャシュレス比率は約2倍になっています。

その理由として考えられるのは、

・オンラインショッピングが普及し、クレジットカードを使う人が増えた。
・携帯電話の普及で、支払いにクレジットカードを使う人が増えた。
・SuicaやEdyなどの電子マネーを使う人が増えた。

などが考えられます。

日本では現金決済がまだまだ一般的であり、
クレジットカードやモバイル決済を進めようにも、
消費者も事業者も未だに積極的ではありません。

しかし、日本国内は慢性的な人手不足に陥っており、
社会としてキャッシュレス化やシステム化を進めて生産性を高めなくてなりません。

 
キャッシュレス化のメリット

・現金を持つ必要がない。
・ポイント還元が期待できる。
・社会的信用が示せる。
・利用履歴が確認しやすい。
・現金管理コストの削減。

 

キャッシュレス化のデメリット

・お金を使いすぎてしまう。
・割り勘や別払いができない場合がある。
・使用できる店舗が限られている場合がある。
・決済手数料がかかる。
・現金が手元に残らない。

その他にも、

・諸外国はビックデータの収集と活用にビジネスモデルを返還しているが、日本は依然として手数料ビジネスをしている。
・表立…

もっと読む

WEBサイトで新規顧客を獲得できる!?

WEBサイトで新規顧客を獲得できる!?

 

WEBサイト”リニューアル”の効果

私たちは2017年1月より弊社WEBサイトをリニューアルし、
現在まで運営をしています。

WEBサイトリニューアルの目的は、
「ITに課題を持つお客様を直接支援し、ベネフィットを提供するため」です。
2018年の8月でリニューアルからちょうど20カ月になります。

 

お問合わせ数が想像以上に!

2018年8月時点で、
お問合わせ頂いた総数が190件。

その内、プッシュ(営業)等が124件、
プル(引き合い)が66件になりました。
既に受注した物件が9件、
現在商談中の案件が14件になります。

新規見込み顧客様からのお問合わせに関していえば、
1カ月に平均、3~4社の新規様から引き合いを
頂いていることになります。
(もし私が1カ月間BtoBのシステム開発の”飛び込み営業”しても、
1件も新規様からの引き合いは取れないと思います・・)

これらの数字は、私たちが当初見込んでいた
予想をはるかに上回るものでした。

 
WEBサイト活用のメリット

①新規顧客様の開拓
マーケティングや営業に関しては、
今までとは全く違ったアプローチや展開が可能です。
WEBサイトを上手に使いこなせば、
24時間、1年365日、世界中に対し
私たちの商品やサービスを宣伝してくれる
優秀な営業マンを得たのと同じです。

②既存顧客様の深耕
例えば、ブログを更新したりニュースや新着情報がある場合は
メールにURLを添付し案内したりしています。
それによって既存のお客様のフォローや、訪問のきっかけづくりもできます。

③ビジネス・パートナー様との接点
お互いを補完しあえるビジネス・パートナー様と出会い、
案件のシェアや…

もっと読む

大型モニタで業務を「見える化」してみませんか?

大型モニタで業務を「見える化」してみませんか?

 

大型モニタの活用

私たちがサポートしているお客様からご要望で、

「docomoに『docoですcar』と言うシステムがあり、
自動車の走行位置をWeb画面上の地図に表示してくれるサービスがあるので
表示用のパソコンを手配してほしい。」

という依頼がありました。
配送トラックが、今どこを走っているかを地図上に表示するのが目的です。

 
手配するパソコンの条件は、

「壁にモニタを掛ける」
「離れた位置からでも見えるサイズ」
「モニタは2箇所に設置する」

 
WindowsPCで2台のモニタに表示することは可能です。
普段手配しているモニタは23インチ程のサイズなので、
それでは2、3m離れると表示されている地図は見えません。

そこでお客様と相談して選んだのが、”65インチ”の大型モニタです。
大きいです!
5mぐらい離れた位置からでも
地図上に表示されるトラックの位置の判断がつきます。

 
注意点として・・

設置テストで問題になったのはPCとモニタの距離でした。

1台目のモニタはほぼ隣に設置しますから問題ありませんが、
2台目のモニタはHDMIケーブルで25mぐらい先になり
映像がきれいに映らない現象が出ました。

23インチのモニタでテストすると大丈夫でした。

この問題の原因は、
ケーブルが長すぎて信号が減衰してしまい
65インチのモニタでは耐えられなかったようです。

本格的な映像機器を使用すれば遠距離でも可能でしょうが、
通常のPCとモニタのみでは無理があったようです。
最終的には、HDMIケーブルを短く2本に分け、
間に増幅器代わりに分配器を入れることで解決しました。

 
まとめ

いか…

もっと読む

12345...

NEW ARTICLE新着記事

技術の進歩によって生まれる仕事、なくなる仕事

技術の進歩によって生まれる仕事、なくなる仕事

リハビリデイサービス特化型「セミオーダー・パッケージ」で あなたの日常業務をもっとラクにしませんか?

リハビリデイサービス特化型「セミオーダー・パッケージ」で あなたの日常業務をもっとラクにしませんか?

Roundでは丸く収まらないという話

Roundでは丸く収まらないという話

システム入力の自動化による業務の効率化

システム入力の自動化による業務の効率化

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)