システムクリエート株式会社

Blog タブレット
私たちのシステム開発の変遷ついて

弊社は平成29年7月20日が、第38期の決算日です。
会社創立から38年目になります。

弊社システム開発の変遷

38年前の創立当初は、

●富士通系オフィスコンピュータのシステム開発が業務の中心でした。
(当時は、COBOLという言語で開発していました。)

その後、

●販売、給与、会計パッケージソフトの開発

●NEC系オフィスコンピュータのシステム開発

も手がけました。

 

 

その後、パーソナルコンピュータの台頭により、

●オフィスコンピュータシステムをクライアント・サーバ型のシステムへの乗せかえ
(開発言語もCOBOLからVB:Visual Basicへかわっていきました。)

●内田洋行社製パッケージソフト「スーパーカクテル」

●富士通社製パッケージソフト「FM MAX」

の導入により基幹系ソフトを進化させて参りました。

スクラッチ(オーダーメイドの手組み)開発から、
パッケージソフトを活用してのカスタマイズ開発が主流となり
システム開発の価格も抑えることが出来るようになりました。

 
また、会計・給与ソフトは

●OBC社製「奉行シリーズ」

●PCA社製「DXシリーズ」

●富士通社製「GLOVIA きららシリーズ」

の導入支援や、

内田洋行社製の高齢者介護施設向けソフト、障がい者福祉施設向けソフト

●「絆シリーズ」

のサポートも行っています。

 

 

最近では、タブレット(Windows タブレットやiPad)開発(VB、FileMaker)や
クラウドベースのアプリケーションやツールの導入支援、
ネットワーク構築などのサービスも加わり

もっと読む

モバイルVPNの導入

医材製造卸業

「いつでもどこからでも欲しい情報へ」

導入の背景と提案内容

営業担当者様が国内海外を問わず出張されることが多く、以前より社内のコミュニケーションや情報共有をどのようにするかという課題をお持ちでした。
すでに社内のグループウェアを社外から接続できるようにされ、社内メールやスケジュール、資料の共有化を進めておられました。

その中で社内のあらゆる資料をアップロードする作業の負担が大きく、また社外で利用されている方からも画一的な資料よりさらに細かい資料が求められるようになりました。
そこで基幹システムのリプレースを機に、統計資料やマスタ照会の機能をWebブラウザで見る機能を導入し、社外からもアクセスさせることを希望されました。

当社はYamaha製RTX-1210とPC用接続ソフトYMS-VPN8を利用しインターネット経由で社内ネットワークに接続する「モバイルVPN」の提案を行いました。

 

要望事項

お客様からの要望は以下の通りでした。

・PCだけでなくタブレットからもアクセスできるようにしたい。
・社外からアクセスしたいがセキュリティは確保したい。

 

採用結果

この2点のお客様の要望に対して以下のように対応しました。

・多種多様な端末がアクセスできるようにするため、L2TP/IPSecという接続方法を採用しWindows PCだけでなくスマートフォンやタブレット端末も接続できるようにしました。

・また、セキュリティ面では基幹データ参照用のWebシステム以外にアクセス出来ないようにしVPN接続とWebシステムで2重の認証を行なうことにしました。

 

導入結果

「お客様に仕様の変更や製品の詳細な情報をその場で説明できるようになった…

もっと読む

コワーキング・スペース初体験!@岐阜

コワーキング・スペース初体験!@岐阜

コワーキング・スペースで自由に働く

先日、岐阜のコワーキング・スペース
SORASIA(ソラシア)さんに行って、
お仕事をさせていただきました。

私自身、
コワーキング・スペース自体が初めての利用でしたので、
少し緊張してしまいました。

スペースはこじんまりとして、
落ち着いた雰囲気&キレイ。

静かめな音でBGMが流れ
とても心地よかったです。

WIFIと電源も完備されていました。

 
午後からのショートステイ(2時間ほど)で、
Macbook AirとiPadを取り出し
メールチェックをしたり、
ブログを書いたり、
「ファイルメーカー」のデモ開発の続きをしたりと
自分のペースで、気ままに仕事を進めてみました。

 
コーヒーをのみながら、
まわりの雰囲気を気にせず、
リラックスして仕事ができるので
いつもよりも仕事が捗ったように思います。

個人的には、
「オフィスよりも自由で、仕事がしやすい」
という感じがしました。
もちろん、オフィスの方が環境は充実しているのですが
リフレッシュしたり、刺激を受けたい場合は
外の環境で仕事をした方がベターですね。

 
働き方改革の一環として

現在、私は営業とWEBマーケティングの仕事をしているのですが
コワーキング・スペースのような自由な雰囲気や
自分のペースで仕事をコントロールできる環境の方が
仕事の効率が上がるように感じました。

この様な働き方を可能にするのが、
「クラウドベースの作業環境」です。

 
因みに私たちは「Office365」を導入して、
メールサーバ兼グループウェアとして活用しています。

また携帯性の高いMacbookやiPad、iPhoneのような…

もっと読む

ITで中小企業様の「働き方改革」を応援します!

ITで中小企業様の「働き方改革」を応援します!

なぜ「働き方改革」をしなくてはいけないのか?

今後、労働人口が減少し、
深刻な”人手不足”になると予想されます。

そして労働力が減少すると、
現状の業務を人や時間だけではカバーできなくなります。

つまり抜本的な
”業務フローや仕組み(システム)の見直し”が必要となります。

また働き手も多様化し、
その多様性に対応しなくてはならないでしょう。
(例えば、労働時間制限のある女性や、
介護などをしなければならない場合の在宅勤務者など)

「働き方改革」で長時間労働を無くすことにより、

空いた時間を

 ・家族との時間(リフレッシュや家族との絆を深める)

 ・自己研鑚の時間(自分の人生を豊かにしたり、さらに良い仕事のためのインプット)

 ・コミュニティ参加(人間関係を新たに作ったり、深める)

 ・兼業の時間(もし会社が許可をすれば)

にあてることができ、
より有意義で充実した生活が送れるようになるでしょう。

 

「働き方改革」の具体的なアプローチとしては、

 「業務フローの見直しや改善」

 「組織やチームの見直しやリストラクチャー」

 「現場へのIT技術の導入」

などが考えられ、
これらを積極的に実施していかなければなりません。

「働き方改革」に真剣に取り組まない企業は、
今後、さらに厳しい状況になっていくのではないでしょうか。

 
「働き方改革」の提案

私たちは「現場へのIT技術の導入」を推奨しています。

例えば、

・「データベースxスマートデバイスによる現場改善」
 (ファイルメーカー+iPad、iPhone)

・「クラウド化による情報共有」
 (Office365)

を導入することにより、
現…

もっと読む

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)