Blog ブログ

販売管理システムと工作機器の連携

販売管理システムと工作機器の連携

 

工作機器とのデータ連携

弊社は販売管理システム等の
事務処理システムの開発を主としていますが、
お客様から受注した製品の加工サイズを
鋼材切断機へ連携したいとの要望が以前からありました。

 

今回、FA(Factory Automation)を得意とする会社と協力し
販売管理システムから鋼材切断機へ連携するシステムを開発しました。

 

鋼材切断機にはコントロールパネルがあり、
通常はこのパネルから目的の切断サイズ等を入力して
加工を開始すると必要な本数を切断してくれます。

 

従来は、販売管理システムからは発行される指図書を読み
鋼材切断機に手動入力を行っていました。
この段階で入力ミスも発生し、
間違ったサイズに切断してしまうこともありました。

 

 

2段階に分けての開発

第一段階で、指図書データを各鋼材切断機に振り分けるシステムを開発し、
鋼材切断機の脇にノートPCを配布しました。

画面には指図書の一覧が表示されます。
PCを操作し加工開始、加工終了の処理を行います。
これで生産の進捗管理が可能になりました。

 

第二段階で、指示書の切断サイズを鋼材切断機へ転送するシステムの開発です。
ここでFAの得意な会社に鋼材切断機と連携する装置を
ラズベリーパイ(RaspberryPi)で開発して頂きました。

 

ノートPCで作業開始指示した指図書データはラズベリーパイへ転送され、
小型の液晶画面に表示されます。
この画面からの微調整も可能です。
ここから鋼材切断機へデータが転送され、加工が開始されます。

 

切断サイズをパネルから入力することが無くなり
入力ミスに悩むことが無くなりました

 

ノートPCの画面では進捗状況が確認できるので、
あと、どれだけで今日の作業が完了するかが可視化され
目的意識が明確になりました。

 

 

まとめ

弊社は鋼材切断機を扱うことができません。

 

また、鋼材切断機の製造会社以外の会社が
データ連携装置を開発できるとも思っていませんでした。

 

それぞれの得意分野の会社が協力することで
システム開発の可能性が広がることを実感しました。

 

 

 

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

お問合せが下記のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させていただきます。

 

==================

 

「WEBサイト構築」「システム/ソフト開発」
「業務改善・内製化支援」「FileMaker/4Dによるアジャイル開発」等に関する
お問合わせは、以下のフォームよりお願いします。
担当者がお返事させて頂きます。

 

高速開発ツール「FileMaker」「4D」で開発コストを削減!!

 

ExcelやAccessでお困りのシステム担当者様を支援します!

 

当社では主に、東海圏(愛知、岐阜、三重、静岡)と、
関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)の
中小企業様、零細企業様、個人事業主様、起業家様の
ITやシステム化、業務効率化に関する支援をさせて頂いています。

 

東海圏と関西圏の中小企業、零細企業、個人事業主、起業家を支援します!

 

関東圏のお客様は、以下「東京オフィス」にお電話か、
以下の「お問合わせフォーム」よりお願いします。

 

 

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)