システムクリエート株式会社

Blog 流通BMS

JCA手順が使えなくなる?!流通BMS導入のメリットとは・・

JCA手順が使えなくなる?!流通BMS導入のメリットとは・・

 

電子データ交換(EDI)について

以前、当ブログでも紹介しました
寝具企画製造・販売のシステム開発(販売管理+出荷・オンライン)のプロジェクトを通じて
多くの学びがありました。

「出荷・オンラインシステム」の開発については、弊社がこの開発依頼を請けた当初(2012年頃)
電子データ交換(EDI)に対する知識・経験が豊富ではなかったため、
システムの稼働まで非常に苦労しました。

今回は、その時のノウハウの一部と今後の動向などについて情報発信したいと思います。

 
通信手順について

JX手順
JCAに変わり”主流”になっている通信手順です。
インターネット回線での通信となるため、
通信ソフトさえをあれば、専用機器の設置が不要です。
大手企業様もこちらに切り替えています。
先方との疎通さえできればデータの欠損が発生しにくいため、安定している手順です。

 
Web-EDI手順
少量取引の得意先様や、予算がなく安価で運用を切り替えたい場合に
よく利用されている手順です。
都度ログインが必要なことやサイトごとの運用手順が異なるため、
人による手作業が発生します。
形は様々で受注データをまとめてアップロード、ダウンロードできるタイプや、
検品結果をダウンロードできるものもあります。

 
レガシーEDI(JCA手順、全銀TCP/IP手順)
昔から利用されている通信手順です。
専用機器の設置が必要です。
アナログ回線の廃止とともに、近々廃止されることが発表されているため、
JX手順やWeb-EDI手順に変更する取引先様が増えてきています。

 
上記で紹介した通信手順に加え、
得意先ごとの個別対応(独自の業務フローや独自帳票等に合わせた対応…

もっと読む

コンピュータの入力処理って結構面倒くさくないですか?!

コンピュータの入力処理って結構面倒くさくないですか?!

「入力をもっともっと効率よくしたい・・・」

以前コンピュータを導入されるお客様で、
コンピュータさえ導入すれば、
いろいろな分析結果がどんどん出てくるように
思われている方が結構いらっしゃいました。

コンピュータは機械(ハードウェア)のみでは
何も行なってくれませんので、
必要なプログラム(ソフトウェア)を用意し、
データを入力しなくてはなりません。

この売上伝票、作業伝票などの入力作業が結構な手間になります。

入力作業はコンピュータに入力するのみでなく、
入力した内容が正しいかをチェックする必要もあり
そのためにチェックリスト用のプログラムも用意し、
入力後に印刷してチェックしていました。

でも今はペーパーレスの時代になり、
なるべく印刷を行なわないように
システムを考えることが多くなりました。

 
チェックリストで確認しないためには、
入力途中で間違いをチェックする必要があります。
日付、数値の入力範囲チェックや
項目間の組み合わせチェックなど行い、
エラーや警告を入力者に伝えます。

しかし、このようなチェックは妥当性チェックで
絶対に原票どおりに入力しているかは保障できません。

 

意外なアプローチによる驚きの効果!

以前、あるお客様で
「二人が同じ内容のデータをそれぞれに入力する」という
入力システムを作成しました。

入力後に、二人の入力内容を突き合わせて、
不一致の箇所のみチェックリストに印刷するというものです。
二人が同時に誤読する可能性は低いだろうということを
前提に行なったものです。

このお客様では、一人で入力処理し
チェックリストを読んで確認する(同一人、または別人が)よりも、
入力処理時間がかなり短縮されました。

もっと読む

寝具企画製造・販売/基幹業務システムと外部システム連携

基幹業務システムと外部システム連携

業種

寝具企画製造・販売

導入の背景と開発内容

当時、オフコンによる販売管理システムを構築してほしいという要望がありました。
(システムご担当者がメンテナンスしやすいため)

また、「ポータルシステム」の導入や
「輸入管理システム」、「会計管理システム」を
「販売管理システム」と連携したいとの要望もありました。

そして「受注・出荷システム」は
オフコンからパソコンへの焼き直しと同時に
EDI(流通BMS)対応(約100弱の取引先)の依頼を請けました。

当社にとっては、比較的大きなシステム開発のため
名古屋本社と大阪支店の共同での開発プロジェクトとなりました。

またプロジェクト進行中、当時遅れ気味だった
「受注・出荷管理システム」の進捗巻き返しのため
名古屋からチームを派遣し、お客様先で常駐しながら作業を進め
遅れを取り戻すなど、採算度外視で
プロジェクトを収束させるなどの経緯もありました。

 
主な機能

 

・輸入管理システム(VPORT)
・ポータルシステム(silverlight)
・受注・出荷管理システム(EDIサーバーシステム、EOS名人、Biwareなど)
・タブレット検品システム(Windows Tablet+バーコードリーダー)
・タブレット棚卸システム(Windows Tablet+バーコードリーダー)
・販売管理システム(受注処理、原価管理、発注処理、棚卸処理)
・会計管理(Kfas21)
・請求照合

 

導入後の効果

上記システムを連携、最適化することで、業務効率が以前よりも格段に向上しました。

出荷現場でのタブレット検品、タブレット棚卸システムにより
現場の作業量…

もっと読む

一般食料品総合卸/基幹システム+iPad miniによる営業受注データの基幹連携

一般食料品総合卸/基幹システム+iPad miniによる営業受注データの基幹連携

基幹(販売管理)システム+iPad miniによる営業受注データの基幹連携

業種

一般食料品総合卸

 

導入の背景と開発内容

販売管理を主とするトータルなシステムの必要性を感じてはいたものの
パッケージソフトでは、現状の業務フローや画面、帳票を全てカバーすることはできず
VBによるスクラッチで開発をすることになりました。

 

既存の会計ソフトやハンディターミナルとの連携もしたいという要望もありました。

 
また、子会社の基幹システムも開発することになったのですが、
業務フローや入出力が親会社とは異なるため、
親子会社に其々別のシステムを入れることになりました。

またそれらをある部分では連携してほしいという要望にも応えました。

その後、ハンディターミナルのハードウェアコストが高い、
またそのハンディターミナルで動作するソフト開発も費用がかかるため、
安価で対応できるものはないかという依頼に、
iPad miniによる営業受注データ入力と基幹システムとの連携部分を構築しました。
一部では、お客様が使い慣れた既存の仕組み(エクセルやアクセス)の方が
業務効率が良い、又はお客様の強みであると判断した場合は
無理にシステム化はせず、データ連携で対応するといった工夫もしました。

 

主な機能

・受注システム
・発注システム
・入荷システム
・仕入システム
・出荷システム
・売上システム
・請求系システム
・支払システム
・入金システム
・在庫システム
・棚卸システム
・稟議書システム
・保守システム
・オンラインシステム
・更新システム
・検索システム
・仕入月次処理システム
・売掛月次処理システム
・営業受注(…

もっと読む

NEW ARTICLE新着記事

「誰もが簡単にすぐ操作できるシステム」をつくってほしい!

「誰もが簡単にすぐ操作できるシステム」をつくってほしい!

ワープロで「クリーニング店様向け業務システム」を構築・・?

ワープロで「クリーニング店様向け業務システム」を構築・・?

ファイルメーカー・システムの「解析」や「再構築」は意外と大変!?

ファイルメーカー・システムの「解析」や「再構築」は意外と大変!?

なぜ、私たちが「ワンストップ対応」にこだわるのか

なぜ、私たちが「ワンストップ対応」にこだわるのか

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)