タブレット営業発注システム/食品卸売 | iPad

case

タブレット営業発注システム/食品卸売

タブレット営業発注システム/食品卸売 | iPad

導入前

既存のハンディターミナルの代わりに、「iPad mini+FileMaker®」のタブレットシステムを検討されていました。

開発過程

最初に、提案資料のかわりにタブレット版のプロトタイプ(試作)を作成しました。それを実際に使っていただき、アンケート形式で反応や要望をお聞きします。受注後もヒアリング⇒要望対応⇒実装⇒テストを数回くりかえし、お客様のニーズに合わせた専用アプリを作成しました。
初めてのタブレット導入ということで、お客様のリスク、コストを軽減する開発手法をとりました。
これは、FileMaker®だからできる開発・導入の流れといえます。

導入後

タブレットとバーコードリーダーをBluetoothで接続することで、とてもスムーズに検品作業を進められるようになりました。
JANコードを手打ちしなくて済むので、とても助かっています。商品や取引先の検索も便利な機能で、ハンディターミナルにはなかった機能です。また、FileMaker®なら画面のレイアウト変更、表示項目や機能の追加も簡単にできますし、その他のアプリやデータも、全てiPadに入れることができます。
ハンディターミナルは重くて、単一機能しかなかったため、その他のアプリやデータを持ち運ぶことはできません。そういった利点から、今後はさらにタブレットを導入して、業務の効率化を図っていきたいと考えています。

 

関連記事

ファイルメーカー内製化支援「リハビリデイサービス」その④ | iPad

ファイルメーカー内製化支援「リハビリデイ…

4年前、弊社にお問合せ頂いた 名古屋市のとあるリハビリデイサービスをされている 福祉関連の企業様なのですが、この4年間、IT導入を積極的におし進め、 ビジネスが急成長し始めましたので、ご紹介いたします。   FileM…
ファイルメーカー内製化支援「リハビリデイサービス」その③ | iPad

ファイルメーカー内製化支援「リハビリデイ…

以前、当ブログでも紹介しました ”ファイルメーカーによる内製化支援「リハビリデイサービス」②”の続きになります。 今後も、本プロジェクト「ファイルメーカーによる内製化支援」の 進捗や更新情報がありましたら、情報発信していく予定でいます。 …
CONTACT

CONTACTお問い合わせ

メールフォームからもご相談を受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。