システムクリエート株式会社

Blog 給与管理
私たちのシステム開発の変遷ついて

弊社は平成29年7月20日が、第38期の決算日です。
会社創立から38年目になります。

弊社システム開発の変遷

38年前の創立当初は、

●富士通系オフィスコンピュータのシステム開発が業務の中心でした。
(当時は、COBOLという言語で開発していました。)

その後、

●販売、給与、会計パッケージソフトの開発

●NEC系オフィスコンピュータのシステム開発

も手がけました。

 



 

その後、パーソナルコンピュータの台頭により、

●オフィスコンピュータシステムをクライアント・サーバ型のシステムへの乗せかえ
(開発言語もCOBOLからVB:Visual Basicへかわっていきました。)

●内田洋行社製パッケージソフト「スーパーカクテル」

●富士通社製パッケージソフト「FM MAX」

の導入により基幹系ソフトを進化させて参りました。

スクラッチ(オーダーメイドの手組み)開発から、
パッケージソフトを活用してのカスタマイズ開発が主流となり
システム開発の価格も抑えることが出来るようになりました。

 
また、会計・給与ソフトは

●OBC社製「奉行シリーズ」

●PCA社製「DXシリーズ」

●富士通社製「GLOVIA きららシリーズ」

の導入支援や、

内田洋行社製の高齢者介護施設向けソフト、障がい者福祉施設向けソフト

●「絆シリーズ」

のサポートも行っています。

 



 

最近では、タブレット(Windows タブレットやiPad)開発(VB、FileMaker)や
クラウドベースのアプリケーションやツールの導入支援、
ネットワーク構築などのサービスも加わり

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)