Blog ブログ

自らのセキュリティ意識

自らのセキュリティ意識

 

2018年4月、監視カメラがハッキングされた
というニュースが流れた。

「I’m Hacked.bye2」の文字が画像に、、

 
IoT機器がハッキングされた!というのが、
私の率直な感想でした。

被害は国内で60件以上にのぼり、
原因の多くはパスワードが「初期状態」のものだそうです。

 
現在の監視カメラは、
ネットワークカメラIP監視カメラと呼ばれ
設置場所の画像をIPネットワーク(インターネット網)を通じて送信し、
パソコン・スマホのブラウザから簡単にモニタリングができる仕組みです。

そのような知識と機器さえ調達すれば個人でも設置できてしまいます。

 
そのような中、
「Insecam」というロシアのサイトでは、
全世界の監視カメラ数万台を覗き見ることも可能のようです。

監視カメラの設置業者なのか個人なのかは分かりませんが、
無防備なIT機器が点在していることですね。

 
今や、IoTにより
私たちの身のまわりのあらゆる物がインターネットに接続され、
例えば家のドアロックをスマホで確認・施錠したり、
エアコンを帰宅前にタブレットで操作したり、
その利用は家庭・企業で広がっていくことでしょう。

 
でもその時、

 
初期状態のパスワード」を使用するのではなく
自分自身のパスワードで自らを守る意識が必要です。

 
自宅でWi-Fiルーター使ってますか?
管理パスワードと接続パスワード、共にパスワード設定していますよね?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

「システム/ソフト開発全般」「業務改善・内製化支援」
「FileMaker/4Dによるアジャイル開発」等に関する
お問合わせは、以下のフォームよりお願いします。

高速開発ツール「FileMaker」「4D」で開発コストを削減!!



担当者がお返事させて頂きます。

 

【当社では主に、東海圏(愛知、岐阜、三重、静岡)と、
関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)の
中小企業様、零細企業様、個人事業主様、起業家様の
ITやシステム化、業務効率化に関する支援をさせて頂いています。】

東海圏と関西圏の中小企業、零細企業、個人事業主、起業家を支援します!


ネットワーク



 

Contactお問い合わせ

powerd by formy(フォーミー)